nDiki : TortoiseSVN

2004年5月17日 (月)

TortoiseSVN 1.0.4

Windows 用の Subversion クライアントとして、TortoiseSVNWindows XP BOX に入れてみた。

image:http://www.naney.org/img/2004/screenshot/2004-05-17-TortoiseSVN-SSH-error.png

svn+ssh だとうまく認証できない(SSHクライアントとしては付属の TortoisePlink を使用)。PuTTY FatalError SSH_DISCONNECT_PROTOCOL_ERROR と出てしまう。 パスワード入力ダイアログをよくみるとユーザ名が空になっているようなので、

  svn+ssh://username@servername/...

としたらつながるようになった。 しかし毎回1発目のパスワード入力は失敗して、2回目のパスワード入力で成功するというのは気持ち悪いな。

TortoiseSVN 自体は慣れると使い勝手は良さそうだ。

スポンサード リンク
[ 5月17日全て ]

2004年7月23日 (金)

TortoiseSVNsvn+ssh な svn:externals

以前 TortoiseSVN から svn+ssh で接続する際にユーザ名をURIに含めることで認証が通るようにしてみた。

しかし今日 svn:externals プロパティで外部定義の設定をしていてはたと困る。 svn:externals で指定するURI はリポジトリ利用者で共有するので、チェックアウトする時のURIのようにユーザ名を含める訳にはいかない。

で、さらっと調べたところ TortoiseSVNSSHクライアントの設定のところでユーザ名を指定できるようだ。 デフォルトで TortoisePlink.exe へのフルパスが設定されているが

 前略\TortoisePlink.exe -l ユーザ名

のようにすればユーザ名を指定できる。

一つのリポジトリにアクセスするだけならとりあえずこれでしのげそうだ。

それにしても更新をかけた際に外部定義毎にパスワードの問い合わせがあるので面倒(外部定義先が同じURIであっても)。

やはりきちんとセッションを保存しておくようにせねば。

それから、TortoiseSVN は 1.0.4 から 1.0.8 に上げておく。

[ 7月23日全て ]

2004年7月26日 (月)

TortoiseSVNsvn+ssh

マニュアルを読んだら、SSHクライアントの設定のところでユーザ名だけでなくパスワードも指定する例が示されていた。

 前略\TortoisePlink.exe -l ユーザ名 -pw パスワード

なるほど。動いた。しかしかなり嫌な感じ。

ということで、「PC日記: svn+ssh on Windows」で紹介されている方法にしてみた。

準備 (Windows 側)

  1. PuTTYインストール

SSH用の鍵ペアを作成 (Windows 側)

  1. PuTTYgen を実行。
    1. SSH2 RSA を選択。
    2. Generate マウスを適当に動かす。
    3. パスフレーズを入力。
    4. Save private key ボタンで PuTTY Private Key File (.ppk) として保存。
    5. 「Public key for pasting into OpenSSH authorized_keys file:」 覧に表示される文字列をコピーして、テキストファイルに保存(名前は任意)。

SSHの鍵をサーバ側に置く (サーバ側)

  1. そのファイルの中身を Subversion リポジトリのあるサーバの ~/.ssh/authorized_keys に追加。

接続テスト (Windows 側)

  1. PuTTY を実行。
    1. Session - Host Name にリポジトリのあるホスト名を指定。
    2. Connection - Auto-login username にリポジトリのあるホスト上のアカウントを指定。
    3. Connection - SSH - Auth - Private key file for authentication: で 保存した ppk ファイルを指定。
    4. Session - Saved Sessions にホスト名を入力して Save。
    5. Open ボタンを押して接続確認。

TortoiseSVN でパスフレーズ入力を省略できるように Pageant を起動 (Windows 側)

  1. Pageant を起動。
    1. キーリストを開いて Add Key. 保存してある ppk ファイルを指定。パスフレーズを入力。

この状態で TortoiseSVN から接続できるようになった。

追記

2005年8月4日に若干体裁を整理。

[ 7月26日全て ]

2004年8月2日 (月)

Subversion で大文字・小文字のみ違うファイル名へ変更

Windows ユーザが拡張子を全て大文字にしたファイル名のファイル (hoge.PNG) を登録していた。Windows 上の挙動のチェックがてら Linux 側で

 svn move hoge.PNG hoge.png
 svn commit

してみた。

もちろん Linux 上では問題なし。

Windows 側で TortoiseSVN を使って更新をかけたらエラー。 hoge.PNG のみ先に単体でアップデートすることで作業コピーからの削除まではできるが、.svn の中のファイルのコピーだかで失敗する。

結局作業コピーを削除してチェックアウトしなおし。

[ 8月2日全て ]

2004年8月26日 (木)

TortoiseCVS 1.8.0-RC4

開発中のPerl モジュールWindows での作業(動作確認、PPM パッケージ化など)は、CVSクライアントとして使いやすかったこともあって

という組み合わせだったのだが、CVS作業のために Eclipse を起動するのも面倒なので TortoiseCVS を入れてみた。

使い勝手はTortoiseSVNとほぼ同じ。アイコンオーバーレイ表示がちとしょぼい(管理下にあるファイルには緑色のもやがかかる)。 Pageant によるパスフレーズ入力省略方法もTortoiseSVNの方法と同じ (今回は Subversion リポジトリCVS リポジトリが同じホストにあるので特に何も設定する必要なく成功)。

[ 8月26日全て ]

2004年12月31日 (金)

私的10大ニュース2004 [ comp ]

cool programs

Palm OS 生活復活

PEG-TJ25を購入し、Palm OS 生活復活。 最初はおもちゃのつもりで買ったのだが、プロジェクトマネジメントなどにシフトした仕事のスケジュール管理などで大活躍。

PDA 市場の明るい話はあまり聞かないが、末長く製品が出て続けて欲しい。

http://www.naney.org/img/2004/X/X2004-03-05-0003.jpg http://www.naney.org/img/2004/X/X2004-03-14-0004.jpg http://www.naney.org/img/2004/X/X2004-04-10-0001.jpg

[ 12月31日全て ]

2005年7月26日 (火)

普通の人向けに svnserve を立ち上げるか

開発チームでは主に svn+ssh で Subversion を利用している。

Windows ユーザは

  1. 前準備「PuTTYgen で鍵ペアを生成し」「リポジトリのあるサーバ(Linux)側に公開鍵を登録」
  2. 前準備「Pageant を動かして秘密鍵を指定しておく」
  3. TortoiseSVN でリポジトリアクセス

という手順をとっている(参考記事)。 しかしこの方法は SSH に詳しくなかったり Linux のオペレーションとかに慣れていなかったりするユーザにはかなり敷居が高い。

最近ソフトウェア開発以外でのチームでも Subversion の利用を検討しているが、この手順だと多分萎えるはず。

SSH暗号化するほどのセキュリティが必要ない運用なので、svnserve を起動して運用した方が楽そうだ。まだ使ったことがないけれど。

svnserve を実行する権限を気にする必要がある以外は基本的には手間なしのはず。 しかし svnserve の組み込みの認証機能を使う場合には、平文パスワード文字列を含むパスワードファイルを使う必要があるのがちょっと嫌。

[ 7月26日全て ]

2006年3月23日 (木)

Rekisa で TortoiseSVN から日本語ファイルの差分表示

自分の開発チームでは、 Subversion を用いて pLaTeX2e ドキュメントを共同執筆というスタイルが随分多くなってきた (自分が推進しているわけだが)。

チームメンバのほとんどは Windows 上で TortoiseSVN を使っているのだが、内蔵の差分ビューアを使っていると charset を自動判別してくれないので、いわゆる JIS コードで書いている TeX のソースファイルの扱いがちょっと不便である。

そういえば以前はこの問題の声が聞かれたけれど、最近誰も言わなくなったな。 解決したのか、差分とか見なくなったのか。

数行書き換えて、一つの変更点としてコミットメントログを残せる単位でガシガシコミットしてしまう私と一緒に作業している人は、いつもコミット負けしているはずなのだが。

ということで TortoiseSVN で外部差分ビューアとして使えるツールを調べておこう。 まずは差分表示アプリケーション Rekisa。

日本語のファイルの charset を自動判別してくれるし、表示が美しい。 差分を見るには良さそうである。

マージ作業もあわせてするとすると編集機能が必要だが、Rekisa 自身では直接編集できないようだ(外部エディタを呼び出すことはできる)。

マージまですると WinMerge が本命? こちらはまだ試していないので後日。

[ 3月23日全て ]

2007年10月25日 (木)

今日のさえずり - 有給休暇って略すとき、有給? 有休?

  • 08:51 会社で喉風邪が流行っているので、うがい買った。L:秋葉原[mb]
  • 16:28 TortoiseSVN で右ドラッグによるコピーができなくてなぜだろうと思ったら、HandyGestures (ver. 2.0.1) を入れていたからだった。 *Tw*
  • 17:05 有給休暇って略すとき、有給? 有休? *Tw*
[ 10月25日全て ]

2007年12月14日 (金)

今日のさえずり - 鉄道マンてダイヤ乱れると高揚するのかな?

[ 12月14日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.051914s / load averages: 0.17, 0.34, 0.36
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker