nDiki : PowerPoint

2004年10月26日 (火)

キックオフミーティング2日目

image:/nDiki/2004/10/26/2004-10-26-084859-nDiki-1200x900.jpg

今日は朝から雨。 オーシャンビューを満喫できず残念。

バイキング形式の朝食を終えてから荷物をまとめて会議室へ。

Wiki でプレゼン

進行が押せ押せだったので、自分の発表時はあまり時間もなかったのでさらりと。 というか準備もたいしてできていなかったというのもあるが。

ここまで全員 PowerPoint を用いたプレゼンテーションだったのに対し、自分はフォントを大き目にした Mozilla + Wiki (WiKicker) で発表。 さすがにその場でページを書き換えるような時間はなかったけれど、皆にはどのように見えたのだろう。 ちょっとプレゼンテンションツールとしては使えるんじゃないかなぁという感蝕。

まとめ

ソフトウェア開発というテーマのプロジェクトであるが研究者の集まりということで、全然話が収束した感じはなし。 それぞれ自分がやりたいことを主張して終わったという感じ。

1回目ということで顔合わせをかねた研究発表会に終始したという感じか。

感想

Blog に注目している研究者が非常に多かったのには驚き。 Blog 群から何か有意な情報が抽出できるのではといった希望を持つ人が多いようだ。 しかしまだ漠然としたレベルがほとんどで、実際に何か Blog まわりで研究成果を出している訳ではないというのも面白い。

また Blog といってもそれぞれ捉え方が違っていて日記サイトを指していたり、個人ニュースサイトを指していたりとバラバラであった。

帰宅して各研究者の大学のページを探してみたが作成していなかったり、あってもほとんど情報が無かったりしてがっかり。 Blog も今のところ見つけたのは一人のみ。

うーんがっかり。

Webページの作成にしても Blog をやってみるにしても、(その人たちにとっては)そんなに敷居が高くないはずなのでもっと実際に自分でやってみればいいのになぁと思う。 やってみて分かる事も多いはずだし。

それとももしかしたら私がさっと辿りつけなかっただけで、もっとプライベートにいろいろやっているのかな。

スポンサード リンク
[ 10月26日全て ]

2005年3月7日 (月)

日本語ファイル名どんとこい

私も大人であるから WordExcelPowerPoint のファイルのやりとりがあれば Windows BOX で読み書きしている(参考: Richard Stallman 氏に習う Word 添付ファイルの断り方)。

そしてメールに添付されてくるそれらのファイルは多くの場合、日本語ファイル名だったりする。 Linux 上の Mew 上で適当にASCII文字を使ったファイル名をつけて保存、Samba 経由で Windows BOX で閲覧するというのがいつもの流れだ。 しかし適当に名前をつけているので、すぐどれがどのファイルだがわからなくなる。

Samba で共有しているディレクトリ以下ぐらいは、日本語ファイル名のファイルを作ってもいいことにするかなぁ。

ということで環境設定。

LANG

これを機会に一気に UTF-8 化を促進するか。

LANG を ja_JP.eucJP からja_JP.UTF-8 に。 もともと locales では ja_JP.UTF-8 も生成済みだったので特に作業無し。

ターミナルソフトも去年 mlterm に乗り換えているので問題無し。

Emacs

 (set-default-coding-systems 'utf-8-unix)

default-file-name-coding-system も utf-8-unix になる。

Samba

3.0 系。

 dos charset = CP932
 unix charset = UTF-8 (default)

既に設定済み。

ファイラ

さすがに Bash 上で日本語ファイル名を打つのも面倒なので、何かファイルマネージャがあった方がいいな。 できれば Emacs っぽいキーバインディングで。 …… dired でいっか。

とりあえず

移行した。 pLaTeXエラーメッセージとか、UTF-8端末だと読めないものもあるので多少の不便はあるものの大きな問題は今のところなさそうだ。

しばらくやってみる。

[ 3月7日全て ]

2005年6月21日 (火)

LaTeXプレゼンテーション

提案資料の作成作業。 今後の事も考えて、自分流プレゼンテーション資料のつくり方を用意したい。

  • ソース
    • ソースは LaTeX で。
    • スライドショーと、配布資料は同一ソースから生成したい。
  • スライドショー
    • ダイナミックなスライドはほとんど作らない。
    • LaTeX からだと、やっぱり PDF + Adobe Redear か。全画面表示可能だし、簡単な動きも表現できるから機能的には問題なさそう。Linux でも動くし。
  • 配布資料
    • 配布資料はPDF化。
    • 配布資料は PowerPoint みたいにスライドショーそのままの紙芝居になるのではなくて、追加の説明文が加えられたA4縦のレポートになるようにしたい。PowerPoint で作った紙芝居の配布ってなんか安っぽい感じがする。

TeXPower

最初にチェックしたパッケージ。 文書クラスとして powersem というのが含まれているけれど、ちょっと地味らしい。 もともと動的な表現をするための texpower パッケージが中核で、レイアウト関連は他のプレゼンテーション用文書クラス(FoilTeX など)に頼ることになりそうだ。

使うかどうか保留。

Prosper

PowerPoint ライクなスタイル(テンプレート)があり、比較的簡単に見栄えのするスライドが作れる。 ただし dvipdfmxでは PDF化できない。 dvips + ps2pdf などで PDF 化する必要がある。

まずはこれで、ちょこちょこと作ってみる。dvips + ps2pdf だと、PDF しおりの文字化け対策やフォントまわりの設定など dvipdfmx とは違ってくるので面倒だな。

さらに PNG画像を貼りつけるところではたと困る。dvipdfmx じゃないから、簡単に貼れない。 困った。

スクリーンキャプチャを簡単に貼りつけられないと面倒だ。

今回は普通に jsarticle?

たぶん今回はプリントアウトを配ってテーブルを囲む形ですすめるんじゃないかと思うので、jsarticle で普通にレポートにしてしまうかなぁ。 あまり時間がとれないし。

使い勝手を考えると Prosper ではなく、やはり dvipdfmx が使えるスライド系の文書クラスで作っていく方がよいか。

配布資料の方は? DocStrip あたりを使って自分で生成しわける方が簡単か?

[ 6月21日全て ]

2005年10月21日 (金)

京都セミナー講演

naney:55058457

アライアンスの総会(+ 記念セミナー + 併設展示 + 展示会)に出席するため、社長松下君と3人で京都出張

社長PEG-NZ90Graffiti の移植に失敗して LifeDrive ハードリセットの憂き目にあいつつ3人をのせた新幹線京都へ (3人とも Palm OS 使い)。

会場は京都宝ヶ池プリンスホテル地下鉄烏丸線で終着の国際会館駅でおりたところ。

講演

今回は第2部の記念セミナーで20分枠の時間をもらたので、私が喋ることになっている。 そのために久しぶりに PowerPoint でスライドを作ったのである (先方が PowerPoint 前提だったようなので)。 人数は140名ぐらいっていっていたかな。

機会をいただいたので半分は訓練と覚悟して喋ってみた。喋っている途中、「一つのセンテンツの前と後がうまくつながってないよな」と自分でも思いつつ何とか時間丁度におさめて完了。

反省点

  • 話の前と後がうまくつながっていない。
  • ツカミはまあまあ。
  • 自己紹介のスライドに企業説明をちょっといれた方が良かったかな。
  • マイクとの距離が一定で保てていたか。音量がぶれてしまっていたかもしれない。
  • PowerPoint のオペレーション。ページ送り時についコンテキストメニューを開いてしまった。普段使っていない Let's note なので間違えて右ボタンを押していた。

自分より前のプレゼンターが(人のこと言えないが)あまり上手でなかったので、多少安心してしまっていたり。良くないね。

NRI のコンサルタントの人はやはり安定感のある喋りだった。 上手くないプレゼンターのと同じく、スライドは字が小さかったけれど。

懇親会

naney:55058466 naney:55058510 naney:55058518

とりあえず一仕事終えたあとは、併設展示と懇親会。 講演で興味をもってくれた人が話を聞きにきてくれたので、喋ったかいはあったかなという思い。

展示の方をメインでしきってくれた松下君お疲れ様。 前日までデモンストレーションの改良を続けたおかげで、理解してもらいやすいもの仕上がっていたよ。

[ 10月21日全て ]

2006年5月25日 (木)

小学6年生みんなで音楽感性検索

研究開発している検索エンジンの適用として、小学校の音楽科授業で活用していただく機会をいただいている。 今日はその授業日なので、小学校のある京都へ向かった。 品川を出るとすぐ新幹線の車窓から富士山が見える。 ちょっぴり幸せな気分。

今回は

修学旅行の思い出を PowerPoint を使って発表するにあたり、そのスライドに合わせた BGM を見つけよう」

というのがテーマ。

しかし最近の小学生はすごいな。 PowerPointアニメーションしたり、写真がくるくる回りながら表示されたりといった派手派手なスライドを書いているよ。 この小学校の生徒は課外活動で PDA を持ち歩いてるし。

今回の授業後には「ふりかえり」として PC で感想や意見を提出していたりと、そこらのエンジニアは顔負けである。

[ 5月25日全て ]

2006年9月20日 (水)

Impress を使ってみたいけれど今回は PowerPoint

明日は久しぶりにスライドショープレゼンテーションOpenOffice.org Impress でスライドを作ろうかと思ったけれど、互換性フォント問題に不安があったので、結局 PowerPoint で作成。

作成は Impress で行い OpenOffice.org 無し環境へは何かの形式でエクスポートして提供するようなスタイルにしたいところ。

ただし、これはこれで組織内で編集できる人がいなくて自分の仕事が減らないという罠。 OOo をはやらせるか。

[ 9月20日全て ]

2007年7月12日 (木)

PLANNING に違う期待をしてしまった「PLANNING HACKS!」

PLANNING HACKS!

本屋で探していた本が無かったので、タイトルに魅かれて買ったのがコレ。 プランニングという言葉について(本書の狙いとは)違うイメージと期待を持って読んだため、「パッとしないと感じ」というのが読んだ仮想。

自分の仕事がら、プランニングというと「計画」的な意味合いをイメージしてしまうんだけれど、こちらは「企画」の方の話なんだよね。 読み終わってから、表紙のタイトルの横に「企画ハック!」と書いているのに気がついたよ。

ということで本書はプロジェクトの計画のハックではなくて、企画のハック本。内容は

「プランニング・システムとアイデアの二段階抽出法を使えば、誰でも優れた企画が量産できるよ」-- p.40

に集約されている。 企画のために普段から準備しておくというのはごく自然な発想だが、なかなかできていないことなのでこのようにあらためて気付かされるというのは良い。 本書では「準備」と「アウトプット」の2段階を基本軸に仕事術を展開している。

発想法については何でも「二段階抽出法」に結びつけているののがちょっと違和感があった。 本書ではそのテーマにきちんと絞っているといえばそうなのかもしれないが、やはり「それだけ?」と思えてしまう。

本書では、企画を考え出し続けるのに必要なテクニックが紹介されている。 どう違うかと問われると困るが、本書に書かれているのは「ハック」ではなく「テクニック」というかそういうような感じがする。

いわゆる Life Hacks 系で言うところのハックとは香りが違う気がするのはなぜだろう。文体からだろうか。 本書自体が、パワポスライド的なテイストだからかもしれない。

プランナーとして、日々アイデアを出してプレゼンテーションをする人向けの1冊。


[ 読書ノート ]

[ 7月12日全て ]

2009年2月19日 (木)

Impressive - PDF ファイルでプレゼンテーション

先週 IDEA*IDEA で紹介されていたプレゼンテーションソフトウェア「Impressive」が良さそげだったので、少しずつ触ってみている。

PDF ファイルでプレゼンテーション

PDF ファイルでプレゼンテーションできるので、PowerPoint / PowerPoint Viewer 不要。PowerPoint互換性による見えの違いも気にしなくて済む。

インストール不要

Python で書かれているが Windows 版のバイナリパッケージが用意されていて、配布されているパッケージを展開するだけで使える。ポータブルアプリケーションとして、USB メモリに入れておけばいつでも使える。

impressive.exe に PDF ファイルをドラッグ&ドロップすることで起動できるが、プレゼンテーション時にそれをやるのはちょっとスマートではない。 引数に PDF ファイルを指定して PStart あたりから起動するのがいいと思う。

Linux でも動く

ページ遷移・全スライド一覧が格好良い

ページ遷移が格好良い。OpenGL を使ったエフェクトで PowerPoint にはない一味違った表示ができる。

PDF ファイルのファイル名が slide.pdf ならば同じディレクトリに slide.pdf.info というファイル名で設定ファイルを書いておくと、実行時に一緒に読み込んでくれる。 めくる感じのエフェクトでページ遷移させるならば、以下のようなファイルを用意しておく。

 # for Impressive
 AvailableTransitions = [ PageTurn ]

また Tab キーを押すことで全スライド一覧表示に切りかわるのだが、これがズームですっと表示されるで格好良い。見れば良さを実感すること請け合い。

キー・ボタン操作のバッファリングには注意

起動すると impress!ve ロゴが表示されるのだが、その後最初のページが表示されるまで少し時間がかかる。 最初のページのロードが終わるとスライドショーが始まるのだが、自分はその前に impress!ve ロゴ画面でつい1ページ送ろうとマウスの左ボタンを押してしまった。 そうすると入力がバッファリングされていて、開始後2ページ目までに飛んでしまう。 この点については注意が必要だ。

特徴はこんな感じ。PowerPoint ラブではない*1ので、今後プレゼンテーションの際は使っていきたい。

*1とはいえ明日のプレゼンテーション資料は PowerPoint で作って PDFCreator で PDF ファイル化したのだけれども。

[ 2月19日全て ]

2010年1月6日 (水)

今日のさえずり - 毎年今ごろになると注連飾りをいつ外すかググる

2010年01月06日

  • 09:47 今日今年最初の燃やすごみの日だったが、寝袋捨てるの忘れてた。
  • 11:58 Visual Studio 2005単体テストを使ってみようかと思ったけれど、対象が C++ アンマネージコードでもテストプロジェクトはマネージコードになるのか。いばらの道になりそうなので今まで通り CppUnit にしよう。 #cpp #cplusplus
  • 12:15 なか卯でテイクアウトしようと思ったが今年も店頭のオバチャンの要領がよくないので、店内で食べてきちゃった。
  • 12:27 MovaTwitter にリストのユーザ登録/削除機能がついた。これ嬉しいな。移動中に「後で PC で……」と先送りしなくてすむ。 #movatwi
  • 15:21 がんすけ2、サブ項目20までとな。
  • 15:49 PowerPoint の画面をローカルとリモートで共有したい(操作はローカルのみで良い)というリクエストをもらったんだけれど、良いソリューションあるかな。使ったことないけど Skype の画面共有がお手軽?
  • 16:12 @bash0C7 情報ありがとうございます。PowerPoint の機能確認してみます。
  • 16:39 PowerPoint 2000 の[オンライン グループ作業]は NetMeeting を使うのでディレクトリサーバが必要。[オンライン ブロードキャスト] は共有フォルダにおいて定時に Web ブラウザでアクセスしてもらう。Outlook の会議出席依頼がどうの。
  • 16:40 PowerPoint 2007 ではどちらも無くなっているっぽい。
  • 16:40 PowerPoint の機能だとちょっと気軽にはリモートと画面共有できなさそげ。
  • 17:02 Skype の画面共有してみた。画面更新速度はそこそこだけれどやっぱりこれが手軽か。それぞれ全画面表示にしてもモニタの解像度を気にしなくていいし。音声通話も必ず開始されるのでチャット + 画面共有には向かないけれど、今回は音声通話も必要みたいだからちょうどいいな。
  • 17:03 @yamakiyo 社内会議だから Ustream.TV はマズイっす。
  • 17:34 腹減ったので肉まん。
  • 20:41 Google ドキュメントでフォーム作ってみた。楽しい。
  • 21:08 RT @kaorisasaki: 私という人が、一番いい状態で、周囲に(家庭や仕事など)に貢献できる状態って、どういう状態?を考えて、それを実現させるために自分を動かす。いい状態になっている、ということは、私の存在や行動、発言で、周囲もハッピーということです。ウィンウィン。
  • 21:20 あ、一瞬いま年末に思えた。
  • 21:26 もやしが売り切れで泣ける。
  • 21:27 バナナも売り切れで泣ける。
  • 21:33 鉛筆削りはあったよ。
  • 21:53 今年も善寳寺から御札が届いたようだ。頼んでくれているの両親に感謝。
  • 22:53 毎年今ごろになると注連飾りをいつ外すかググる。
  • 22:57 注連飾りは1月7日に外すということにしておく(1月7日に外すか、1月7日の終わった次の8日に外すかで、毎年忘れて悩む)。
  • 23:08 ミクコレ設定をメタリックにした。 http://bit.ly/6Q1RTX
  • 23:18 あいかわらず HootSuiteOAuth 対応してないのか。
  • 24:42 メールけいしちょう登録してみようと思ったけれど空メール送るタイプなのか。ちょっと面倒。
  • 24:44 そして待てどもメールけいしちょうからの自動返信メールがこないと思ったら Gmailspam 扱いされていたという。
  • 24:54 メールけいしちょう登録完了。様子を見てケータイに転送するように設定する。
[ 1月6日全て ]

2010年1月25日 (月)

今日のさえずり - 時報というやつも初めて見た

2010年01月24日

  • 08:46 「西村先生ですか?」という間違い電話ケータイにかかってきた。ありがとう、あなたがいなければまだずっと寝ていた。
  • 12:27 ロディにまたがって甘い匂いかいでる(ながら ThinkPad 触ってる)。
  • 12:29 これから記念イベントが発生するので Nikon F100 のホコリをはらっているところ。
  • 12:37 イベント完了。上手でした。
  • 12:45 ロディの匂いって素材の匂いじゃなくて意図的につけているんですか? RT @RodyStore: そうです。子供がイヤがらないようバニラに匂いがついています。
  • 13:05 天井付近暑い(天袋整理していた)。
  • 17:31 ミッフィー見てる。
  • 23:03 @chobi_e お、peb TW700 購入されましたか。次は歩幅設定試行錯誤ですね。
  • 23:41 品川区品川図書館 [Flickr] http://goo.gl/fb/Othb
  • 24:02 かなーり久しぶりにニコニコ動画見ている。時報というやつも初めて見た。
  • 24:18 日比谷図書館って休館中なのね。
  • 24:47 第20回「伝統の技と味/しながわ」展に行くの忘れてた。

2010年01月25日

  • 10:18 Microsoft Live (Windows Live?) をインストール(?) したら MAC アドレスが増えた(変わった?)んだけれどと質問されたけれど、これどういうことだろう。
  • 10:20 とか言っている間に、自分の PC の画面に「Norton サイバー犯罪ニュース」が表示されている。
  • 13:40 @shimarisunet 結局 Skype 使いました。PowerPoint 標準機能は大袈裟だったり新しいバージョンでは無くなったりしていたりしたので。
  • 13:41 どちらの意味だろう。 RT @MasanoriKanda: 「『非常識な成功法則』は売れたけど、あれは僕の中では二度と読み返したくない本なんだよね。」Twitterにいただいた≪いまも『非常識な成功法則』は使えますか?≫との学生からの質問に。
  • 17:23 RT @coachingbot: あなたにとってTwitterとは何ですか?
  • 18:59 SNOOPYツールバーを見逃していた。 http://bit.ly/8h4cRU
  • 20:56 ちょっとヨドバシカメラ。 L:秋葉原
  • 23:43 Skype for Linux を 2.1.0.47 から 2.1.0.81 にアップデート
  • 23:50 画面共有機能が Linux 版の Skype にもついたらしい。
  • 23:57 TimeGT か。GTD 原理主義系ではなさそげだけれど、どんな感じかな。 http://bit.ly/7Te0ER #GTD
[ 1月25日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.095243s / load averages: 0.67, 1.20, 0.83
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker