nDiki : Mac OS X

2005年1月6日 (木)

m4s tkh再会新年会

http://www.naney.org/img/2005/U/U2005-01-06-0001.jpg http://www.naney.org/img/2005/U/U2005-01-06-0004.jpg http://www.naney.org/img/2005/U/U2005-01-06-0003.jpg

年末に帰国して、また明日にはアメリカに行ってしまうtkh君との再会もかねて、集まれるメンバで m4s 新年会を開く。

今回のメンバはやまだ君、田圃君、tkh君と自分。

tkh君もそうだが、田圃君はかなり久しぶりの再会。 当初仕事の関係で参加できるかどうか微妙だったのだが、結局退社してこれたようだ。 神田駅前に先に集まっていた3人でお店を探してうろついいる間に電話で連絡が入って合流。

とんかつ おりべ 神田

まずは腹ごなしということで、食事処を探す。 呑屋ばかりでなかなかみつからないので、目についたとんかつ屋へ。

空いていたので、食べ終わってからもしばらく喋っていられたしそれなりに良かった。

http://www.naney.org/img/2005/U/U2005-01-06-0002.jpg

炙りびすとろ まる座

お店をかえてまる座へ。 最近よくあるちょっと洒落た感じの呑屋。

http://www.naney.org/img/2005/U/U2005-01-06-0005.jpg http://www.naney.org/img/2005/U/U2005-01-06-0006.jpg

話題

仕事

tkh君と田圃君は以前に同じ会社に勤めていたので、いろいろ話がはずんでいた様子。 よいなよいな。

田圃君は現在、ビデオのコンピュータ処理関連他の仕事をしているようだ。 それなりに大きな規模の会社なので、いろいろスケールの大きいハイスペックな世界の話が聞けて興味深い。

IRIX の話などもちらほら。

iPod

アップルつながりで iPod の話題も結構多かった。 最近の機種はノイズが多いとか。

Vodafone 902SH

やまだ君が年末に機種変更。 「着うたを自作できない」等ちょっとご不満の様子。 「圃」が変換できなくて困っていた。

コンピュータ

4人中3人が Mac OS X ユーザなので、なかなか話についていけぬ。 やっぱり Mac OS X ユーザどんどん増えているなぁ。

ホスティングサービス

やまだ君はまだ今後の環境をどうするか未定の様子。

田圃君は私と同じホスティングサービスを利用しているのだが、メモリ制限でCGI プログラムが動かなくてやる気が出ない様子。 自分も契約時のホストはそうだったのだが、途中にホスト変更があったことによりApacheの設定が変わって制限がなくなったという経緯がある。

のりかえを検討しているとか。

tkh君の自宅サーバ

日本にきている間に、接続不能状態におちいっているらしい。 ルータは反応しているので、「部屋が全焼」という可能性はなさそうだという話。

tkhデジカメ欲しい

絞り優先・シャッター優先の設定ができる機種が希望とのこと。 実際それらを効果的に使うとするとやはりデジタル一眼レフでしょうという話になって、コンパクト系の候補はほとんど話題にならず。 CONTAX TVS DIGITAL などもちょっぴり話題に。

フィルムカメラ

田圃君のハリネズミ110カメラ、LOMO、ホルガ、GR1v (v だっけ?)、GR21 の話とか、TC-1 の話とか。 あとはオリンパス Pen F シリーズの話や CONTAX G シリーズの話なども。

ハンググライダー

田圃君が始めたそうで。あいかわらず行動力があって感服。 話を聞くと面白ろそうだけれど、いざ自分がやるとなるとやっぱりこわいな。

mixi

足あとに関する話題とか。 田圃君は1ヶ月ぐらい毎に退会してしまったとのこと。 mixiつながりで社内にリアルコミュニティができたり、逆に会話が無くなったりとかいろいろ面白い現象も起きているようだ。

うちの会社のスタッフについては「GAKU(ケロロ軍曹ネタ他いろいろ)」「グレイプ(いろいろ、うさぎネタ)」「ぐら(かごネタ他いろいろ)」の日記やまだ君の研究室でウケているらしい。

スポンサード リンク
[ 1月6日全て ]

2005年3月18日 (金)

フォト イメージング エキスポ 2005

image-half:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-100307-nDiki-1200x900.jpg image-half:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-100806-nDiki-1200x900.jpg

仕事関連の調査(と趣味の世界)のために東京ビッグサイトで開催されているフォト イメージング エキスポ 2005 に行ってきた。 今年の会期は17日~20日。 今年から1000円。 昨日面倒臭い事前登録(一旦メールアドレスを登録して、メールに書かれたURLにアクセスして、フォームを入力して、またメールがきて、それを印刷)したおかげで750円。

1000万画素超RAWデータ自由自在 ~ハイエンドカメラ vs ハイエンドMac~ 鹿野宏 (10:40 - 11:30)

デジタルイメージングファクトリー on Mac OS X

image-half:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-114004-nDiki-1200x900.jpg image-half:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-114034-nDiki-1200x900.jpg

目当ての無料セミナーだった一つ。 公式サイトで見かけてやってきた訳だが、もらったガイドブックに見あたらずはてと困る。受付で聞きてもすぐ返事がもらえなかったぐらい知られていない。 結局別刷りのシートにプログラムが書いてあったようで、それを教えてくてた。

内容は鹿野氏による「撮影から現像・クライアントへ渡す画像ファイル化までをスムーズに行う技術」のお話。

カメラでシャッターを切ってそれがPC側に転送されるのが意外に速いのには驚き。 モデルを使った撮影では玄光社のSTROBOXを使っていた。 銀レフを貼った白い箱の一面にディヒューザー貼り、側面に穴を空けてヒカル小町Di(改?)をくっつけるというDIY的な商品。

ヒカル小町の活用方法として面白い。これはいいな。ヒカル小町Diを持っているので、自分でも似たようなものを作ってみようかな。買うと1セット15,000円(税・送料込み)。高っ。

ただし、通常のヒカル小町Diはセンサーがフラッシュ方向と同じ方向を向いているのでこのままだと無理っぽい。この商品のはセンサーが後ろに向くように改造してあるようだ。光ファイバかなにかでまわすようにすればいけるかな。

ソフトウェアの方はカラープロファイルの設定の話とか、バッチ処理の話とか。 (ニコンのだったかな)ディレクトリを定期的に監視して、新しく画像ファイルが保存されたら自動的に処理をかけたりできるようだ。便利になってきているんだね。

Xserve RAIDデザインがよくラックにいれなくても立てておいたりできるので、良さそう。ランプがピカピカ光って綺麗だし。

Xserve RAID を使用・未使用(G5 内蔵HDD)の比較デモは失敗のようで、同じような時間がかかっていた。

プロのお仕事の技が見られてなかなか有意義であった。

デジタルフォトのサーバ管理術 ~フォトスタジオでのMac OS X Serverの活用法~ アップルコンピュータ(株) (11:50 - 12:40)

デジタルイメージングファクトリー on Mac OS X

こちらはひどいプレゼンテーションプレゼンテーションツールのファイルが開けなくていきなりつまる。

内容は Mac OS X Server のセールストーク。 RAIDレベルの解説からはじまって Xserve RAID の商品説明、それから Mac OS X Server の素晴しさの解説。

ことあるごとにLinuxに対抗意識を燃やす。

  • Linuxだとコマンドを叩かなければなりませんが Mac OS X Server では GUI で簡単に設定できます(でもデモではことごとく失敗)。
  • Linux だと Web サーバにするかどうかとか、サーバの用途を決めてインストールしていかなければなりませんが、Mac OS X Server では GUI で有効/無効を切り換えるだけです(つまり、全部ガツンといれちゃっているだけでしょ?)。
  • 簡単にホームや設定をサーバでまとめて管理できます(GUIで小綺麗に設定できるのは確かにいいですが、技術的にはかなーり古くからある話)。

結局デジタルフォトもくそもない、ただの準備不足のセミナーであった。

LPL は引伸機を1台も展示していなかった

image:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-130529-nDiki-1200x900.jpg

LPL商事株式会社のブース引伸機を1台も展示していなかった。 ショック。

FinePix F10 メチャイイ

image-half-mixed:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-131956-nDiki-1200x900.jpg image-half-mixed:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-132712-nDiki-900x1200.jpg

先週発売になった FinePix F10 ももちろん展示されていた。 触ってみたところ、起動時間が体感的にはやい。 シャッターを切った時のレスポンスも驚くほどはやい。

イイ!

やっぱり買っちゃいそうだ。

DSC-S40

image:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-133011-nDiki-1200x900.jpg

4月15日発売予定のソニーデジタルカメラ

スペック上若干大きくなったものの、 DSC-U40 の後継となりえるかという視点でチェック。 ……。ダメダメ。太っちょ。 ぼてっとしていて思っていた以上に大きく感じる。 作りもちゃちい感じ。

その他

去年にもましてフィルムカメラの影が薄くなっている。 ニコンNikon F6 すらデモ機が見あたらなかった(どこかに1台ぐらいあったのかもしれないけれど)。

自分が見てきたのはコシナの BESSA-R2A と、Rollei 35RFぐらい。 コシナの28mm用ビューファインダーは 28/35mm mini Finder と 28mm View Finder M のどちらが良いのだろう? 見比べてみると mini Finder の方が結構小さ目で見辛そうに思えるけど。

オロナミンCは今年はなし。

[ 3月18日全て ]

2005年4月22日 (金)

Flickr::UploadLinuxから画像アップロード

naney:10375411 Flickr ではWebページのフォームからの画像アップロードを行えるようになっている。 それに加えて WindowsMac OS X では専用のツールが用意されていて、より快適にアップロードできるらしい。

残念ながら Linux 用のツールは Flickr から提供されていない。 しかし CPAN には Flickr::Upload モジュールがあって、コマンドラインからアップロードができる。

今までWebページのフォームからアップロードをしていたのだが枚数が多いと面倒なので、これを使えるようにしてみた。

インストールはまず依存している XML::Parser::Lite::Tree を dh-make-perl で deb 化してインストール。続けて Flickr::Upload も deb 化してインストール

あとは、Flickr に登録してあるメールアドレスとパスワードを設定ファイルに書いて画像アップロード

 touch $HOME/.flickrrc
 chmod 600 $HOME/.flickrrc
 echo email=naney@example.com > $HOME/.flickrrc
 echo password=secret >> $HOME/.flickrrc

 flickr_upload *.jpg

お手軽。

必要があれば title や tag もコマンドラインオプションで指定できる。 FlickrWeb上での編集機能がよくできているから、1枚づつ違うタイトルやタグをつけてもいい。よっぽど枚数が多い時はテキストファイルにまとめて書いておいて flickr_upload をまわすとか、Flickr::Upload モジュールを直接使って処理するといったこともできるであろう。

[ 4月22日全て ]

2006年4月4日 (火)

X.Org X server で本格透過ウィンドウ

rimage:http://www.naney.org/img/2006/screenshot/Composite-2006-04-06-0001-240.png

SFC から来ている Mac OS X 使いのディプレイをのぞくと半透明ウィンドウを使っていていつも気になる。 羨しい。

Linux で 端末を半透明にしてみたりしたことは何度かあるが、ルートウィンドウがブレンドされる程度の似非だったりするのですぐ飽きてしまっていた。

本当の半透明はできないのか?

と調べたら、できるそうで。

Debian GNU/Linux sid で早速やってみた。

X.org Composite extension

/etc/X11/xorg.conf に以下の行を追加

 Section "Extensions"
     Option "Composite" "Enable"
 EndSection

X を再起動して xdpyinfo で extensions に Composite があることを確認。

xcompmgr と transset をインストール

ほぼ、帰ってきた公開日誌で説明されていた手順通りにセットアップ。

 apt-get install libxcomposite-dev libxcomposite1 libxrender-dev \
 libxrender1 libxdamage-dev libxdamage1
 wget http://freedesktop.org/xapps/release/xcompmgr-1.1.1.tar.gz
 export PKG_CONFIG_PATH=/usr/X11R6/lib/pkgconfig/
 tar zxvf xcompmgr-1.1.1.tar.gz
 cd xcompmgr-1.1.1
 ./configure --prefix=/usr/local/xcompmgr-1.1.1
 make
 make install

 cvs -d :pserver:anoncvs@cvs.freedesktop.org:/cvs/xapps co transset
 cd transset
 make
 cp -a transset /usr/local/xcompmgr-1.1.1

xcompmgr を起動

 /usr/local/xcompmgr-1.1.1/bin/xcompmgr \
   -cCfF -r7 -o.65 -l-10 -t-8 -D7 &

ぼふぅっと影がつく。 まるでガンプラにウェザリングして深みが増したような衝撃。 いいね。

でも重みも増すね。

ていうか重すぎ。

ウィンドウの透明度を設定

 /usr/local/xcompmgr-1.1.1/bin/transset .7

十字カーソルが表示されたら、半透明にしたいウィンドウをクリック。

半透明になった。 しかし重い。 mlterm を半透明化して ls を実行すると「いま何ボー?」って感じ。 Firefox を半透明化するととんでもないことになる。

ということで満足度は高いのだけれど、常用にはちょっと厳しいかなという印象。

会社でひととおりお披露目したら外すかな。

[ 4月4日全て ]

2008年4月30日 (水)

ちょっと複雑なネット用統合アドレス帳 Ripplex

最近話題になり始めた統合アドレス帳 Ripplexインストールしてみた。

  • 誰にどのような情報を開示するかを細かく指定できる。
  • リンクを使って友人に情報開示できる。
  • 共有カテゴリを使って友人と情報を共有できる。
  • PMM 検索によって、友人検索できる。
  • Twitter と連携。following リストを取り込んだり、投稿したりできる。
  • Skype と連携。コンタクトリストを取り込んだり、ムードメッセージを設定できたりする。

などが特徴。

相手が情報開示していればリンクや共有カテゴリを使ってその人が使っているネットサービスを知ることができ、それらを使ってコミュニケーションをとることができる。 リンク等を使って共有されなくても、通常のアドレス帳のように手入力することもできるので友人ネットサービス関連のアカウント管理等にももちろん使える。

と機能的にはクールで面白いアプリケーションだ。

もちろん気になる点もいくつかある。

  • Windows / Mac OS X 用なので、Linux ユーザである自分は常用できない。
  • クライアントアプリケーションなのでネットサービス上にデータを置かなくてよいものの、ローカル PC 上のデータは保護されていない。オフラインモードになるがパスワードなしでローカル PC 上にあるアドレス帳は全て見られる。
  • アドレス帳は Windows の場合、c:\Document and Settings\ユーザ名\Application Data\Ripplex で決め打ち(変更できれば TrueCrypt 仮想ドライブボリュームの中に入れておくのだが)。
  • Ripplex を使っている友人が少ないと便利さ/面白さが半減する。
  • 情報開示設定が柔軟にできる分、使いこなすにはそれなりに学習する必要がある。

ネットサービスではないので Linux で使えないのは自分の場合つらいな。 どれぐらい流行るか様子見。

[ 4月30日全て ]

2008年9月11日 (木)

研究室 OB Twitter-ers と秋葉原で飲んだ

naney:2848288568

研究室仲間の田中丸君が今日は両国まで来ていると Twitter で知ったので、同じ研究室仲間で秋葉原で働いているやまだ君にも声をかけて、秋葉原で飲むことにした。 3月15日以来、約半年ぶりだ。

そういえば Twitter で声をかけてというのはリアル友人とはいえ自分にとっては初めてだな。

場所は矢まと秋葉原店。 前回の記事にはドリンクがくるのが遅かったと書いてあるけれど、今回はそんなことをなかった。

隣のテーブルでは、男が嫌がり気味の女をバシバシ写真で撮っていたようだけれど何だろアレ。

話題

Mac OS X 使いのやまだ君と、Debian GNU/Linux 使いの自分と、基本 Windows だけれどオールラウンドな田中丸君とまあそれぞれ嗜好は違うのだけれど、御互い尊重しあってていい関係といった感じだ。

Linux デスクトップユーザとしてのメリットは「(自分の場合)アクセサリーとか周辺機器とか動かない可能性があってあまり買おうと思わないので、お金を使わなくて良いこと」と吹いておいた。

やまだ君の「Ctrl-p で印刷とかイライラする」というのには激しく同感。

帰省中だということを理由に料理多めにもらって、あまり飲まないというのを理由に割り勘率下げてもらった。Thanks!

[ 9月11日全て ]

2008年9月16日 (火)

Debian GNU/LinuxDropbox

オンラインストレージサービスの Dropbox が一般公開された。 WindowsMac OS X だけでなく Linux でも使えるというのでインストールしてみた。

Windowsインストール

こちらは特筆することなし。ソフトウェアをダウンロードしてインストール。 プリファレンスで Dropbox ディレクトリを c:\home\naney\var\Dropbox に変更したぐらい。

Debian GNU/Linux sidインストール

Ubuntsu 用のバイナリはあるのだが、ソースも公開されているので今回はビルドしてインストールしてみる。 以下の手順で Debian パッケージ化してインストール

 sudo apt-get install libnautilus-extension-dev libnotify-dev
 tar jxvf nautilus-dropbox-0.4.1.tar.bz2
 cd nautilus-dropbox-0.4.1
 dh_make --createorig
 fakeroot dpkg-buildpackage
 sudo dpkg --install ../nautilus-dropbox_0.4.1-1_i386.deb

以上で Nautilus 拡張がインストールされる。Nautilus が起動しているなら killall nautilus で一旦止めてから、Nautilus を起動しなおす。 ターミナルから Nautilus を起動すると

 downloading dropbox from http://www.getdropbox.com/download?plat=lnx.x86
 downloading dropbox from http://dl-web.getdropbox.com/u/17/dropbox-lnx.x86-0.6.382.tar.gz
 dropboxd: どのプロセスもkillされませんでした

と出力される。

クローズドソースの dropboxd が ~/.dropbox-dist 以下に自動的にダウンロードされて実行される。

個人的な設定としてプリファレンスで Dropbox ディレクトリを ~/Dropbox から ~/var/Dropbox に変更しておいた。

あとは普通に Dropbox ディレクトリ上にファイルをコピーしたり修正したりすると、自動的にサーバ側と同期される。 最初 Nautilus というのをみたとき「Nautilus 上での処理しか反映されないのかなあ」と思ったのだが、別にそんなことはないようだ。

パーミッション・日本語ファイル名は未確認。

Dropbox インプレッション

ちょっとだけだが使ってみて、多くの人が絶賛する理由がなんとなく感じられた。 クールだ。 オフラインでの同期・高速な同期・リビジョン管理は便利そうである。

一方、PC 上の1ユーザで、Dropbox 複数アカウントの切り換えはちょっと面倒そう。 自前で退避させるしかないのかな。

また同期する PC によっては Subversion で特定のサブディレクトリのみチェックアウトできるように、一部のサブディレクトリのみ同期対象とできるといいなと思うのだがそういう機能はみあたらない。

完全に自分が占有している PC が複数台あって、セキュリティなどにあまり気をつかわなくてよく全部同期をかけても問題ない場合が、いちばんマッチしている利用パターンだな。

[ 9月16日全て ]

2009年11月6日 (金)

今日のさえずり - 待受画面が巨大仏像写真なのでビビった

2009年11月06日

  • 09:43 隣の人がパカッて開いたケータイを見たら待受画面が巨大仏像写真なのでビビった。 [mb]
  • 09:52 またスヌーピーのクリアファイルもらった。 #Akihabara L:秋葉原 [mb]
  • 09:54 今日もヨドバシカメラ前でリゲインZERO配布(要JCBカード)やってる。 #Akihabara L:秋葉原 [mb]
  • 10:56 Google ダッシュボードをチェック。もうちょっと生っぽいデータが見られるのかと思ったら主に件数表示と各サービスへのリンクか。
  • 11:13 久しぶりにモバイル Gmail アクセスしたら送信メールアドレスが選べるようになっていた。固定だった時は相手によってはメールアドレスの都合上送れなかったのでこれは助かる。
  • 12:02 マクドナルドメールマガジンごときで SP の着信音がなるのはちょっとドキドキしすぎだと思う(自分)。
  • 12:11 AOKI に個人情報売ってくる。 [mb]
  • 12:29 AOKI でスヌーピータオルを GET。引き換えは地下1Fね。 #Akihabara L:秋葉原 [mb]
  • 12:34 こっちまできたついでにケンタッキーフライドチキン。 L:秋葉原 [mb]
  • 16:12 platex して dvipdfmx するたびに Adobe Reader でチェックしている PDF ファイルを閉じて開きなおすの面倒。自動的に再読み込みしてくれる PDF ファイル閲覧ソフトウェアないかな(Windows)。
  • 16:34 Foxit Reader 入れてみたけれど再読み込み機能なさそげ。インストールしたままだとフォントがちょっと変。
  • 16:45 日曜日に出勤するのでカードキーを確保。
  • 17:36 「ニコンFマウント 50周年アニバーサリースタンド」でFマウントが使われているのは魅力だけれど、何のスタンドなんだろ、これ。#Nikon http://bit.ly/4g8Xlf
  • 17:55 Migemo のユーザ辞書作り直したらずいぶんストレスが減った。 ruby1.8 /usr/lib/ruby/1.8/migemo-convert.rb < ~/.skk-jisyo > ~/.user-dict
  • 18:54 @nyafuru えー、クリアファイルが目的なの? タオルじゃないの?
  • 19:53 期間限定・数量限定っていってるけど、まだ配布するリゲインZEROの箱後ろに山積み。 #Akihabara L:秋葉原 [mb]
  • 20:29 dynabook って欲しいなって思う機種皆無だね。少なくとも店頭にあるやつの中で。 [mb]
  • 20:44 @Keiichi_SHIGA ぱらちゃんって何かと思わず検索してしまいました。今そんなキャラクター出してるんですね。 [mb]
  • 21:29 掃除機見てた。1万5千円ぐらいでチョイスできそう。 [mb]
  • 21:33 ただ壁ギリギリまで吸えそうなヘッドにしようと思うともうちょい予算が必要。 [mb]
  • 23:21 シャア専用手帳か。なか見てみたい。
  • 23:25機動戦士ガンダム 日々のことば」の方が実用的だな。他の人とネタをシェアできるという点で。欲しい。
  • 23:38 今日見た掃除機の中での第1候補 パナソニック MC-K9A。コンパクト・運転音が静か(スペック上)。 http://bit.ly/335jgS
  • 23:42 今日見た掃除機の中での第2候補 東芝VC-PY7E。MC-K9A より首を曲げられる。デザインはよりオモチャ的。 VC-PY7D の方が壁際まで吸えそうだがモーター式ヘッドまではいらない。 http://bit.ly/2GTRop
  • 23:48 掃除機は週末もう1回と見にいって選ぼう。やっぱり価格的には Amazon.co.jp が安いなあ。ヨドバシカメラのゴールドポイント充当したいのだけれども。
  • 23:54 R25 もって風呂に入る。
  • 24:38 Twitter でのリスト名って空白文字入れてもいいんだ。ほとんどのシチュエーションで - に置換されるけど。
  • 25:06 2009年11月6日の歩行: 9208歩、7.07km、82分、5.17km/h、消費 350.4kcal、脂肪燃焼 50.0g、5.1エクササイズ。
  • 25:23 @yamakiyo Let's Note Nシリーズか。207,450円~とちょっと高いな。英語キーボードが選べないのと、ポインティングスティックじゃない点で選外。
  • 25:27 @yamakiyo Mac OS X も使ってみたいけれど、メインで使う OS として Debian GNU/Linux から切り替えるのはなかなか大変かな。今メインのノート PC が死にかけてるし。
[ 11月6日全て ]

2009年11月8日 (日)

ThinkPad X200 注文

今使っている ThinkPad X31 が、すでに電源ボタンを押してもなかなか電源が入らない状態にまでなってきていてかなりヤバイ。 PC 無し環境に陥るのはたまらないので、新しい PC を新調することにした。

選んだのはやはり質実剛健・打ちやすくて英語キーボードが選べてポインティングデバイスがトラックポイントである ThinkPad。 というか他に候補がない。

Mac OS X も使ってみたいんだけれどいきなりメイン環境を乗り替えるわけにはいかないぐらい Debian GNU/Linux で環境構築してしまっているので今回も見送り。

で、ThinkPad、モデルとしては光学ドライブ無しということで ThinkPad X200 7454CTO をチョイス。

プロセッサインテル Core 2 Duo プロセッサー P8600 (2.40GHz 1066MHz 3MBL2)
初期導入 OSWindows 7 Professional 64 正規版
初期導入 OS 及び言語Windows 7 Professional 64 正規版 - 日本語
ディスプレイ12.1型液晶(WXGA)
グラフィックIntel グラフィックス・メディア・アクセラレーター X4500
メモリ4GB PC3-8500 DDR3 SDRAM (2スロット使用)
キーボード英語キーボード(US)
ポインティング・デバイスTrackPoint のみ
指紋センサー内蔵指紋認証リーダー
HDD500GB ハード・ディスク・ドライブ (5400rpm)
カード・スロット5 in 1 メディア・カード・リーダー(モデムあり)
Bluetooth内蔵Bluetooth
ワイヤレスLAN アダプタインテル WiFi Link 5300 (802.11a/b/g/n 最大450Mbps(理論値))
バッテリX200 6セル拡張バッテリー
電源アダプタ65W ACアダプター; 日本
言語内容Japanese Publication

プロセッサは +27,300円で P8700 に、+43,050円で P8800 になるのだが性能差に比べて価格差が大きすぎるので標準のまま。

Windows 7 Professional は 32 ビット バージョンと 64 ビット バージョンで迷ったが、ここは 64 ビット バージョンにした。

キーボードはもちろん英語キーボード。 今は最初から英語キーボードが選べるのが嬉しい。

ThinkPad X31 でも別途部品センターに注文して自分で交換したのだが、その分割高になるし買ってすぐには手元にないのでしばらく日本語キーボードを使う必要があったので最初から選べるとかなり助かる。

HDD は 320GB 5400rpm から +7,350円で 500GB 5400rpm に。速度をとって 320GB 7200rpm (+4,200円)という選択肢もあったが、今度はデュアルブートにする可能性もあるので容量が大きいほうにした。

無線 LAN アダプタは +1,470円で インテル WiFi Link 5100 (802.11a/b/g/n ドラフト2.0準拠) からインテル WiFi Link 5300 (802.11a/b/g/n 最大450Mbps(理論値)) に変更。Intel WiMAX/WiFi Link 5150 (+7,350円) は 1x2 MIMO ということで 3x3 MIMO になる 5300 にしておいた。

以上週末限定eクーポン適用して128,720円也。先週の週末限定eクーポンだと122,976円だったのだがちょっと忙がしくて買い逃した。ちょっと残念だったけれどさすがにもう今使っているのが絶不調でまったなしなので、今週の週末限定eクーポンで手打ち。

[ 11月8日全て ]

2014年10月17日 (金)

きょうのさえずり: 情報を出し惜しみすれば優位に立てると思っているのならガッカリです

2014年10月17日

[ 10月17日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.052166s / load averages: 0.58, 0.44, 0.47
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker