nDiki : 左上の歯

2005年1月13日 (木)

歯の治療12回目 - 左上治療 + 抜歯

19:15 - 20:10 歯医者。 治療は 19:30 -。

女の先生との会話。秋田のことを覚えていた。

 「秋田はどうでしたか?」
 「東京も31日雪とか降りましたからね」
 「田舎があるといいですよねー」
 「あー」
 「食べ物違いますよね」
 「あー」
 「観光とかもいいですよね」
 「あー」

シートを倒して口を開けさせてから話かけていただいても……。 でも、まあ覚えてくれているというのは嬉しいものだね。

  • 表面麻酔
    • かなりしびれる。
  • 麻酔 (院長)
    • 射った本数は少なめ。
  • 治療 (院長)
    • 奥4本。本数のわりに削った量は少なめ
  • ぬり等
    • スタッフに調剤の指導をして作らせていた。
  • 抜歯
    • その前に治療についてきく。奥2本は神経にくすりをひいて様子見。その手前2本はすでに詰めた(?)
  • 抜歯
    • 1発では抜けず。結局ちょっとけずる。
    • 抜こうとして器具がすべって舌にダメージ。
    • 抜けた時自体はほとんど痛みなし。気がついたらもう抜けてた。
    • 歯のところよりも、てこの視点にされた口のまわりの方が痛かったよ。
    • 抜けた直後に先生は「抜けました」といってくれないのでわからない。
    • 抜歯後舌も消毒
  • 帰る前に花粉症の薬エバステルの服用を開始したいが、今後の治療と関係して問題があるか質問。
    • 質問を受けた女の先生が向こうで院長に聞きなおしてた(エバステルという名は話していなかった)。
    • 多分大丈夫でしょう。気分が悪くなったら飲むのを止めてください(うーん、それぐらいなら自分でも判断できる範囲だな。麻酔治療との関係とかそういうのは全然考慮なしか)。

処方された:

いつもどおり。今回はいつもくれているを説明している紙をくれなかった。 省略したのか忘れたのか。

帰宅後麻酔がなかなかきれず。結局21:45に食事を開始。 24:00をすぎても左上くちびるのしびれは取れず。


[ 左上の歯 ]

スポンサード リンク
[ 1月13日全て ]

2005年1月14日 (金)

歯の治療13回目 - 抜歯後の消毒

19:00-19:05 歯医者

女性スタッフ「昨日のところはどうですか?」「大丈夫です」

院長登場

 「どうですか?」
 「麻酔が効いて12時を過ぎても残ってしびれてました。」
 「そうですか」(流す)
 「傷口もきれいですね。薬も飲み続けてください」

歯を抜いた穴を消毒。痛みなし。 消毒臭くないので口をゆすぐのを省略したけれど、前回みたいに気持ち悪くなかった。

今日の飲み忘れたので、「は飲んでますか?」と聞かれた時のシミュレーションをしていたのだが聞かれず。


[ 左上の歯 ]

[ 1月14日全て ]

2005年1月20日 (木)

歯の治療14回目 - 左上型取り + 仮詰め

18:00 - 18:25 歯医者

今回はいつもと違う女の先生。麻酔と、削りはいつもどおり院長。

  1. 表面麻酔
  2. 麻酔
  3. 左下噛み合わせ用型取り
  4. 左上奥2本(?) 削り
  5. 左上型取り
  6. 仮詰め

パターン通り。 要領がわかってきてこちらも慣れてきた。

今回は仮詰めも変にはみ出ていなくて、違和感がなく良い。 取れたらすぐつけなおせるので、連絡をくださいとの事。

いよいよ次回で治療完結か?


[ 左上の歯 ]

[ 1月20日全て ]

2005年1月25日 (火)

歯の治療15回目 - 左上金属詰め

17:50 - 18:10 歯医者

10分はやく到着したら、待ちがなかったのかすぐに治療してもらえた。 いつもの女の先生。

今回詰めた金属は小さめ。 いつものごとく若干高く感じるが、最初の違和感だけなのかもしれない。 様子見。

今回で治療終了だと思っていたのだが、

以前治療してあった犬歯のところが周囲から虫歯になっていますので、次回治療しましょう。

とのこと。 ガクン。

家に帰って歯の健康手帳を見直したら、たしかに二次カリエスのマークがついていた。 ということで、もうしばらく歯医者ネタが続く。


[ 左上の歯 ]

[ 1月25日全て ]

2005年1月31日 (月)

歯の治療16回目 - 左上治療 + 左上型取り + 仮詰め

18:00 - 18:40 歯医者

NEW MEGALOPOLIS をみて女の先生が「いつも重そうですね」。 「はい2キロ近くありますから。慣れましたけど。」

そんなやりとり。

  1. 表面麻酔
  2. 麻酔 (院長)
  3. 犬歯治療 (院長)
  4. 「4番目と5番目の間も虫歯になってますねぇ」ガリガリ (院長)
  5. 犬歯白いやつで詰めもの。
  6. フロスみたいなやつで歯間ぐりぐり (院長)
  7. 左上型取り
  8. 仮詰め

左下噛み合わせ型取りもどっかでしたけど、順番忘れた。

前回犬歯っていっていたから今日で終わると思ったのだが、「4番目と5番目の間」って何よ。 前回すでにわかっているはずだから、治療計画として先に教えてくれー。

それにそこは、前回の治療したんでは? またいじるのかよ(……というのは誤解で左上の治療は前回までは奥2本だけだった。右下の時は4本同時にやったので、左上もそうだと勘違いしていた)。

ということで、もう「次で終わるだろう」なんて考えるのはやめよう。

今日は麻酔強め。夕食の間も痺れていた。 麻酔打ったわりには治療、結構痛かった。


[ 左上の歯 ]

[ 1月31日全て ]

2005年2月15日 (火)

歯の治療17回目 - 左上金属詰め

17:55 - 18:15 歯医者

前回の治療後いったん2月8日予約したのだが、有給休暇をとることにしたので日付をずらした。 約2週間ぶり。仮詰め異常無し。

第1小臼歯と第2小臼歯に金属かぶせ。 今回はめずらしく、高さの違和感もなくしっくりはいった。

歯の治療はこれで終わり!

(多分)

「次回はクリーニングと細かいところをみていきましょう」

クリーニングいいね。綺麗になるので気持ちが良い。 細かいところを見て……何も問題がありませんように。


[ 左上の歯 ]

[ 2月15日全て ]

2005年2月25日 (金)

歯の治療18回目 - クリーニング・感動のフィナーレ

17:55 - 18:20 歯医者

今回はクリーニングと最終チェック。 いつもの眼鏡の女の人。

右上の奥歯をすこしガリガリやった後、歯間や歯茎との境目あたりを中心に磨かれていく。 口の中にザラザラしたものがたまる。 歯石だったもの?

とりあえず今回で終了。 約4ヶ月。長かった。

次回4ヶ月後に定期健診。

みなさん、ついに終わりましたよ! 診察室を出る時にあらわれた院長の「では4ヶ月後に定期健診ですね」といった時の笑顔が何と優しく感じられた事か!

最初にくれた「歯の健康手帳」の2月15日術後版をくれた。 右上の親知らずが残ったままになっている。 クリニック痛恨のミス。

しかも、その手前の第二大臼歯に「C1」と書いてある衝撃の事実。 上記の記入ミスがあるのでこれも記入ミスなのか? それとも様子見保留なのか?

わからん(家に帰ってから気がついたので確認とれず)。 日記をみかえしてみると、確かにその歯は治療はしてないし。 今日ちょっとガリガリやっていたのはその部分なのか?

まあ、とりあえずは今日チェックされたわけだし問題はないのだろう。

引き続ききちんとデンタルケアして、歯を大切にしていかなければな。 花粉症で鼻が激しく詰まる前に治療が終了して、良かった良かった。


[ 左上の歯 ]

[ 2月25日全て ]

2006年10月5日 (木)

虫歯なのか着色なのか

歯の定期健診。今日も「17:00 には帰ります」といったら歯医者だとすぐバレた(以前も)。

18:30 - 18:50 歯医者

施術してくれた人に「タバコは喫われましたっけ?」と聞かれた。 お茶とコーヒーのせいか、相変わらず着色が結構あるようで。

歯石取りとクリーニング。 15分弱で完了。 今回はうがいをしても、あまり色水にならなかった。

で衝撃の説明。

「今日の段階では着色か虫歯か判断できないのが、左上5番目と6番目と、6番目と7番目の間にあります。次回クリーニングして改めてみてみますね」

きたのか? 虫歯きたのか?

フロスの回数を減らした影響か? ちなみにちょっと最近違和感があったのは、右側だったので意外な結果。

(ちなみに、「n 番目と n + 1 番目の間」という説明は、どちらの歯だかわからないのでもう少しきちんと説明して欲しい)。

ただの汚れでありますように。


[ 左上の歯 ]

[ 10月5日全て ]

2006年10月12日 (木)

虫歯じゃなくて着色だった

歯の定期健診2回目。

18:45 - 19:05 歯医者

歯の表面のクリーニング。 機械で磨いた後は、歯間をフロスされる。 自分では怖くてできないぐらいの勢いでガッツンガッツンやられる。

先週の健診での左上の歯虫歯疑惑であるが、こちらは特に何も指摘されることもなく虫歯なしとの診断。

ほっと一安心。

帰り道、途中にある本家かまどやに「10月31日で閉店」の張り紙があってこちらはがっかり。

[ 10月12日全て ]

2010年7月12日 (月)

歯の定期健診: 歯茎が白くなったら入れすぎ/限界

18:30 歯医者

4月6日以来の定期健診。 しばらくぶりということでレントゲン撮影。 左上の第一小臼歯の手間側が柔らかくなっていると言われたのだが、やはり虫歯判定。 甘いものを飲んだあとうがいをしなかったり、フロスサボっていたツケかなあ。

フロスまたきちんとやるか。せっかくなのでフロスの仕方をちょっと教えてもらった。 どこまで糸を入れていいかだけど、歯茎が白くなったら入れすぎ/限界とのこと。 下より上の方が許容が少なくて深く入れるとすぐ痛くなるとか。

虫歯は1カ月ぐらいならまだ大丈夫だろうけれど、次回3カ月後の定期健診までほっておくと、なんとも言えないと言われたので翌々週に予約をいれて治療することにした。


[ 左上の歯 ]

[ 7月12日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.058417s / load averages: 0.37, 0.39, 0.37
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker