nDiki : DSC-U40

2005年3月18日 (金)

フォト イメージング エキスポ 2005

image-half:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-100307-nDiki-1200x900.jpg image-half:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-100806-nDiki-1200x900.jpg

仕事関連の調査(と趣味の世界)のために東京ビッグサイトで開催されているフォト イメージング エキスポ 2005 に行ってきた。 今年の会期は17日~20日。 今年から1000円。 昨日面倒臭い事前登録(一旦メールアドレスを登録して、メールに書かれたURLにアクセスして、フォームを入力して、またメールがきて、それを印刷)したおかげで750円。

1000万画素超RAWデータ自由自在 ~ハイエンドカメラ vs ハイエンドMac~ 鹿野宏 (10:40 - 11:30)

デジタルイメージングファクトリー on Mac OS X

image-half:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-114004-nDiki-1200x900.jpg image-half:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-114034-nDiki-1200x900.jpg

目当ての無料セミナーだった一つ。 公式サイトで見かけてやってきた訳だが、もらったガイドブックに見あたらずはてと困る。受付で聞きてもすぐ返事がもらえなかったぐらい知られていない。 結局別刷りのシートにプログラムが書いてあったようで、それを教えてくてた。

内容は鹿野氏による「撮影から現像・クライアントへ渡す画像ファイル化までをスムーズに行う技術」のお話。

カメラでシャッターを切ってそれがPC側に転送されるのが意外に速いのには驚き。 モデルを使った撮影では玄光社のSTROBOXを使っていた。 銀レフを貼った白い箱の一面にディヒューザー貼り、側面に穴を空けてヒカル小町Di(改?)をくっつけるというDIY的な商品。

ヒカル小町の活用方法として面白い。これはいいな。ヒカル小町Diを持っているので、自分でも似たようなものを作ってみようかな。買うと1セット15,000円(税・送料込み)。高っ。

ただし、通常のヒカル小町Diはセンサーがフラッシュ方向と同じ方向を向いているのでこのままだと無理っぽい。この商品のはセンサーが後ろに向くように改造してあるようだ。光ファイバかなにかでまわすようにすればいけるかな。

ソフトウェアの方はカラープロファイルの設定の話とか、バッチ処理の話とか。 (ニコンのだったかな)ディレクトリを定期的に監視して、新しく画像ファイルが保存されたら自動的に処理をかけたりできるようだ。便利になってきているんだね。

Xserve RAIDデザインがよくラックにいれなくても立てておいたりできるので、良さそう。ランプがピカピカ光って綺麗だし。

Xserve RAID を使用・未使用(G5 内蔵HDD)の比較デモは失敗のようで、同じような時間がかかっていた。

プロのお仕事の技が見られてなかなか有意義であった。

デジタルフォトのサーバ管理術 ~フォトスタジオでのMac OS X Serverの活用法~ アップルコンピュータ(株) (11:50 - 12:40)

デジタルイメージングファクトリー on Mac OS X

こちらはひどいプレゼンテーションプレゼンテーションツールのファイルが開けなくていきなりつまる。

内容は Mac OS X Server のセールストーク。 RAIDレベルの解説からはじまって Xserve RAID の商品説明、それから Mac OS X Server の素晴しさの解説。

ことあるごとにLinuxに対抗意識を燃やす。

  • Linuxだとコマンドを叩かなければなりませんが Mac OS X Server では GUI で簡単に設定できます(でもデモではことごとく失敗)。
  • Linux だと Web サーバにするかどうかとか、サーバの用途を決めてインストールしていかなければなりませんが、Mac OS X Server では GUI で有効/無効を切り換えるだけです(つまり、全部ガツンといれちゃっているだけでしょ?)。
  • 簡単にホームや設定をサーバでまとめて管理できます(GUIで小綺麗に設定できるのは確かにいいですが、技術的にはかなーり古くからある話)。

結局デジタルフォトもくそもない、ただの準備不足のセミナーであった。

LPL は引伸機を1台も展示していなかった

image:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-130529-nDiki-1200x900.jpg

LPL商事株式会社のブース引伸機を1台も展示していなかった。 ショック。

FinePix F10 メチャイイ

image-half-mixed:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-131956-nDiki-1200x900.jpg image-half-mixed:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-132712-nDiki-900x1200.jpg

先週発売になった FinePix F10 ももちろん展示されていた。 触ってみたところ、起動時間が体感的にはやい。 シャッターを切った時のレスポンスも驚くほどはやい。

イイ!

やっぱり買っちゃいそうだ。

DSC-S40

image:/nDiki/2005/03/18/2005-03-18-133011-nDiki-1200x900.jpg

4月15日発売予定のソニーデジタルカメラ

スペック上若干大きくなったものの、 DSC-U40 の後継となりえるかという視点でチェック。 ……。ダメダメ。太っちょ。 ぼてっとしていて思っていた以上に大きく感じる。 作りもちゃちい感じ。

その他

去年にもましてフィルムカメラの影が薄くなっている。 ニコンNikon F6 すらデモ機が見あたらなかった(どこかに1台ぐらいあったのかもしれないけれど)。

自分が見てきたのはコシナの BESSA-R2A と、Rollei 35RFぐらい。 コシナの28mm用ビューファインダーは 28/35mm mini Finder と 28mm View Finder M のどちらが良いのだろう? 見比べてみると mini Finder の方が結構小さ目で見辛そうに思えるけど。

オロナミンCは今年はなし。

スポンサード リンク
[ 3月18日全て ]

2005年5月22日 (日)

BOBLBE-E ANIARA に何が入るのか?

rimage:/nDiki/Flickr/15067500.jpg

カメラを腰に

会社に行く時も遊びに行く時も、基本的に何かしらカメラを携行している。 バッグに入れてしまうと取り出すのが億劫で撮らなくなってしまうから、身につけておきたい。 最近休憩中の DiMAGE XDSC-U40 なら胸ポケットに入るが、主力である TC-1FinePix F10だとそうもいかない。 リュックを背負ってしまう事も多いので、取り出しやすい位置となると腰に下げるということになる。

この用途では PORTER TRIP カメラケースがジャストフィットで、使い勝手が良い。 しかしながら生地が薄いので、電車の中など人の多いところでは押し潰されないかちょっと心許無い時もある。

ANIARA 参上

そんななか、ついに先週 BOBLBE-E から ANIARA が販売開始になった。 BOBLBE-E らしいデザインで、強度的にも安心できそうである。 問題は内寸。 iPod などのプレーヤーがひとつのターゲットになっているから、そんなに広くないかもしれない。 実測で厚さ2.2cmぐらいじゃないかと書いてあるサイトもあるし微妙である。

ということで、確実に手にとってみられるであろう自由が丘のコンセプトストアに行ってみることにした。 自由が丘につくと、雨が降り出していた。

お目当ての ANIARA はカウンターに展示してあり、箱がたくさん積まれていた。 それなりに入荷している様子。

手にとってみると、いつもいる兄ちゃんが 「はいったばかりですよ」と声をかけてくれた。 CABIN HOOK(SILVER)とショルダーベルトつき。 中に、固めのウレタンフォームが入っていた。聞くと「間仕切りなどに使ってください」とのこと。

「自分のデジカメ入れてみていいですか?」と断わって、TC-1FinePix F10を入れてみる。

ジャストフィット!

いやジャストフィットすぎて、気持ちくちを押し広がりつつ入れる感じである。 ちょっと余裕があった方が押された時に安心な気もするが、まあこれぐらいなら大丈夫であろう。

気にいったのであっさり購入決定。6,090円なり。

色は今のところ black のみ。近く他の色も出るとのこと。 交換用のシェルが出るのは、そのあともう少し遅くなりそうだといっていた。

image:/nDiki/Flickr/15067498.jpg image:/nDiki/Flickr/15067504.jpg image:/nDiki/Flickr/15067511.jpg image:/nDiki/Flickr/15067514.jpg

帰って手持ちのポーチ群と比較したりした後、CRYSTAL COAT #1で早速コーティング。 艶消し系の表面処理なのでツルツルって感じではないが、色に深みがでていい感じである。

明日さっそく会社にしていこう。


[ 製品レポート ]

[ 5月22日全て ]

2005年8月13日 (土)

サイバーショットU DSC-U40液晶が滲む

DSC-U40 の時計合わせをしておこうと電源を入れたら、液晶が変な感じ。 見れないわけではないが、青緑がかったりなんとなく滲んだ感じになったり。

メインの座はFinePix F10に奪われたとはいえ、荷物を減らしたい時にはビジュアル・ブックマーク機として重宝しているのでまだまだ使い続けたい。

今のところ撮影には影響ないようだが、後継機種も出てこないし早めに修理に出しておきたところだ。 それなりの出費になるんだろうけど。

[ 8月13日全て ]

2005年12月26日 (月)

サイバーショットをクイック修理サービスで即日修理

rimage:/nDiki/Flickr/78665549.jpg 以前から DSC-U40 の背面液晶の表示が滲むようになっていて、気になっていたので「ソニーサービスステーション秋葉原」に持ち込んで修理してもらうことにした。

11:25 受付

午前中は窓口も空いていて、待たずに受付。 カウンターで DSC-U40 をさしだすと、お姉さんがそれを持って裏へ。 技術者の方が出てきて、原因の可能性を説明。

  • (ボディ背面を押すと滲みに変化があるので)配線トラブルの可能性
  • 液晶自体の問題があれば部品交換

前者だけならば 7,000円(税別)。液晶交換が必要になると + 6,000円(税別)とのこと。

部品交換が必要なら見積もってもらうことにした。 クイック修理サービスとして今日中の修理を依頼。 PHS電話番号を伝えて、完了の際or見積もりの場合は電話をもらうことに。

コーヒータイムサービスとして、すぐ近くのカフェ コロラド 神田末広町店のコーヒーチケットをくれた。 電話がつながらなかったら、1時間半ぐらい後にくると伝えてセンターを出て食事へ。

13:55 受け取り

結局その後、モスで飯を食べたり千石電商電池を買ったり、はたまたヨドバシカメラへいったりとぐるぐる。 圏外だったのか電話がなかったので、13:40 にサービスステーションへ。

午後になると混雑しているな。呼ばれるまでに15分待ち。 ノート PC を持ち込んでいる人を多くみかけた。

肝心の DSC-U40 の方は、

フレキシブル基板補修致しました。

という処置内容。 税込みで 7,350円也。

本体価格がそんなに高いものではないだけに、部品交換にならなくてよかった。 これからもビジュアル・ブックマークに活躍してもらわねば。

あ、コーヒー飲みそびれた。

[ 12月26日全て ]

2005年12月31日 (土)

私的10大ニュース2005 [ photo ]

今年購入のカメラたち

今年はデジカメ2台(ライブカメラ含む)、フィルムカメラ2台。 レンズ購入は無し。

雑誌付録のピンホールカメラPP35[zebra]は組み立てたものの、いまだ出動せず。 DSC-U40修理にて復活。

image:/nDiki/Flickr/7007013.jpg image:/nDiki/Flickr/11592927.jpg

TC-1 生産終了

写真関連で今年一番のショッキングなニュースは「TC-1 生産終了」。 ついにこの時がきてしまった。

探しまわってようやく新品を入手できたのは幸い。

しかしあまり写真を撮りに出歩かなかった

今年はフィルム一眼レフを持って写真を撮り出るためにあまり出掛けなかったな。 ついデジカメをカバンに入れて済ませてしまいがちだった。

来年はまた一眼レフを持ち歩く年にしたい。 会社にも持っていって遊ぶか。

[ 12月31日全て ]

2006年10月12日 (木)

液晶不具合再発の DSC-U40 を久しぶりに持ち歩く

ミーティングで郊外まで行く日は、小さいバッグで出勤する。 最近は愛弁当もあるので、資料その他を加えるとバッグはパンパン。 こういう時は荷物を減らさねば。

ということで久しぶりに常備カメラDSC-U40 にしてみようかと思い、昨晩電池を充電しておいた。

背面液晶表示の滲みで修理してあるのだが、実はしばらくして症状が再発している(しかも修理後保証期間をすぎてからの再発というところが実にニクい)。

DSC-U402003年11月14日発売モデルでもう3年前の機種になるのだが、その後「ビジュアル・ブックマーク」機として跡を継げるモノがない。

このコンセプトで高感度機が出てくれれば文句ナシなんだけれどなぁ。

[ 10月12日全て ]

2006年11月27日 (月)

サイバーショットU DSC-U40 撮像素子問題

先週11月24日に「ソニー製撮像素子を搭載している製品において、カメラ撮影時に発生した『ファインダーや液晶表示部に画像が出ない、撮影できない、画像が乱れる』という症状に関し保証期間を延長し、無償修理をするという案内」が Web で発表された。

DSC-U40 を カスタマー登録してある私のところにも本日メールが送られてきた。

自分の DSC-U40液晶表示部の色がおかしくなることがあるので、窓口に連絡してみた方がいいかなぁ。 すっきり直ってくれるといいのだけれど。

[ 11月27日全て ]

2007年3月23日 (金)

DSC-U40 2度目の修理は無料で完了

液晶画面不具合で1度修理した後、また同様の症状が再発していた DSC-U40修理に出しに昼休みに「ソニーサービスステーション秋葉原」へ行ってきた。

ほぼすぐ順番が来て窓口で故障状況を説明。 技術スタッフがいるということで、10分ぐらいの時間でその場で確認してくれることとになった。

窓口の人に「撮像素子問題とは関係ないんですか?」と聞いてみたら、「その場合は画像がもっと乱れますから」とあっさり否定。 もしそれが原因だと前回の修理代金も返還してもらえるのかなと淡い期待も持っていたのだが、そうはいかないようだ。

しばらくして技術スタッフが DSC-U40 を持って出てきてくれた。 裏側から見て液晶画面右側を押すと症状が出ることから、その部分の配線(?)をきちんとしなおしたとのこと。

前回(フレキシブル基板補修)と同様であればまた再発する可能性がある。 「前回の修理も同様だったのだけれども、また再発しないか?」と聞いてみた。 前回の修理伝票を見せたところ「今回は別の個所を直した」とのこと。 「前回の修理の保証期間も過ぎているし、これ以上の作業だと部品交換が発生して料金がかかるのでしばらく様子をみては」とのことなのでそうすることにした。

ということで今回は特に、伝票をおこすこともなくその場で修理完了。 再発しないことを祈りつつ、無料で見てもらえたことに感謝。

[ 3月23日全て ]

2007年4月27日 (金)

常に持ち歩くアイテム用に PORTER SMOKEY バッグ - 誕生日プレゼント

rimage:/nDiki/Flickr/475519831.jpg

2月に電話をストレートタイプの D703i に変えて、早2カ月。 2つ折りの PHS を使っていた時はグレゴリーのパデットケースS に入れて腰に下げていたのだが、D703i は薄型であるかわりに長さがあってコレに入れるにはちょっときつい。 またストレートタイプということで、そのままソフトケースに入れて腰から下げるのは液晶画面に傷がつかないかなどちょっと不安である。

この先暖かくなってくるとジャケットを着なくなると胸ポケットが無くなるので、別途持ち歩き方を考える必要が出てきた。

今身につけているもの

ちなみに普段ジーンズスタイルの時に身につけているものは

である。

腰まわりにさげている、パデットケースSとヘッドポーターのタンカー PDA ポーチを1つにまとめて、D703i を入れられるものにかえようと思う。

PORTER

ということで定番の吉田カバンバッグを物色。 第1候補は PORTER TANKER であるが、このシリーズ、素材デザインはいいのだけれどポケットやフラップ、ファスナーの感じなどが微妙に使いにくそうな感じがするんだよね。 使ってみるといいのかもしれないけれど。

ということでいろいろ見た結果、スモーキーにいいのがあったのでそれをチョイスすることにした。 誕生日プレゼントとして買っていただく。

PORTER SMOKEY 592-06583 ショルダーバッグ

選んだのは SMOKEY の小型のショルダーバッグ

ベルトループはついていないが、2点連りなので付属のショルダーストラップを腰に巻けばそのままウエストバッグとして使える。 自分の場合はこのスタイルで腰につけっぱなしにしておくつもり。

容量的にも大きすぎず小さすぎずいい感じ。

満足。


[ 製品レポート ]

[ 4月27日全て ]

2007年5月4日 (金)

DSC-U40、ついに撮像素子不具合きたか?

DSC-U40、撮影しようとレンズカバーを開いて電源を入れても、液晶画面にプレビューが真っ黒(あるいはその中で一部うっすらと明るい)にしか表示されなくなってしまった。

枚数表示などはきちんと表示されているし、2度の修理の際とは全く違う症状。

ついに CCD 不具合がこの個体にもきたか?

この間サービスステーションに言った時、四の五の言わずにきちんと交換してくれれば良かったのに。何度も手間すぎ。

[ 5月4日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

月別インデックス
Process Time: 0.058081s / load averages: 0.23, 0.38, 0.40
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker