nDiki : ほぼ日手帳2006

2005年9月11日 (日)

渋谷ロフトほぼ日手帳2006を見にいった

衆議院議員選挙投票を終えてその足で、渋谷へ。 山手線で移動中に、ぽつりぽつりと雨が。 と思っているうちに雨はどんどん強くなり、渋谷についたころには雷まで鳴る土砂降り状態。 雨宿りをかねて、渋谷マークシティ東急百貨店渋谷駅・東横店をぶらぶら。

1時間半ぐらいしてようやく落ちついてきたので渋谷ロフトへ移動。 お目当てはほぼ日手帳2006を直接手にとってみること。

手帳本体

糸かがり製本とトモエリバー紙が売りの一つ。

パタッと開く感じはいいな。見開き2日間なのでページ数があり結構な厚み。バイブルサイズのリフィルの一般的なリフィルと比べて紙は薄い感じ。ちょっと心許無い感じがするが、使ってみるとそうでもないのかな?

手帳カバー

ナイロンカバーは思ったより腰が弱い。 カバー・オン・カバーをつけておかないと、ふにゃっとしている。 手帳本体も軽く開くため立って書く時にしっかりしていなさそうでちょっと心配。

オフィスで使うにはナイロンカバーはカジュアル過ぎるきらいがある。 その場合はカバー。しかしカバーもそれほど高級感がある訳ではないかな。 すでに気にいっていて毎年ほぼ日手帳で行くならカバーもいいが、お試しでいくにはちょっと高い。

使ってみるならナイロンカバーがいいな。

カラー

ナイロンカバーだとグリーンが地味でなく、かつ(ちょっと若い感じはするけれど)オフィスで使うのにも悪くなさそう。

は、カバーのネイビーが気にいったようだ。 マリンブルーよりいい色。

運用

今後とも Palm (PEG-TJ25)をメインで使う予定なので、位置付けが微妙だな。

ほぼ日手帳を買ったとしたら何を書こうか。 スケジュール管理とGTDの運用は Palm でやるし、ダイアリーは nDiki に書くし。 単純なメモなら RHODIA No11 の方が便利そう。 ノート的な利用になるのかなぁ。

コンパクト重視で、今 PEG-TJ25 + RHODIA No11 コンビなんだけれど、ほぼ日手帳が加わると結構なカサになるのでちょっと出かける時に持ってでるのには躊躇わないか。

と、いろいろ自分にとって気になるところをいろいろ考えてみたけれど、それでもちょっと使ってみたいという魅力があるんだよね。

ほぼ日ストアでの販売は9月27日午前11時まで。

スポンサード リンク
[ 9月11日全て ]

2005年9月12日 (月)

ほぼ日手帳2006注文

結局注文してしまった。

あれから考えたのだが自分の場合、仕事のログブックとかやっぱりノートとかに使うのがいいかなと。


[ ほぼ日手帳 ]

[ 9月12日全て ]

2005年11月18日 (金)

ほぼ日手帳2006到着

naney:64769380

昨日発送のメールが届いていた、ほぼ日手帳2006が到着。 ほぼ日手帳の発送は11月2日から11月18日なので、ほぼ最終組。

日曜日のオフィスの停電を前にサーバをシャットダウンし終わって、配達を20:00から21:00の時間帯指定いたことを思い出して慌てて帰ってきた。

商品の方は不良品だったという話もちらほら見かけたので、ちょっと心配であったが特に問題なくて一安心。 下敷きはちょっと擦れた感じがあったけど、まあすぐ傷々になるだろうし許容範囲かな。

箱・包装なども洒落ていてちょっぴり嬉しくなってしまうところがニクイ。

12月始まり。 いつぐらいから持ち歩くことにするかな。

[ 11月18日全て ]

2005年12月5日 (月)

ほぼ三色方式ボールペン

rimage:ISBN:4806122963

昨日「三色ボールペン情報活用術」を読み終え、さっそく実践したくてたまらないのだが、緑の入っている三色ボールペンが手元にない。

そういえば、ほぼ日手帳2006についている3色ボールペンであるがこいつは黒・赤・青。 しかしもとはこのボールペン三菱鉛筆Ta-shock 3 で、同シリーズに4色の Ta-shock 4 があるから緑リフィルももちろんあるのである。 このシリーズの替え芯は BOXY と同じS-7S。

ということで会社の近所の文房具屋2件にいってみたのだが、黒・赤・青の替え芯あるものの緑がない。無念。伊東屋とか東急ハンズに行けばあるのかな。

他のボールペン三色方式するという手もあるのだけれど、せっかくなのでロゴ入りのこのボールペンを使いたい。プラスチッキーだけれどナイロンカバーのほぼ日手帳に良くマッチしているなかなか可愛いヤツだ。

しょうがないので Ta-shock 4 を買って緑を移植。黒・黒・赤・青になった移植後のそれは会社に置いておくか。

で、今日買った「すごい考え方」をさっそく三色方式で読み始めてみた。 この本自体がおもしろいというのもあるのだけれど、それに加えて三色方式を使うと読む時の本気度があがってさらにテンションがあがってくる感じ。

なかなかいいかも知れない。

[ 12月5日全て ]

2005年12月9日 (金)

ほぼ日手帳用無印良品ミニバッグ

naney:71930760

12月からほぼ日手帳2006を使い始めた。 紙の手帳もなかなかいいものであることを確認。 スケジュール帳としてももちろん使っているが、自分を鼓舞する本の1節を書いておいたり、日々感じた事を気がむくままに書いたりと、またPDAを使っていた時とは違った良さがある。

会社への往復では NEW MEGALOPOLIS に突っ込んでいるのだが、バッグの中で暴れてボロボロになるのはちょっと忍びない。 使っているうちに汚れたりするのは仕方ないが、使っていない間に傷だらけになるのはなんとも悔しいものである(これはカメラとかも同じ)。

ということで、何かいいサイズのポーチや巾着がないかなと探しているところ。

無印良品で大きさ的に良さそうなものが1つ見つかったので、試しに買ってみた。

 「綿天竺ボーダミニバッグ」(約18x18cm・ネイビー×グレー)。

エルマーのぼうけんを思い出させる可愛いミニバッグ

カバー・オン・カバーをしているほぼ日手帳だと、ちょっと頭が出るがまずまずかな。


[ 製品レポート ]

[ 12月9日全て ]

2005年12月14日 (水)

ほぼ日手帳 2006」でトラックワードα版プチコンテスト1位

track feed や feed meter などをサービスしているサイドフィード株式会社から、先週「プログ SEO 専用キーワード分析ツール トラックワード」のアルファテスター募集のメールが届いたので試しに nDiki で利用しておいてみた。

JavaScript コードを貼りつけておくと、そのページが各検索エンジンでどんなキーワードで検索されて閲覧されたかを集計してくれるというもの。 track word サイトの方では検索キーワードごとに、ランキングが表示される。 トップページには「ブロガーが強い 検索キーワード」として、ホットなキーワードがリストアップされる。

α版プチコンテストとして、「ブロガーが強い 検索キーワード」の各ワードでランキング1位を選ぶというもの。 「ほぼ日手帳 2006」というキーワードで nDiki のページトップになったらしい。

まだ利用者が少ないため上位になれただけだと思うがちょっと嬉しい。

関連ページ

[ 12月14日全て ]

2006年9月3日 (日)

ほぼ日手帳2007を横浜ロフトでチェック

今年もほぼ日手帳の発売の季節がやってきた。

今年は9月4日より Web での紹介が開始され、9月7日よりほぼ日ストアで販売開始。 これに先がけてロフトで昨日から販売が開始されている。

さっそく横浜ロフトに行って、今年はどんな手帳になっているか見てきた。

  • 時間軸が横2マスから横1マスになりその分他のエリアが広くなった。
  • デイリーページの右下に通し日数つきチェックボックスがついた。→ どんな風に使おうか。
  • マンスリーページはメモ欄が左に移動し、チェックボックス欄ができた。
  • オレンジカバーのシボにちょっと魅かれる。
  • つるつるネイビーカバーはあまり魅かれない。

手帳本体は2007年版もほぼ2006年版を踏襲しているので、同じ感覚で使えそうだ。

カバーについては、表紙側裏にフタ付きのポケットがついた。これはどうかな。 使うかどうかわからない。 書く時に邪魔にならないか心配。 カバーは今年のをまた来年使ってもいいかなというのが最初の印象。

後は、ほぼ日ストアの隠し玉次第ではあるが。

[ 9月3日全て ]

2006年9月15日 (金)

ポケットぽっこりだけれど、色に魅かれてマンダリンオレンジほぼ日手帳2007

naney:243751813

ほぼ日手帳のカバーをどれにしよう?

来年も手帳ほぼ日手帳にしようと決めているのだが、カバーをどれにするかが悩みどころである。 この間下見した際に牛エンボス加工のマンダリンオレンジが目を引いたのだけれど、今年のカバーに新しくついた「ふたつきポケット」がカバーだとボッテリして書きにくそうな感じで、躊躇していた。

もしナイロンカバーをチョイスするなら別に手帳本体だけを買ってカバーは今年のものを使いまわすというのでも十分ではある。 ただしそれだと、「新調する」というウキウキ感・満足感があまりにも無くて寂しい。 結局ナニカ欲シイのである。

イー・ウーマン/佐々木かをり氏の「アクションプランナー」と迷いつつもその大きさに断念し、やはり来年もほぼ日手帳にすることに決めたとともに、またロフトに行っていろいろと色を見てくることにした。

やっぱり牛エンボス・マンダリンオレンジに決定

横浜ロフトにいって、実物を確認。 やはりカバーのポケットはあきらかにポッコリしている。 手帳の左側のページ下部は、あきらかにちょっと書きにくそう。

しかし「RHODIA と似たオレンジ色」「カジュアルな感じのエンボス加工」「去年より良くなった縫製」を見て負けた。 多少書きにくくてもいっかと自分を納得させた。

ほぼ日手帳2006ではカバーを選んだは、ナイロン・ディープレッドを選択。

ロフトで購入

ほぼ日ストアでセットで買うと

がついてくる。

ボールペンは今回も Ta-shock 3 ということなのでまだ今年のが使えるので無くてもいい。 おまけメモ帳は今年使っていないことから来年も特に必要なし。 カバー・オン・カバーはロフトで購入できる。

なら「店頭で買ってしまったほうがいいよね」ということで、決心して購入。

これで来年の手帳確定!

[ 9月15日全て ]

2006年10月20日 (金)

クリップ-オンG 3C マナーをハイテックC

naney:274924146

ここ最近ボールペンハイテックCを常用している。 しかし残念ながら多色ボールペンとしてはハイテックCコレトとハイテックCスリムスしかなく、どちらも2色のみである。 できれば3色欲しい。

ハイテックCコレトのリフィルの後を少しカットすると、ゼブラの「クリップ-オン マルチ」で使えることは有名である。しかし自分の場合4色まではいらないし、シャープペンシルもいらない。

ゼブラ クリップ-オンG 3C マナー

でどうしようかと迷っていたのだが、文房具屋で「クリップ-オンG 3C マナー」というのを発見。「クリップ-オン マルチ」と同じ SK-0.7 リフィルなので、同様にハイテックCコレトのリフィルを入れられるはずである。

ということで早速買ってみて交換してみた。ばっちり。

「クリップ-オンG 3C マナー」はマナーモード ON/OFF 切り替えができるのが特徴で、ON にするとノック音を小さくすることができる。 普段使っているほぼ日手帳おまけの Ta-shock 3 のノック音が気になっていたので、これは良い。

もっとも三色方式の齋藤孝氏によると、このカチカチが頭の切り換えにいいらしいのであるが。

三菱鉛筆 Ta-shock でも OK

ほぼ日手帳2006 のおまけでついてきた Ta-shock 3 もリフィルの軸径はほぼ同じのようで、ハイテックCコレトのリフィルを挿すことができた(クリップ-オンよりも、長めにカットする必要がある)。

このおまけの Ta-shock 3、グリップがベトつかないのでわりに気にいっている。 これをハイテックC化するのも悪くないな。

[ 10月20日全て ]

2008年8月27日 (水)

今日のさえずり - オーラル系だけれどパンツおろさない系

2008年08月26日

naney:2798468265

2008年08月27日

  • 08:20連休パスの往路分の指定席を取ってきた。支払いがないのであっさり完了した。[mb]
  • 18:40 MicroApache 試してみたいのだがサイトにつながらない。
  • 20:38 イマココ! ヨドバシカメラ L:秋葉原[mb]
  • 20:53 3冊どれも持っているけど、ハンディーカーネギー・ベスト買った。[mb]
  • 21:23 スゲー久しぶりに、のりや。[mb]
  • 21:42 やっぱり、のりやラーメンはクサいな。[mb]
  • 21:51 帰宅した。なんで29.5℃もあるんだ?
  • 21:58 熱源はすべて止めていったのになあ。意外に今日は気温上がってたのかな。
  • 22:19 ハンディーカーネギー・ベストの文庫本サイズ「道は開ける」にほぼ日手帳2006のカバーつけた。
[ 8月27日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.054991s / load averages: 0.24, 0.20, 0.25
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker