nDiki : KPT

2005年10月7日 (金)

すごいKPT事後評価セッション

先週納品を終えてほぼ完了したプロジェクトについて、冷めないうちに事後評価セッションを行う。 「適応型ソフトウェア開発」に触発されて去年から主に自分の担当プロジェクトで導入しているセッションであるが、今回はこれにすごい会議の手法と、@ITの記事*1で紹介されていたKPT法を組み入れて実施してみた。

招待状

参加者には、以下の事前準備をメールでリクエストしておいた。

  • 「あなたが、この会議で達成したい事を考えておいてください。」(すごい会議流)
  • 各評価対象について「3つの成功点(良かった点)、3つの失敗点」を事前に考えてください。 (「適応型ソフトウェア開発流」)
    • スコープ、スケジュール、リソース、欠陥レベル
    • プロジェクト運営
    • コラボレーション (スタッフ間)
    • 個人・チームとして学習した点
    • その他 (開発手法など)
  • 問題点については「どのようにすれば〜(だろうか)」のかたちに書き換えてください。(すごい会議流)
  • 良かった点のうち Keep のものがあるかご検討ください (KPT法流)。
  • 問題点は Problem です。(KPT法流)
  • 問題点について「次にやってみたいもの(Try)」が思い浮かんだらメモしておいてください。(KPT法流)
  • 問題点に関係なく Try してみたいものがあれば、メモしておいてください。(KPT法流)
  • 注意点 (「適応型ソフトウェア開発流」)
    • 良かった点を必ず書いてください。(すごい会議にも通じる)
    • 成功点、失敗点については3つ以上でも構いません (その際は、成功点と失敗点が同数程度に)
    • 特定の個人を批評はいけません。
  • 事前に考えたメモを K・P・T 別にA5A4用紙各1枚程度ずつにまとめてプリントアウトして持参してください (発表時間短縮のため)。

セッション

メンバは4人。 ホワイトボードをK(Keep)・P(Problem)・T(Try)の3領域に分割。

それぞれ用意してきたプリントをマグネットや、テープホワイトボードに貼りつける。4人分ぐらいならホワイトボードに貼れたし、前に集って座れば字もだいたい読むことができた。

【Keep】まず最初に成功点について各自発表。「うまくいっている」ことから開始するのはすごい会議流で。 次のプロジェクトで Keep しておきたい点について確認しておく。

【Problem】どのようにすれば〜でそれぞれ発表(すごい会議流)。この形式で表現することで、アイデアが浮かびやすくなる。アイデアが出れば ホワイトボードの Try の領域に書き込んでいく。

【Try】あらかじめ考えてあった Try をそれぞれ発表。

KPTの発表が終わったら、今度は Try をコミットメント化していく。 「担当」と「期日」を明確に設定 (すごい会議流)。

完了

合計90分。ほぼ予定時間とぴったり。 事前に書いてきた内容をホワイトボードに書き込まずに貼りつけるだけで済むようにしたためかなり時間が短縮できた。

今までの事後評価セッションに比べて次のアクションが明確になり、コミットメント化した事で実行する可能性が高まった。 成功点・問題点をそれぞれ発表して確認しあう段階までだった過去の事後評価セッションよりパワーアップ。

スポンサード リンク
[ 10月7日全て ]

2005年10月28日 (金)

ソフトウェアかんばん

naney:57031780

先週金曜日に参加した総会関連のプロジェクトについて KPT 法を用いた評価セッションを実施。

プログラマ間でのコラボレーションが一つの課題になった。 決して悪い状態ではなく比較的いい感じであるのだが、より良くしていこうというわけである。

またこのプロジェクトはリリースを前にまだ開発要素が目白押しということもあり、その辺りの見通しもより明確にして共有したい。

ということで、今回はあらたにソフトウェアかんばんを使ってみることにした。

よく紹介されている方法はタスクカードを「TODO」「DOING」「DONE」というカテゴリ分けされた壁に貼って見える化する方法である。

今回はこれをちょっとアレンジして実践してみることにした。

まずはこれでスタート。

実装しなければならないストーリーがたくさんあることを直観的に、他のスタッフにも理解してもらえる。社長も「まだこんなにやることがあるのか」とプロジェクトの状況を理解してくれたようである。

今後であるが、以下の点をまだ行っていないので順次実行していきたい。

  • イテレーションの設定
  • タスクの見積もり
  • ストーリーの見積もり
  • 全体の見積もり
  • 定期的チェックタイムの設定
  • 貼りやすいプッシュピンの入手

[ ソフトウェアプロジェクトマネジメント ]

[ 10月28日全て ]

2005年12月6日 (火)

乱入OK! コラボレーションタイム

11月末にモノを発送できたプロジェクトの事後評価セッション。 手法は前回と同じKPT法をとりいれた方法で。

セッションでは「質問したい時に、忙しそうにしていると話かけづらい時がある」という課題があがった。 あ、自分のことね。 忙しいと集中して(あるいは集中しているフリをして)そういう雰囲気を醸し出しているな。

こちらは案外好きな時間に声をかけているのだが、立場というダイオードが入っているのかもしれない。

集中とコラボレーション、どちらも大切。

ということでアイデアとして、時間を決めてその間はアポがはいっていたり極限状況にあったりない限り、チームメンバで御互いに話しかけたら誠実に対応するというルールを作ってみた。 15:00 - 16:00 をその時間に。その日にある程度作業をした後問題が発生した頃で、かつコラボレーション後実行してみる時間を残っている時間はこの時間帯かなと。

トリンプ・インターナショナル・ジャパンの「がんばるタイム」のように、各個人業務の集中時間を設けるという事例は聞いたころがあるが、こういうコラブレーション推奨時間を設けている話はまだ見かけたことがない。 多分いろんなところでやられていると思うのだけれども。

p.s.

基本的にそれ以外の時間には話かけるなということではないので、お間違いなく。

[ 12月6日全て ]

2005年12月31日 (土)

今年のキーワードは「どのようにすれば」 - 私的10大ニュース2005 [ work ]

今年は年明けに技術部の上の人が抜けて、立場が随分と変わった。

すごい会議

そんな中「すごい会議」に出会い、仕事に対するマインドもかなり変化した。

など、マネジメントの面などでいろいろトライし楽しい1年であった。チームメンバの理解があった事もなによりであった。

GTD

個人面では、GTD の導入により溢れる仕事への対応を実践。 完全に自分のものにしたわけではまだなく工夫の余地があるが、この方法のおかげで仕事の漏れを大幅に減らすことができた。

[ 12月31日全て ]

2007年2月28日 (水)

いまいちパッとしなかった「ふりかえり

開発プロジェクトの一つが一区切りついたので、時間を作って「KPT ふりかえり」を行ったのだがイマイチ盛り上がらなかった。

問題点:

  • Try 項目がカイゼンではなく、To Do に対するアクションになりがちであった。
  • Try 項目が Problem 項目の裏返し (~ができていない → ~をする) で、具体的アイデアに乏しかった。

原因としては以下が考えられる。

アジェンダで中期的なプロセス改善につながる Try を挙げてもらうように、最初から行っておいた方が良さそうだ。

次回以降「ふりかえり」については工夫の余地あり。

[ 2月28日全て ]

2012年5月30日 (水)

今日のさえずり: 池田模範堂の季節がやってまいりました

2012年05月30日

  • 07:05 池田模範堂の季節がやってまいりました。
  • 09:25 新卒T シャツにクリップで留められる襟持っとくといいよ。結婚式でも使えるよ。
  • 09:45 もうすぐスカイツリー見納め。 (@ 株式会社ミクシィ (mixi, Inc.)) http://t.co/lmB9b2kV
  • 09:50 解錠ボタン強制ギプスみたいなのがサムターンについていて、KPT 魂を高く評価した。
  • 12:58 自分が書いたイケてない .t を直してもらい中。
  • 13:04 弁当に見せかけて、風呂敷の中は本です(バッグより応用度広いよ)。
  • 13:05 唐草模様の風呂敷もってないので欲しいです。背負えるぐらいの。
  • 13:08風呂敷広げたい(物理的に)。
  • 13:14 E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE SEL18200LE っての見落としてた。
  • 13:15 OEM?
  • 14:05 @yaizawa バカボン系を想定してます。
  • 17:33 CTO がルールです。
  • 19:12 @maru_kei タムロンの買おうと思ってたんですよ。この間触った感じ良かったし。純正版(OEM版)がレンズ補正効くならちょっと気になる存在です。
  • 19:59 @maru_kei LA-EA2、Aマウントレンズ持ってたら気になるところです。でも LA-EA2 + Aマウントレンズ新調するなら、最初から普通の一眼レフいった方がいい気がしてきちゃう。
  • 20:11 ゴメン、名刺の手配漏れてた。
  • 20:28 明日名刺が無くても泣かないで(申請した)。
  • 21:11 @RabbitFake しばらくすれば良い思い出です。
  • 21:16 @RabbitFake 届くまでの間に名刺入れとか自作するといいと思います。
  • 21:55 退勤。明日は肉!
  • 23:59 ミヤBM細粒相当の市販は新ミヤリサンアイジ整腸でいいのかな。
[ 5月30日全て ]

2013年1月24日 (木)

書いてから発表する

スプリントレトロスペクティブの KPT

発言する内容をまず手元の紙に書いて、1人1つずつ順番にしれっと発表していくという「すごい会議」のルールを久しぶりに守った。やっぱり直接ホワイトボードに書いていくより、この方法の方が活性化していいね。

あと今回は書き出す時間を7分間と決めてタイマーもかけてみた。昨年秋に受けた研修で講師が使っていたテクニックで集中度がアップする。自分の Android 端末にタイマーないなーと思ってもう1人の iPhone に頼ったんだけれど、今確認したら「アラームと時計」というアプリにタイマー機能がついてた。

あと書くのは付箋じゃなくて情報カードね。個人的に。

[ 1月24日全て ]

2013年1月29日 (火)

IRC か集中か、PRIVMSG か NOTICE か

先週のプロジェクトのふりかえりミーティングKPT で「IRC で集中が切れる」という課題が上がった。おっ、これはチームでのディスカッションのトピックとしてみんなで考えてみるのにいいんじゃない? と思ったら今日は張本人が休みの日だった。

ということで自分なりに考察しておこうかな。

  1. IRC でニックネーム(とチームキーワード)で呼ばれたら中断して注意を向ける。気がつくように、ちょうど一昨日スマートフォンもブルブルするようにしておいた。ただし重要なミーティング時や超集中時は無視するので、障害等緊急時には IRC に頼らず声をかけたり呼び出したりしてもらう。
  2. ニックネーム以外のキーワード設定によるアラートは、集中時は次の小休止の時にチェックする。その他のメッセージも同様。

ただし自分の関係するリリースの時などはしばらくの時間帯、チャネルに流されるログ含めてこまめにチェックする。

TPO ということでまあ普通ですね。

あーでも

○○○、急ぎではないので後でもいいのでお願いします。 > Naney

ってケースね。後でもいい優先度のメッセージなんだけれど、ニックネームで呼ばれているからバスっと集中切れることになるんだよねぇ。かといって優先度が低いものはニックネームで呼ぶなという訳にもいかないし。……優先度が低い時のニックネーム呼びは NOTICE にすればいいのかな。

[ 1月29日全て ]

2016年11月17日 (木)

ふりかえりで Lean Coffee やってみた

ふりかえりといえば KPT がメジャーですがスクラムマスターによると「難しい手法だと感じている」とのことで、せっかくなので他の手法をいろいろトライしてみています。今日は Lean Coffee をやってみました。

http://leancoffee.org/

今回のやり方

  1. 話し合うトピックを明らかにする。
    1. 5分間で各自付箋紙に話し合いたいトピックを書く。ふりかえりだけれど内容はプロセスにかぎらずプロダクトの事でも良いとする。
    2. 順番に付箋紙を出して話し合いたいことを簡単に説明する(ここでは議論まで入らないようにする)。
      • 同じトピックを書いた人がいればまとめる。
    3. 付箋紙を眺め、話し合いたいと思ったトピックを各自2つ選び、それぞれしれっとその付箋紙にドットを書く。
    4. 付箋紙をドットの多い順に並べる。
  2. 話し合う。
    1. ドットの多いものから順に1つ取りで7分間話し合う。
    2. 時間になったらそのトピックを続けたいか親指で続ける(上)・終わる(下)・どちらでも(横)で投票する。
    3. 続けるが多いようなら2分延長する。今日は延長は1回まで。
    4. 時間がきたら途中でもそのトピックはいったん終了する(必要があれば別の機会に議論することとする)。
  3. まとめる
    1. 全体の残り時間が無くなってきたところで、今日話し合ったものをふりかえる。それぞれ今後どうするかさっと決める。

雑感

  • 良い点
    • 全員の参加意識と議論への集中度合いが高まる。
    • 決める意欲の多い人がいればその場で何か決まる可能性が高い。
  • 懸念点
    • 検討する時間が短いので、ぱっと出た意見の影響力が強くなりがち。

参加意識が高くなるというのがいいですね。

「時間内で話せるだけ繰り返す」という手法でその時間目一杯使うことになるので、他のミーティングの一部として軽くふりかえりたいというのは向かないということもわかりました。

何回か続けて他の利点・欠点も体感したいと思います。

[ 11月17日全て ]

2016年11月20日 (日)

今日のさえずり: 電気ファンヒータ出して加湿器出してクリスマスツリーの箱出して扇風機は掃除した

2016年11月20日

[ 11月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.052224s / load averages: 0.54, 0.65, 0.72
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker