nDiki : Naney の行動原則

2006年5月15日 (月)

すべての情報を共有する。情報閲覧者が判断する。

帰りの東北新幹線で、ウェブ進化論の続きを読む。 興味を持ったのはこれ。

シルバースタインは「こうした情報共有の仕組みをテクノロジーが支える」と語ったが、グーグルの社内情報システムはごく普通のシステムの組み合わせだ。ごく普通のブログや掲示板、社員全員が同じ文章を自由に編集できるウィキ (Wiki) と呼ばれる共同作業用環境、検索エンジンといったものの組み合わせである。-- ウェブ進化論 p.86

社内に Wiki を立てて、周囲を巻き込みつつ情報共有のため基盤と文化を育てようとしている自分にとって「ごく普通のシステムの組み合わせだ。」というのは心強い話である。

本書ではさらに、下記のように続く。

道具自身に新性があるのではなく、すべての情報を共有することを原則に「情報自身の淘汰に委ねるという思想のほうに新性があるのだ。 — ウェブ進化論 p.86

はてなの近藤氏も2005年7月27日の記事で同様のことを述べている。

ここで大事なのは、「その情報を出すべきかどうか」を情報発信者が判断するのではなく、全ての情報を出しておいて、情報閲覧者が「その情報を読むべきかどうか」を判断すればよい、と考えることです。-- CNET Japan Blog - 近藤淳也の新ネットコミュニティ論:情報の私物化を禁止する

効果的にコラボレーションをして成果を上げていくにはメンバが、積極的に情報をアウトプットし共有していくことが重要である。

しかしながら情報のアウトプットというのはなかなか実行されないものである。 理由はなんだろう。

  1. 情報共有/活用基盤がない。
  2. 情報を共有するという文化がない。
  3. 情報をアウトプットするコストが高い / 高いと感じる。
  4. 情報をアウトプットするメリットを理解できない / 感じられない。
  5. 情報を制限することで権限を維持したいから。

あたりか。

Wiki の次の一手として社内 Blog を立ち上げることにしよう。

[ アウトプット主義 ] [ 読書ノート ] [ opinion ] [ Naney の行動原則 ]

スポンサード リンク
[ 5月15日全て ]

2006年7月26日 (水)

私が情報発信を勧める理由

社内 Blog」をまわりのスタッフに勧めているのだけれど、

  • 「やってみてメリットを感じている人」
  • 「とりあえず(私に)勧めらたので書いてみてくれている(のかな?)という人」
  • Blog という形態にメリットが感じられないので、やる気がしない人」

と様々だ。

話を聞いているなかで、情報発信のメリットやポイントについて自分でも整理してみたくなったので思うところを列挙してみた。

  • あなたが発信すれば、あなたにも発信してくれる。
  • 発信のための「とりまとめ」や「書き出す」という作業は、自分の中での理解を深めることにつながる。
  • 迅速に。情報の多くは時間とともに価値が下がる。
  • 送り手ではなく受け手が選別する。
  • 「受け手は知っているはずだから」と遠慮しない。実は知らないということも多い。
  • Web ページ・WikiBlog・あるいは張り出しなど、うまくメディアを選ぶ。
  • 情報発信そのものよりも、その情報でいろいろな事が良くなること(生産性の向上など)が重要。

すぐに思い受かんだ点はこんなところ。

どれもすでにいろいろな人に語られているようなものであり、やってみれば実感できるものである。

人のためのようで、一番自分のためだったりするのが情報発信

[ opinion ] [ アウトプット主義 ] [ Naney の行動原則 ]

[ 7月26日全て ]

2016年10月2日 (日)

当事者に意見を直接フィードバックしてから投稿する

身近な組織や個人での出来事をみて気がついたことや考えたことを、一般論化してつぶやいたり記事を投稿したりすることがあります。逆に知っている人が投稿した内容が「これはあの事を言われているのかな?」と思うこともしばしばあります(ハズレのこともよくあります)。

投稿を読んで心当たりを感じるであろう当事者の感情を考えると、投稿前にできるだけ直接伝えたいものです。順序が逆になったとしても意見は本人に直接フィードバックしたい。一般論化したりぼやかしたりして投稿しただけで伝えた気になっていないか満足していないか気をつけたいなと。

※と感じましたよとこれを書く前に当事者には先に伝えたところ私の読み違いもあったことがわかったので、読んだ側もあの事かなと気になったら聞いてみるのが大切だなと思った次第であります。

[ opinion ] [ Naney の行動原則 ] [ ソーシャルメディア ]

[ 10月2日全て ]

2016年10月6日 (木)

疲れる前に休息せよ

「道は開ける」の「活動時間を一時間増やすには」という章を読み返して

疲れる前に休息せよ (Rest before you get tired.)

というところに目が止まりました。疲れてから休息するのでは遅いと。パフォーマンスを出すには休息も大切だと。

[ opinion ] [ Naney の行動原則 ]

[ 10月6日全て ]

2017年2月2日 (木)

目標を書き出しておくと実現するというのを意識したきっかけ

非常識な成功法則【新装版】

目標やなりたい姿は書き出しておくだけで実現しやすくなるからお勧めですよ」という話を one-on-one ミーティングの時にしました。

思い返してみると私の場合は神田昌典氏の「非常識な成功法則」という本で読んだのが明確に意識したきかっけだったように思います。読んだあとに目標を書いた Google ドキュメントのファイル中の記載日をみると2007年8月頃のようです。

ふりかえると書き出していたものがいろいろと実現・達成できているなと個人的には感じています。

これをきっかけに、またいろいろ書いておこうかな。

[ Naney の価値観 ] [ Naney の行動原則 ]

[ 2月2日全て ]

2017年8月10日 (木)

新人・後輩に「自ら実践して模範を示す」

30代の時に当時ボスだった方から

「自ら実践して模範を示す。」

という話を聞いた時、強烈にシビれ力強く格好良く見えたのでした。

そして今、思った以上にメンバや後輩から考え方や態度・行動について見られていて、良くも悪くも影響を与えているのだといういうことを実感しています。

新人・後輩に対して「何を教えどう評価するか」「実際に苦労したこと・課題だと思ったこと何か」という点についてエルダーをしている人に今週質問を受け、この言葉が頭に浮かびました。

自分の行動原則の一つとして「自ら実践して模範を示す。」を引き続き意識していきたいと改めて思いました。

[ opinion ] [ 行動原則 ] [ Naney の行動原則 ]

[ 8月10日全て ]

2017年8月25日 (金)

すぐやる」と「明日やる」は対立しないと思えるようになってきた

「いますぐやる」をマイクレドの1つにしている中で、仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則 完全版で「すぐやると本当の仕事が進まない」と指摘されているのを読みもやもやとした気分をいただきました。まずはともあれとマニャーナの法則を取り入れて1カ月。「新しい仕事は『明日やる』を基本にする」を実践してみて先送りが減ったのを実感しました。

「明日やる」を基本とすることで結果的に確実に実行できることが増え、大切なことを「すぐやれる」ようになった。「明日やる」は「すぐやる」と対立するものではなく支えるものだと思えてきました。「いますぐやる」はマイクレドから消さずに残しておくことにします。

[ Naney の行動原則 ]

[ 8月25日全て ]

2017年12月14日 (木)

チームで使う共通の言語を持つ

ストラテジーグループという新しい3人チームでプロセス作りをしています。

3人のうち2人は「エッセンシャル スクラム」を読んでいて例えば「経済的フィルター」と言えばアレのことねとなるのですが、もう1人には今は通じません。「エッセンシャル スクラム」を読んでいないのが悪い、あるいは「エッセンシャル スクラム用語で話す2人が悪いという話ではなく、同じ言語を共有していると楽だし誤解が無くていいよねという話になりました。

アジャイルサムライでは

11.4 プロジェクトで使う言葉を共有する (pp.228-229)

で説明されていますね(原著だと Create and Share a Common Domain Language)。

そういえば以前部署で「エッセンシャル スクラムを読む会」を続けているうちに例えば PBI で話が通じるようになったりして楽になったなと感じました。

プロセスについてでもプロダクトについてでも、共通の言語をもつ(作る)というのは大切だなとあらためて感じた次第です。

[ opinion ] [ Naney の行動原則 ]

[ 12月14日全て ]

2018年2月14日 (水)

ワークフローを作る時は「誰が」「いつまでに」「なにをするか」を明確にする

「誰が」「いつまでに」「なにをして」「どんな成果をだすか」を明確にしてコミットしよう/リクエストしよう。

というのを自分の行動原則の1つにしています(完全に守れているわけではないのですけれども)。

今日、サービスの不具合管理のワークフローの見直しをチームでしていて、原案が気持ち悪いなと思ったのは「誰が」が不明確だったからでした。「気がついた人が」や「◯◯が役割の人が」は絶対誰もやらないケースが出てきます。思い切って個人に割り当てる(そして無理だった場合はエスカレーションする)ルールの方がきちんと仕事がまわります。

[ opinion ] [ 行動原則 ] [ Naney の行動原則 ]

[ 2月14日全て ]

2018年9月28日 (金)

時間通りに会を始める

時間通りに会を始めないと、ますます時間通りに人が来なくなるよなーと着席しながら思ってた。

オフ会を主催した時に遅れてくる人を考慮して開始を遅らせたことがあったんだけれど、すでに来ている方に悪いことをしたなと反省したのを思い出した。

[ opinion ] [ Naney の行動原則 ]

[ 9月28日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

最近検索されている記事

月別インデックス
Process Time: 0.088063s / load averages: 0.38, 0.29, 0.26
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker