nDiki : 東北地方太平洋沖地震

2011年3月25日 (金)

停電対応のための電池をだいたい確保

防災・停電対策のため地震電池関連商品の品薄が続いている。 通勤時にヨドバシカメラをのぞいたり、昼休み秋葉原をまわってみたりしながらぼちぼち必要分揃えてみた。以下記録。

経緯

[ 東日本大震災 ]

スポンサード リンク
[ 3月25日全て ]

2011年4月6日 (水)

Twitter 4年やってもはや生活の一部

今日で Twitter を始めてから4年。 去年は Android スマートフォンデビューし、より Twitter 度がアップした。 もはや Twitter は生活の一部。

この1年の間、Twitter を通じて人生の転機がもたらされたし、東北地方太平洋沖地震では情報収集・安否情報発信手段として有効に機能してくれたしで、Twitter の良さをあらためた感じた。

昨日の送別会での社長からの「Twitter の何が面白いの」という質問には「(その答を知るには)やってみるのが一番」と即答しておいた。


[ 東日本大震災 ]

[ 4月6日全て ]

2011年4月15日 (金)

株式会社レクサー・リサーチ退職しました

naney:5621278618

本日2011年4月15日をもって株式会社レクサー・リサーチ退職しました。

2001年4月1日に入社してから丸10年。 ソフトウェア製品の開発や、産学連携の研究開発、また受託開発などソフトウェアに関する様々な形態のプロジェクトに参加。 小規模なベンチャー企業ということもあり、プロジェクト/チームリーダから設計・実装担当、計算機管理担当と幅広い業務に携わることができ、さまざまな経験を得ることができました。

入社からの10年、会社としてのビジネスも変化を続けてまいりました。 バーチャルリアリティに関するコア技術を活かし、特に製造業における生産準備の新を支援するソフトウェア製品の開発やソリューション提供にビジネスをシフトさせてきました。

しかしそれは、情報科学を日常の「情報発信情報共有コミュニケーション」に活かしていくような製品・サービスを作っていきたいという私個人の思いから少しずつ離れてきているのかなとも感じるようになりました。 このまま進むのは自分としても組織としてもハッピーではない。 やはりここが転機であると考えるようになりました。

そのような中、偶然というか必然というか、良い出会いとお話がありました。 まさに携わってみたいと思っていたサービスをしている会社。 これは間違いなく潜在意識がもたらしたチャンスの前髪だと感じ、その場で鷲掴みにしました。 何とか前髪に手が届いたのか、評価していただき新しい仕事が決まりました。

年末から今年の年初にかけて、「2011年から大きく変化する時代になる」と何人かの著名人が言っていたと覚えています。 そしてまさかの東北地方太平洋沖地震。自然が社会に対して大きな変化のスイッチを強制的に押してしまいました。望む望まざるにかかわらず激動の10年が始まりました。 そして私個人としても新しい10年の1歩を踏み出すこととなりました。

今までの経験を生かしつつ、また経験に縛られずに新しい会社でも頑張ってまいります。

レクサー・リサーチの皆様、関係者の方々、今まで大変ありがとうございました。 とりわけ中村社長には大変良くしていただき、とても感謝しております。 またこれからも末長くよろしくお願いいたします。


[ 東日本大震災 ]

[ 4月15日全て ]

2013年4月6日 (土)

Twitter を使い始めて6年

2007年4月6日に Twitter のアカウントを作ったので今日で丸6年。ちなみに mixi2004年11月19日に登録したので、8年5カ月弱ぐらい。

Twitter は平常運転で利用中。

目下、プライベート的なログであったり stream of consciousness のメモであったりを書き出すところないかなと探しているところ。瞬間日記がいい感じなんだけれど、基本特定スマートフォン端末上で閉じることになるのが惜しい。結局 Catch (Catch Notes) もその用途に向かないし、Evernote (PostEver や WriteNote Pro などを利用)もちょっと合わない。protected な Twitter アカウントを作って使えばいいのかなぁ。メインアカウントと同じリストに入れれば公開のと非公開のとを一緒に時系列で見られる利点はあるな。

あと今まではリンクのシェアは積極的にしてなかったんだけれど、IFTTTHootSuite あたりで TwittermixiFacebook にまとめてシェアできるようにして使っている(記事)。やっぱり一言シェアとかしたい時あるしね。

Twitter 界的には Twitter API 1.1 と利用ルールの変更で、開発終了となった Twitter クライアントも多かった1年だった。長期的にこの方向性が良かったのか悪かったのかはしばらく経ってみないとわからないところだな。

[ 4月6日全て ]

2013年4月16日 (火)

ミクシィ歴3年目突入

2011年4月16日に株式会社ミクシィに登録してから2年が経った(mixi2004年11月19日に登録してから約8年5カ月経過)。

内定の連絡をもらったのが3月8日。3日後の3月11日には東北地方太平洋沖地震が起きたので、もしも少し遅かったらどうなってのかなと考えると、きっかけも含めて月並だけどまあ縁だったんだなぁとは感じている。CSユーザーサポート・健全化を担うやりがいのある部署に入り、良きボスの元でメンバとともにユーザーの方々のために取り組めていて日々感謝である。

サービスを作っていくという仕事はもちろん魅力的だけれども、それ以上に CS に取り組んでいくというのはマジ楽しい。今日ユーザーサポートマネージャーが施策検討の席でメンバに「この規模のサービスのCS部門の戦略を立てるのに参加できる機会なんてそうあるものじゃないよ」って言っているのを横で聞いていて、ウンウンと思ったのである。引き続き、安心な環境を提供し、またロイヤルティを醸成してサービスの価値を日々高めていくぜ。

感動体験、しましょうか。

[ 4月16日全て ]

2013年12月11日 (水)

宇宙戦艦ヤマト2199について日野教授と自由が丘の金田で語り合ってきた

駒澤大学経営学部の日野健太教授と「今年は宇宙戦艦ヤマト2199にはまりましたねー」という話をしてきた。

 日野氏「古代と雪は昔は昔はあんなに目が大きくなかった。あとあの服じゃ仕事しにくいと思う。」

 自分「宇宙戦艦ヤマトは内容的に十分いけるので、別に女性キャラクターをあんなにエロくしなくてもいいのにねえ。」

 日野氏「いや新しいファンを増やすには必要でしょう。」

われわれの世代は宇宙戦艦ヤマトが脳に摺り込まれているからねぇ、酒がおいしい。

日野氏と2人で呑むのは気がつけば2009年9月以来。東北地方太平洋沖地震直後に氏が1年海外で研究生活をした時の話を聞いたり、昨今の SNS 事情の話をしたり。あとは、氏の人柄かいろいろな組織の代表的な役をされていてそれにまつわる話とか。

今日入ったお店は自由が丘駅近くの金田。結構有名なお店らしくて、カウンターに座った隣りオジチャンが「この間(雑誌の何かのランキングで)東京の西の No.1 になってたんだよ」とか嬉しそうに教えてくれた。

今度駒澤大学遊びに行きたいのでよろしくお願いします。

[ 日比谷高校 ][ 35R ]

[ 12月11日全て ]

2014年3月11日 (火)

東北地方太平洋沖地震から3年

一発目は呑気な Tweet してた。

その日の Tweet徒歩帰宅の日記は自分にとっての貴重な記録。こうしてみると日々のつぶやきや日記も大切だなあと改めて思う。あとその時は不謹慎かもしれないけれども残る形で写真ももっと撮っておきたい。


[ 東日本大震災 ]

[ 3月11日全て ]

2014年3月20日 (木)

終電近くに山手線運転見合わせだったので徒歩帰宅訓練

飲み会から緊急対応でオフィスに戻って一仕事した後、そろそろ終電ということで帰ろうかと思ったら人身事故山手線が止まっているとの情報。運転再開がちょっと先になりそうなので、歩いて帰ることにした。

東北地方太平洋沖地震の時は徒歩帰宅したけれど、今の職場からは一度も歩いていいないので徒歩帰宅訓練をかねて一度歩いて帰ってみようと思っていたのでいいチャンス。あと4月上旬に歩く会もあるし。

24:25

渋谷駅で一度改札に入ってトイレを済ませた後、南口を出発。

途中止んでいた小雨がポツポツときてヤバさを感じたが結局家までほぼ降ったら済んだ。雨降っていたらキツい。

24:49

恵比寿駅前。もう山手線が動き始めている模様。しかし止める訳にはいかない。

この後暑くなってきてダウンジャケットを脱ぐ。傘とダウンジャケット(エコバッグに入れた)を持つと片手塞がるので不便。やはり両手は空けておきたい。

途中走っている山手線を見るとガラガラだった。もっと混雑していると予想したんだけれどね。渋谷駅から最初の2駅までは長く感じた。2駅歩くとペースがわかってきて楽になる。

26:13

帰宅! 1時間25分ほど。

Google マップで経路で出た基本線路沿いの道を歩いていたんだけれど、比較的暗くコンビニなどもあまりないので災害時にはもう少し大通りの方がいいかなあという印象。大通りがどれだけ人が多いかにもよるのだけれども。

あと途中トイレがなかった。飲み会の後でお腹的にも気持ちゴロゴロしそうな感じもあったのでトイレが確保されていないの厳しい。やはりマイトイレマップが必要(災害時約に立たないかもしれないけど)。

途中ちょっと水分欲しかったけど今日はとりあえずそのまま歩いた。水も必要。

スマートフォンのバッテリはたしか60%ぐらいの状況で出発して、家につく直前に切れた。My Tracks をインストールして経路をトラッキングしてみたんだけれど、やはり GPS オンにしつつこまめに使っていると結構バッテリ減るなあ。予備バッテリあるとはいえ、本番の際は GPS ロガーは使わない方が良いな。

夜だと結構方向感覚が鈍るので地図が手放せないし。

あと結構黙々と歩くので、写真撮ろうかなと思いつつもついい億劫がって撮らない。片手のみというのもあるけど。

あとあと、東北地方太平洋沖地震徒歩帰宅した時も Twitter でやりとりがあるのは救いだった。今日も緊急対応の流れで LINE グループが活発だったので気がまぎれた。これもポイントだな。

教訓

  • 歩くと暑い。
  • 雨降ると厳しいのでカッパ常備してあった方がいい。
  • 普段両手が使えるような装備にする。
  • バッテリはやはり予備が必要。
  • 水も必要。
  • もう少し明るい道もチェックしておく。
  • トイレもチェックしておく。
  • ソーシャルメディアコミュニケーションツールでのコミュニケーションもバランスよく使う。
[ 3月20日全て ]

2014年4月6日 (日)

Twitter を使い始めて7年

2007年4月6日に Twitter のアカウントを作ったので今日で丸7年。ちなみに mixi2004年11月19日に登録したので、9年5カ月弱ぐらい。Facebook2008年5月24日の登録なので、5年11カ月弱ぐらい。

なんだかんだいってもライフログ的に書き込んでおくには Twitter が一番便利。アーカイブしやすいし。フィードバックをもらえるという点では mixiFacebook の方が自分の場合上。

現時点では Twitter クライアントは

を使っている。去年言っていたプライベート的なログは今は Day One。結構気に入っているのでこれのために Linux から OS X に変えたいなあと思うぐらい。

ぼっちつぶやきとしては Emacs + Org Capture (記事) はまだ howm の C-c , c ほど手に馴染んでいないのでなんともいえないけれども慣れたら結構いけるんじゃないかな。ただこちらは永続的に残しておくというよりは後で記事にまとめるためのキャプチャ用という感じ。

[ 4月6日全て ]

2014年11月29日 (土)

スマートフォンケースに LED フラッシュライトバンナイズ紐で装着

naney:15880164476

昨日バンナイズ渋谷店に行ってバンナイズ紐を買ってきたので、スマートフォンを身につけておくのに使っているプチ301プラス/バックル(記事)に巻いて、 LED フラッシュライトをいい感じに付けておけるようにしてみた。

東北地方太平洋沖地震以来、何かあった時用も考えて LED フラッシュライトEDC している。今はキーリングに鍵と一緒に 1AAA (単4形1本)の LED フラッシュライト Fenix E05 をポケットに入れている。E05 は普段使いとして使い勝手が良くて割とそれで間に合ってしまうこともあって、もう1クラス上の 1AA (単3形1本の) NiteCore EZ AA (NEW)(記事) の出番がなくてガジェット使い的にちょっと寂しい。かといって E05 の代わりに EZ AA をポケットに入れておくのはサイズ的にちょっと大きいんだよね。

ということでスマートフォンケースに一緒にしておこうと思ったのだけれど今使っているバンナイズ プチ301プラス/バックルだとスマートフォンと一緒に入れておくのは容量的にちょっと無理っぽい。*1

もうひとまわり大きいバッグがあればいいかなとも思うのだけれど、「バックルタイプ」「ベルクロは好みではないので使われていない」という条件だとバンナイズだと結局今使っているものしか無さそう。ということでバンナイズ紐で外側に固定しておくことにした。

バンナイズ渋谷店でバンナイズ紐(ブラック) 2.5m とストッパー5個のセットを買ってきて小一時間いろいろこねくり回してなんとか形になった。

ストッパーで紐を2本ずつまとめながらポケットまわりを巻いていって、フラップのところも巻き上げ、最後にストッパーで固定。結局カットしないで 2.5m 全部ぐるぐる巻いた。紐できつく縛ってしまうとスマートフォンの出し入れがしにくくなるので紐は多少ゆるめに巻く感じで。そのかわりそのままだと LED フラッシュライトがゆるゆるなので、落下しないようにいつも使っている耐荷重 10kg の明和産業のストラップ着脱パーツ T-1BK で紐からぶらさがるようにした。

いい感じ。

*1実は普段使っていない裏側のポケットがあるのを思い出して、そこに入れておけることが後で判明したのだけれど

[ 11月29日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.776359s / load averages: 0.73, 0.69, 0.61
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker