nDiki : アウトライナー

2013年3月23日 (土)

考えを整理したり文章のアウトラインを考えるのに便利な WorkFlowy

WorkFlowyオンラインアウトライナー(outliner、アウトラインプロセッサ)サービス。UI が心地よいのでちょっと考えを整理したりタスクを洗い出したり文章のアウトラインを練ったりするのにいい感じ。オンラインサービスなのでインストール不要でどこでもさっと使える。iOSAndroid 上の Google Chrome からもモバイル版にアクセスして使えるのも良い。

良いところ

  • 項目が「タイトル+本文」とわかれていない形式なので、いちいちタイトルを考えたりしなくて良い(必要ならノートをつけることができる)。
  • ドラッグ&ドロップで項目の順番の入れ替えができる。
  • リストの特定の項目にズームインしてその項目以下のサブリストだけ表示させることができる。特定の箇所に集中して考えたり書いたりすることができる。
  • キーボードショートカットが充実していて操作がスムーズ。
  • 明示的なセーブをしなくても良い。勝手にセーブされる。アンドゥ・リドゥもちゃんとある。
  • 特定のリスト項目以下を書式付きまたはプレーンテキストとしてエクスポートできる(コピーペースト用の表示が出るタイプ)。
  • 項目に permalink があるので、例えば Remember The MilkURL に書いておいて簡単に飛んできて編集したりできる。
  • 項目中の URL は普通にハイパーリンクになるので、関連情報にもリンクしておける。
  • フリーミアムで月500項目までは無料で利用できる。リスト項目を追加する度に利用数を消費していくけれど、項目を消すと利用数が戻るので考えをまとめて書き出すための一時的なスペースとしては500項目でも十分かもしれない。

改良されると嬉しいところ

  • Android 版の公式ネイティブアプリが欲しい。Web 版だとネットワークが不安的な時に使うのがためらわれる。あと Web 版だとエクスポートができないので、PC 側での作業となる。

求めていたアウトライナーの姿

PC と Android の両方で共用できるアウトライナーを探していたんだけれど、いいのが無かったんだよね。マインドマップが流行ってしまったせいかアイデアプロセッサはそっちへ流れていってしまったのだろうか。マインドマップもいいんだけれど、あれは画面が広くないと不便だし文章のアウトラインを考えるのに向いてない。あとマインドマップが数枚になったところで、すぐにマップの管理が面倒になってくるんだよねぇ。

それからアウトライナーの多くはタスク管理ツールを指向しているものが多くて、思考の整理であったり文書を書くのに便利なのってほとんど見当たらなかったんだよね。最近は Google Tasks + (Android 上で) GTasks を使ってみていたんだけれどやはりタスク管理的な雰囲気になっちゃうんだよね。その点 WorkFlowy はまさに求めている感じだった。チェックボックスが頭につかないし期日とかそういう余計なものもなくて、ほんとに考えをまとめたり文書を書いたりするのに良い感じ。特定の項目にズームインするとその項目名が記事タイトルみたいに大きめのボールドフォントになるとかも文書を書いている雰囲気が出て良い。この記事もほぼ WorkFlowy で書いた。こんなのが欲しかったんだよね。ちょっと使いこんでみようと思う。

次のリンクから登録すると通常の2倍のスペースが使えますので興味があればどうぞ。

  • https://workflowy.com/ (このリンク先から登録すると通常の2倍のスペースが使えます。)
スポンサード リンク
[ 3月23日全て ]

2013年3月25日 (月)

アウトライナー WorkFlowy 継続評価中

箇条書きで書き出していくのにとてもいい感じ。普通のリッチテキストエディタではできない、サブリストまるごとの移動とかインデント/アウトデントとかはやはりアウトライナーならではの操作感。

ささっと書けるので、フリーの月500項目というのは案外少ないものだな。サクサクっと使っているとあっという間に1日200以上項目入力していたりする。UI 的にも心地よいので WorkFlowy Pro を買ってもいいんだけれど、値段的にもう少しプラスαの特典が欲しいなと思うところ。

ただ機能がシンプルにうまくデザインされているのすごくいいんだけれど、お金を払う相手という意味での情報もシンプルすぎてちょっと躊躇するところはある。企業情報とかヘルプ・サポート系がもうちょっと充実していると本気度が感じられて、サービスの継続性について少しでも安心する(あるいは騙される)のだけれども。WorkFlowy Blog を見る限り継続して新機能の追加などの開発はされているのでまだまだ大丈夫だとは思うが、バイアウトをゴールとしてたりしないよね。

機能的な話だと、毎日届くデイリーサマリーメールというのが新鮮でかつなかなかいいかも。変更したリストがメールになって送られてくるので、書いたメモとかアイデアをもう一度見返す機会が1度増えて、また次のアイデアにつながりそうな気がする。

  • https://workflowy.com/
    • このリンク先から登録すると通常の2倍のスペースが使えます。
[ 3月25日全て ]

2013年3月26日 (火)

オンラインアウトライナー WorkFlowy Pro (有料)にした

オンラインアウトライナー(outliner、アウトラインプロセッサ)サービスの WorkFlowy、しばらく使ってみたところなかなか良かったので有料の WorkFlowy Pro にした。有料版の違いは、

  • 項目数の制限が無くなる。無料版は月500項目までなんだけれど使い始めるとあっという間に無くなるので、制限が無くなるのは心理的なブレーキが無くなるので大きい。
  • 特定の WorkFlowy アカウントとだけリストを共有できる。他に使っている人がいる場合は便利。共有したリストの項目数のカウントはオーナー側につくので、無料アカウントの人も有料アカウントからリストを共有してもらえればガンガン項目追加できたりする。
  • Dropbox への1日1回のバックアップ。結構地味に効く。プレーンテキスト形式と JSON 形式で各世代のものが保存される。間違えて消してしまったり、やはり消さなければ良かったというのにも後でアクセスできるのが安心感がある。workflowy.com が落ちたとしても、バックアップ時点までのは参照できるし。なお WorkFlowy からは「アプリ/WorkFlowy/」ディレクトリ以下の読み書き権限だけを要求するので、Dropbox の他のデータまでアクセスされてしまうのは嫌という懸念も発生しないので良い。
  • テーマ設定とフォント設定の自由度アップ。

といったところ。

いろいろなアイデアノートが貯まってきた時に、タグや検索を駆使してリストの再整理をしていくと、いろいろ気付きがありそうで楽しみ。

  • https://workflowy.com/
    • このリンク先から登録すると通常の2倍のスペースが使えます。
[ 3月26日全て ]

2013年11月23日 (土)

Remember The Milk から Google Tasks に移行した

2007年10月4日に登録して以来、時折別のツールに浮気したりしたけれどもタスク管理ツールは Remember The Milk を中心に使ってきていた。直近だと2011年12月に一度 Toodledo に乗り換えたんだけれど、結局5カ月ぐらいで Remember The Milk戻ってきたという経緯がある。なのでまた戻るかもしれないけれど、今回は Google Tasks に浮気してみることにした。 なんでかというと、まあ例によって「サブタスクが」というアレである。あとユーザーが好きな順序にタスクを並べられるところ。

Google Tasks

Google TasksWorkFlowy のようなアウトライナー(アウトラインプロセッサ)的にサクサク階層化・並べ替え・移動ができるので、やりたいことのブレークダウンをどんどんできるのが良い。

ただ Web 版だけだと

  • スマートリスト(検索条件の保存)がない。
  • リピート機能がない。
  • 特定のタスク以下だけをズームインする機能や、特定のタスク以下を畳むといった機能がない。

などの点で機能不足。ということでスマートフォンでタスク確認する時のアプリの力を借りることにした。

Android 端末では GTasks

リピート機能が比較的充実しているし、リピート設定したタスクを Web 側で完了にしても、同期した時点で次のリピートタスクを設定してくれるのが良い。

iOS 端末では GoTasks

リピート機能は Android アプリの GTasks に敵わないので、GoTasks では使わない。

GoTasks の良いところは UI で、特定タスクのズームや折り畳みができたり、挿入や移動がしやすく心地よい。 あとできればタスクリストは作業中は表示しっぱなしにしたいのだけれど、iPod touch + GoTasks ならそれほど電池を気にしないで表示しておける。

ということでタスクを実行していく時には主に GoTasks を見ながらやることにしている。

今までも Google Tasks はたまに試してみていたんだけれど、その度に機能が足りなくてやめてしまっていた。しかし昨今はアプリが充実してきて使える環境になってきた感じだ。

しばらくは Google Tasks 一本でやってみる(RTM よ、はよサブタスクとユーザー指定順のタスク並べ替えを)。


[ Android アプリレビュー ]

[ 11月23日全て ]

2013年12月31日 (火)

2013年日記まとめ

mixi日記2013年の月毎のふりかえりを書いている人がいていいなあと思ったので日記まとめという形で今年の1年をふりかえり

1月 再び毎日日記を書こう

naney:8358153206

再び毎日日記を書こうということで数年前まではほぼ欠かさず1日1記事書いていた Web 日記を毎日書くことにした。結果継続成功! 来年も続ける。

正月休みは3年ぶりに IKEA行って、ダイニングテーブルを新調。ちょっと高さが高いかなという声もあるけれど結構満足している。IKEA は11月にも行って今年2度。

仕事始めは氷川神社への初詣からスタート。今年は本厄だからというわけではないけれど厄除け含めて結構ちょくちょく神社へ行った感じがする。なんか落ち着くんだよね。

1月には久しぶりに東京タワー上った。昔ながらの土産店も健在だったので嬉しい。来年はまだ行っていないスカイツリーに行きたい。

2月 20年の時を経てソバアレルギー無罪判決

naney:8457649052

20年の時を経てソバアレルギー無罪判決ソバアレルギーだと思ってずっと生きてきたのだけれど実は違ったことが判明! 残りの人生で蕎麦を食べられるようになった。でも今年数回しか食べてないな。ずっと食べてこなかったから口が欲しがらないというのもあるんだよね。来年はおいしい蕎麦を食べてみたい。

それから仕事で使うキーボードHappy Hacking Keyboard Lite から ThinkPad USB トラックポイントキーボード(英語)に交換。打鍵のストレスが減ったので良かった。今年はワイヤレス版が出でるのでずっと欲しいと思っているのだけれどちと高いんだよね。50%オフになるのをずっと待っている(40%オフまではセールになることがある)。

2月にはチームに優秀なエンジニアが join。ハイパフォーマー。

3月 煙霧

naney:8545735187

税務署で初めて確定申告。3月10日には大騒ぎになった煙霧。東京生活長いけれどこんなの初めて。

あと3月末にはサントリーホールオープンハウスへ。なかなか上がる機会のないステージに上がった。年に1回あるので来年もぜひ。

年末から取り入れていたポモドーロテクニックは3月中旬に止めることにした。学ぶことはあったけれども、自分のワークスタイルには合わなかった。

Android日本語入力は3月に ATOK から Google 日本語入力変えた。入力補正が秀逸でとても捗る。iPod touch 5th を8月に買ったんだけれど、やっぱり日本語入力環境は圧倒的に Android の方が上。

ツールといえば WorkFlowy というオンラインアウトライナーサービスを使い始めた。その後ずっと使っていて、今年出会った当たりサービス。お薦め。

3月29日には PerlCasual に参加。今年行った勉強会系は YAPC::Asia Tokyo 2013 以外だと

あたり。

4月 宇宙戦艦ヤマト2199テレビ放送開始

naney:8688132001

4月6日で Twitter使い始めて6年。一番気楽。ただフィードバックは mixi > Facebook > Twitter > Google+ な印象。 アイコンを近影に変更した

4月7日(日)から宇宙戦艦ヤマト2199のテレビ放送が開始。週末の楽しみとなった。やっぱり宇宙戦艦ヤマトいいわー。来年はオリジナルの宇宙戦艦ヤマトDVD レンタルして全話観るぞ。

4月16日にはミクシィ3年目突入

レジャー的にはゴールデンウィーク国立科学博物館附属自然教育園へ。穴場スポット。新緑の季節にまた行きたい。

5月 フレッツ光へ

naney:8708789759

ゴールデンウィーク風邪をひいてしまったのでパズドラとケリ姫スイーツをやり始めた。これがきっかけで今年はスマートフォンゲームアプリをちょこちょこやるように。長続きしているのはチェインクロニクルモンスターストライクチェインクロニクルはストーリーと世界観がしっかりしていてロールプレイングゲームらしいゲームで非常に良くできている。モンスターストライクはマルチプレイができる点が新しくまだまだ伸びそう。

5月4日には国立科学博物館。1回じゃ全然みきれない。何度もリピートする必要あり。

自宅ネットワーク的にはようやくフレッツ・ADSL からフレッツ光へ変更。ワイヤレスブロードバントルータも10年以上ぶりに新しいものにかえて YouTube がストレスなく快適に見られるようになった。素敵。

新調と言えば今年は NEX-5N 用としてEマウント用広角パンケーキレンズ E 20mm F2.8 SEL20F28買った。今年買ったレンズはこれ1本。NEX-5N につけると気軽に持ち出せるようになるので、結構重宝している。手ブレ補正まで入っていれば夜も持ち出せるんだけどね。

6月 15年ぶりの東京ディズニーランド

naney:8987108074

15年ぶり東京ディズニーランド健歩大会さまさま。トムソーヤ島が探検ぽくて意外と面白かった。来年はディズニーシーへ行くぞ。

久しぶりに献血をしようと思ったところなんと貧血で見送り。以前からではあるけれども、秋の健康診断でも「貧血疑 要経過観察」となっていたので引き続き注意。あとなんと「左腎結石(症) 要経過観察」という診断結果もセットで出たのでより健康には注意しなくちゃ。

あと生活的にはXperia Aスマートフォンデビューしたというのが大きな変化。spモードメールにかえて LINE で連絡を取るようになったり Google カレンダーの共有を果たしたりといろいろ便利になった(自分的に)。

7月 隅田川花火大会大波乱

naney:9281038482

Haskellやりかけたけどすぐ飽きた。

「おさわり探偵 なめこ栽培キット」を始めたのも7月。最近は起動するとたいがい枯れてる。

7月中旬にはコンタクトセンター・アワード 2013 全申請発表会を見に。ビューティフル・ドリーマーの話が印象に残っている。

7月のお祭は、桜新道盆踊り大会。今年初めて行ってきた。あとは行かなかったけれど今年の隅田川花火大会土砂降りで大波乱だったねー。

8月 iPod touch 5th 購入

naney:9426414843

8月中旬からチームにインターンやってきた。最初にさわったのが Windows XP という。想像以上に飲み込みがはやく優秀だった。青春の夏休みに我々のインターンシップを選んでくれてありがとう!

8月のお祭りは天祖・諏訪神社巡行だけじゃなくて夜のお参りも済ませた。今年はちょっとずついろいろやれることが増えてきたなー。あと大井どんたく例年通り

iPod touch 5th を買ったのも8月。iOS アプリをいろいろ試せるようになったのは収穫(iPad 2 しか持っていなかったので)。Android 端末より電池がよくもつのでサブ機としていいんじゃないかな。チェインクロニクル始めたのは iPod touch 5th を買ったせい。今は iPad 2 と2台でやっている。

ネットサービスとしては TeamGantt を使い始めたのだけれど、使い勝手はまずまずなのだけれどフルに使うわけでもなかったので解約。もうちょっと安ければ維持してもとは思ったんだけれども。

月末には初めてららぽーと豊洲へ行った。「らーらぽーと」のサウンドロゴは昔の音程の高いのが好き。

9月 よこはまコスモワールド

naney:9754213855

iPod touch で QWERTY 配列だと小さくて厳しいのでフリック入力練習し始めるも習得ならず。今も QWERTY。

9月の外出はよこはまコスモワールド。ファミリー・バナナ・コースターライド

あと YAPC::Asia Tokyo 2013 は例年通り参加。

10月 大井競馬場

naney:10268741013

雨で行きそびれていた東京シティ競馬のトゥインクルレースをようやく見に行けた。すごくロマンチックで興奮した。

それと10月はキャッシュカード・クレジットカード暗証番号一斉変更。 IC チップ付きのカードの暗証番号変更は要返却というの結構ネック。

11月 Remember The Milk から Google Tasks

naney:10643286184

ネルフからエンジニアが配属された。今年は CS 開発はエンジニア2増1減。来年もさらにチーム力を高めて一丸となって CS 向上に取り組んでいきたい。

アイテム的には今年後半バンナイズに注目。301プラスはスマートフォンを持ち歩くのにばっちりで重宝している。

個人的にはタスク管理ツールを Remember The Milk から Google Tasks変更したのも大きな出来事。やはりサブタスクが使えるとブレークダウンするのに便利。Remember The Milk がサブタスクをサポートしないかなあ。

レジャー的には久しぶりのプラネタリウム五反田文化センタープラネタリウム星空投影を鑑賞。リーズナブルなのが嬉しい。

12月 喜正を呑む

naney:11235583524 この Web 日記(nDiki) を Bootstrap 3 ベースに変更。スマートフォンでも見やすくなったし更新するモチベーションもアップ。

自分の名前と同じ綴りの酒をついに買って呑んだ。マジめでたいので正月にも呑もう。

今年のイルミネーション鑑賞は目黒川で。夜桜を楽しんだ

ツールとしては pandoc に出会ったMarkdown で書いえ reveal.jsプレゼンテーションHTML5 ファイル生成できる。発表系はしばらくこれを使いたい。

まとめのまとめ

年末にざざっとまとめをすると、どうしても行ったところとかまとめやすいのに偏るね。あと後半力尽き気味。(HootSuite + IFTTT の話題のような)数カ月に渡るものや、じっくり考え直す系のものは取り上げそびれた。

あとまとめていると「やはり書いていないことはふりかえり対象にもあがってこず記憶から薄れていく/消されていく」という背筋の寒さを感じる。プライベートや仕事での出来事や思いなど、Web 日記には載せないことをどう書き留めていくか最近考えている。今年は Web 日記継続の習慣が復活できたので、来年はそちらにも力を入れたいな。

なにはともあれ今年一年も良い年でした。ありがとうございました。

[ 12月31日全て ]

2014年3月7日 (金)

無料版でも十分な最強アウトライナー WorkFlowy: Pro をキャンセル

rimage:http://www.naney.org/nDiki/2014/03/07/workflowy_logo_large.png

去年の3月に使い始めた オンラインアウトライナー(アウトラインプロセッサー) WorkFlowy が使い心地が良かったので、その3日後には有料プランの WorkFlowy Pro を契約して使っている。

今まで使ったアウトライナーやリッチテキストエディタなどの中で、箇条書きの編集インタフェースWorkFlowy が格段に使いやすかった。順番やレベルの変更がしやすく、箇条書きマインドマップツール的にも使える(箇条書きなので、データとして使い回しやすいのでグラフィカルなマインドマップツールよりむしろ便利)。

今後も継続して使っていくつもりだけれど、1年使ってみて自分の使い方だとフリー版で十分だということがわかった(有料版特有の機能)。

  • 利用頻度は週に何回か。ほとんどは一時的なノートや思考用なのでそれほどリスト項目数を消費していない。
    • アイデアプロセッサ的に使ったリストは、適宜整理して別途共有資料にしたりタスク管理ツール(Toodledo など)に移して消す。
    • ノートとして使ったリストもストックする必要があるものは整理して WikiEvernote などに移す。プロジェクトなどの継続的なもののノートはしばらく WorkFlowy 上に残留するけどそう多くない。
  • WorkFlowy Pro にしたメインアカウントから、別のサブアカウントに共有をかけて用途別に使っている(Evernote などもそうしている)のだけれど、頻度的に分けるほどでもなかった。
  • WorkFlowy Pro だと Dropbox に自動バックアップしてくれる安心感があるのだけれど、無いと困る状況にはならなかった。サービスダウンにもほとんど遭遇していない。フリー版にもあるデイリーの差分メールだけ取っておけば最悪なんとかなりそう。

ということで引き続き年 $49 払うほどでもないなと。なので自動更新がかかる前に WorkFlowy Pro キャンセルをした。期間終了まではきちんと Pro 版の機能は使える。

容量は招待登録でもらえるボーナスの範囲で十分いける感じ。 今後有料版に魅力的な機能が増えた時にアップグレードをまた検討することにしよう。

  • https://workflowy.com/
    • このリンク先から登録すると通常の2倍のスペースが使えます。

(画像は https://workflowy.com/ より)

[ 3月7日全て ]

2014年9月5日 (金)

Toodledo Gold にアップグレードしてアウトラインを活用する

8月中旬に「WorkFlowy + Toodledo で問題解決とタスク管理をカバーできるか?」なんて思ってやってみたのだけれど、やっぱりというか「WorkFlowyToodledo の双方にプロジェクト/タスクを書いて permalink で相互リンクさせて、completed かどうかも手で両方でチェックつけていく」の面倒臭すぎだった。WorkFlowy 側はタグで検索できるとはいえ、上から順番にレビューしていくのに向いていない。

実は Toodledo にもアウトライナーがついていて、でも使い勝手は WorkFlowy に比べると数段落ちるしそもそも Toodledo のタスクと連携できないからおまけみたいなものだよねーと思っていたのだけれど、見直したらタスクにアウトラインをアタッチできるんだねー。ただし Toodledo Gold 以上だけだった。どうりで見落していたわけだ。この機能が使えるとタスクからアウトラインへのリンクは一発で済むのでかなり楽になりそう(アウトラインの項目をタスクにできれば最高なんだけれどそれは無理)。

イケているというほどではないアウトライナーのためにグレードアップするのはどうかなーとも思ったけれど、まあ1アウトラインでの100項目制限も無くなるので活用はしやすくなるかな。

あと別件でタスクのノートをもうちょと永続的に残して活用したいなと思っていたので、まあそういう点でも Gold にしてみてもいいかな(Silver は2年・Gold は永久)。

ということで Toodledo Silver から Toodledo Gold にアップグレード。支払いは今年の1月 Silver にした今の1年のサブスクリプションの残期間分について差額で $9.08。

[ 9月5日全て ]

2014年9月7日 (日)

旅行日程立てるのに WorkFlowy が便利

rimage:http://www.naney.org/nDiki/2014/03/07/workflowy_logo_large.png

今度の旅行旅行日程を昨日と今日で作成。交通機関や観光スポットの Web サイト時刻表やら何やらをチェックし、その URLメモしつつ回る順番や時刻をこねくり回すのにアウトライナーWorkFlowy が重宝した。

順番の入れ替えも簡単だし、流れを見る時は各リストを畳んで見渡せるし、いろいろ検討するのに良い。

そのまま旅のしおりとして当日スマートフォンからも WorkFlowy を参照できるのだけれど、小さい画面だと深い階層のリストは操作しずらいので、日別に HTML エクスポートして Evernote にコピーしておいたりプリントアウトしたりしておくのが良さそげ。

  • https://workflowy.com/
    • このリンク先から登録すると通常の2倍のスペースが使えます。

(画像は https://workflowy.com/ より)

[ 9月7日全て ]

2015年1月15日 (木)

Toodledo の Outline はやめて WorkFlowy に戻ってきた

rimage:http://www.naney.org/nDiki/2014/03/07/workflowy_logo_large.png

去年9月に Toodledo の Outline (アウトライナー)を活用できないか試しはじめたのだけれど、

  • やはり操作性が良くない。
  • UI 的にもたくさんのアウトラインを溜め込むのに向かなさそう。
  • ということでタスクへのアタッチもほとんどしていない。

ということでイマイチだった。やはりアウトライナーWorkFlowy の方が圧倒的に良くて考え事が捗るね。ということでまた WorkFlowy に戻ってきた。

  • https://workflowy.com/
    • このリンク先から登録すると通常の2倍のスペースが使えます。

(画像は https://workflowy.com/ より)

[ 1月15日全て ]

2016年1月7日 (木)

OmniOutliner 4 購入

きちんと構造を考えながら文章を書いたり思考・発想支援に使ったりするために Mac (OS X) 用のアウトライナー「OmniOutliner 4」を購入しました。

普段文章はエディタでだだっと書いてしまっているのですが、やはりきちんとアウトラインから書いていった方がきちんとしたものを楽に書けるなと。また自分の思考パターン的には「数語のノードがつながったマインドマップ」より「文でマルチレベルの箇条書き」の方がどうやら合っているようで、そういう意味でもきちんとしたアウトライナーを導入したいなと考えました。

アウトライナーが必要な時は WorkFlowy を使っていたのですが

  • 箇条書きでのエクスポートになるので文書作成に使った場合に後処理が面倒。
  • 単一のアウトラインしか無く、終わったものを WorkFlowy 上でアーカイブ扱いにできない。

という点が不便だったので、この点を考慮して良さそうなアプリケーションを探してみました。

いくつか Mac (OS X) 向けアウトライナーを比較してみましたやはり定番の OmniOutliner 4 (4.4.1)が断トツに使いやすかったのでこれに決定です。

49.99 USD、PayPal 決済で本日 6,093円でした。ちなみに Mac App Store で購入だと 6,000円です。

OmniOutliner の良いところ

  • アウトラインはファイル単位での管理となるが Spotlight で検索できるのできちんと探すことができそう。
  • フォーカス(ズーム)機能がある。
  • 「テキストの読み込みと書き出し」設定で箇条書き記号などを全部空にしレベルごとのスペースを 0 にすることで、文章原稿として使いやすい形で書き出せる。OmniOutliner 上でコピーしてテキストエディタでペーストする場合もこの設定が反映されるのでちょっとした下書きにも使いやすい。ただし固定幅 (fixed width) で折り返されないようにできると嬉しい。
  • OPML ファイルを開いて編集し、OPML でそのまま保存する運用もできる。OmniOutliner が入っていると Spotlight でも OPML ファイルを内容までみて検索できる(OmniOutliner 3 形式のように Spotlight 検索結果でプレビューまではできないけれど)。

OmniOutliner と他の Mac 向けアウトライナーの軽い比較

OmniOutliner 4 を導入するにあたって他の Mac (OS X) 向けのアウトライナーアプリも試用してみました。やはり使いやすさにおいて OmniOutliner が断トツですね。結構日本語入力と相性が悪いものが多かったです。

Tree 2.0.3

横にあるツリー表示機能が特徴のアウトライナーです。リスト表示においてはシンプルなアウトライナー。フォーカス/ズーム機能はありません。発想支援には良さそうですが、文章作成にはちょっと物足りなさそう。

Cloud Outliner Lite 1.6

日本語確定と同時に新しい行が作られてしまうので不便でした。操作性も OmniOutliner より圧倒的に悪いです。

OutlineEdit 1.5T

日本語がうまく入力できませんでした。スカスカな感じで画面内で見通せる量が少ない印象です。

[ 1月7日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.056775s / load averages: 0.21, 0.30, 0.27
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker