nDiki : コミュニティサイト

2013年10月18日 (金)

サイバー犯罪防止シンポジウム in Yokohama 2013

naney:10346338563

横浜市開港記念開館にて神奈川県警察・横浜市主催「サイバー犯罪防止シンポジウム」が開催された。SNS (コミュニティサイト) の健全化推進に携わっているけれども、なかなか警察・行政における取り組みや温度感といったものを知る機会は多くないので良い機会だと参加してきた。

パンフレットには対象として「子どもから大人までのインターネット利用者、サイバー犯罪等に関心のある方」とあったけれど実際のところ、全員大人だったかな。実際に防犯にあたっている補導員や教育関係者が多数を占めていたのではないかと推測。企業人もあまりいなかったんじゃないかなあ。参加者数的には席がけっこう埋まった感じだった。

会場運営されていた方も警察の方なのかな、プロジェクタを設置したり・水指しをもってきたいする動きなんかも警護する人的な所作で、やっぱり違うんだなあというのが印象的であった。

基調講演

「サイバー犯罪の情勢や被害防止に向けた取組について」

目下 SNS における関心事である青少年が巻き込まれてしまう犯罪や詐欺などはサイバー犯罪の中の「ネットワーク利用犯罪」と呼ばれる部類にあたる。 コミュニティサイト起因犯罪は企業努力で減少させてきているなどについてグラフを混じえながら説明されていた。

ここ最近はネットサービス上で接触した青少年と実際に会って指導するというサイバー補導も行われているとのこと。

また学生ボランティアによる児童に対する啓蒙活動の紹介もあった。SNS の健全化においてはボランティアに力を貸していただくのがいいのかもしれない。

パネルディスカッション

「安全・安心で責任あるサイバー市民社会の実現に向けて」

  • NPO情報セキュリティフォーラム 事務局長 植田威氏
  • 慶應義塾大学 総合政策学部 教授 四方光氏
  • 株式会社ミクシィ CS推進室健全化推進グループ 森本周平氏
  • かながわ中央消費生活センター 消費生活専門相談員 大岡智子氏
  • 神奈川県少年補導員連絡協議会 サイバー委員長 竹仲密昭氏
  • 神奈川県警察サイバー犯罪対策課 課長 伊 藤守氏
  • 文教大学情報学部 岡田紘季氏
  • 慶應義塾大学総合政策学部 井谷陽祐氏

前半はディスカッションというよりはそれぞれのポジションから伝えたい事を発表するというパネリストが多かった。 ミクシィにおける健全化への取り組み、消費生活センターでのサイバー犯罪(とそれ以外の)事例、少年補導員連絡協議会の取り組み、神奈川県警察サイバー犯罪対策課の65名体制について、また大学生による啓蒙ボランティア活動などの紹介があった。

ワンクリック詐欺については今は99,800円が指定金額のトレンドで、時代とともに変わっているという話はへーという感じ。

学生2方がよく考え整理して話をされているのを感心しながら聞きつつ、年齢を重ねるとどうしても自分の立ち位置からの視野・考えになりがちなので注意しないとなと思ったり。

ミクシィの森本が自動車産業の発展と安全・安心への取り組みの成熟化までの道のりと、ネットサービスの今後を重ね合わせた話はすっとイメージしやすかった。他のパネリストもよく引用されていたので一つの軸になったんじゃないだろうか。

警察・行政の姿勢がかいまみれて、そういう意味でいいシンポジウムだった。

スポンサード リンク

今日のさえずり: 赤レンガ倉庫とか丸見え。 (@ 神奈川県庁新庁舎大食堂)

2013年10月18日

naney:10339409105

  • 07:58 昨日帰りに買ったシャツ、なんか寝間着っぽい。
  • 11:39 外出準備。 (@ 株式会社ミクシィ (mixi, Inc.)) http://4sq.com/1cA1EOs
  • 11:48 #サイバー犯罪防止シンポジウム in Yokohama 2013 に向けて出発。
  • 11:49 途中どこかで腹ごしらえ。
  • 12:47 赤レンガ倉庫とか丸見え。 (@ 神奈川県庁新庁舎大食堂) http://4sq.com/17xaCrv
  • 13:00 ヨコハマー。 http://flic.kr/p/gKEb7e
  • 13:17 #サイバー犯罪防止シンポジウム in Yokohama 2013 会場到着。
  • 13:25 #サイバー犯罪防止シンポジウム in Yokohama 2013 (@ 横浜市開港記念会館 w/ 2 others) http://4sq.com/1fH9iu5
  • 13:29 結構席埋まってる。スーツの方中心。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 13:43 「ネットワーク利用犯罪」サイバー犯罪の1つ。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 13:44 青少年関連はこれ。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 13:48 コミュニティサイト起因犯罪は企業努力で減少させている。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 13:53 hta ってまだ健在なのか。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 13:59 サイバー補導。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 14:33 ボランティアはうまく巻き込めるといいのかもしれない。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 14:42 @py0n 通報のモチベーションがあがるようにすればいいのかもしれないですね。
  • 14:53 株式会社ミクシィ森本よりコミュニティサイトにおける健全化推進の取り組みについて。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 14:55 親はクレジットカードを子供に抜かれないようにしないとね。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 14:59 65名体制。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 15:01 認知数がとれないのは企業側も同様です。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 15:03 隠語辞書は共有したいですね。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 15:05 小学生慶應義塾大学の人がくると喜びます(実話)。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 15:17 2歳なら結構できる。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 15:19 99800円か。検索してみよう。 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 15:32 ディスカッションが聞きたいな。
  • 15:46 「実名で SNS で怖い思いをして匿名にした。」 #サイバー犯罪防止シンポジウム
  • 15:52 学生の方が一番良く考えていてよく整理できている。
  • 16:18 I'm at 神奈川県庁 新庁舎 http://4sq.com/1at7i1p
  • 21:21 そういえば「テクターって何だ?」と思って検索したら余計わからなくなった。文脈的には「専門用語」っぽいのだが。ハッ、テクニカルタームを略した?
  • 22:59 RT @trademark_bot: [商願2013-73316] 商標:ギャフン / 出願人:住友化学園芸株式会社 / 出願日:2013年9月6日 / 区分:5(剤)
  • 22:59 RT @trademark_bot: [商願2013-73317] 商標:クンナー / 出願人:住友化学園芸株式会社 / 出願日:2013年9月6日 / 区分:5(剤)
  • 22:59 RT @trademark_bot: [商願2013-73318] 商標:ズドドーン / 出願人:住友化学園芸株式会社 / 出願日:2013年9月6日 / 区分:5(剤)
[ 10月18日全て ]

2013年11月12日 (火)

食べログという SNS と Revolver というソーシャルネットワークプラットフォームと

今日は SNS 系2サービス登録。

食べログ

食べログは飲み会などの時に「ここです」的 URL を連絡としてもらうことはあるのだけれど、食べログコミュニティがあったりと SNS 的要素もあるので、どんなことができるのか登録してみた。

価格.comID 取得して、食べログ課員登録して、食べログレビュアー登録してとステップ数は多め。

登録するとお店の口コミだけでなくいろいろ書き込みなどができるようになる。「プロフィールが作れて」「足あとがあって」「日記が書けてコメントがもらえて」「食べログコミュニティがあってトピックがあって返信があって」「メッセージ機能があって」など SNS 的要素がいっぱいあってへーとなった。

ネットスターフィルタリングカテゴリは「大カテゴリ 趣味」「小カテゴリ 食事・グルメ」なんだけれど、立派なコミュニティサイトかな。

レビュー・口コミ系にみえてしっかり SNS 的。

Revolver

ソーシャルネットワークプラットフォーム。簡単にコミュニティを開設できるサービス。とりあえず sandbox 的に1つコミュニティを作ってみた。

1つのコミュニティにメンバーが集まる感じなのであまり SNS っぽくはない(多分)。公開範囲を変えたり招待制にできたりというところで使い勝手が良さそう。BASICプラン(無料)でもいろいろ設定できるし遊べる感じなので割と気軽に使ってもいいかなと。逆に PRO は年10,500円で、月額プランがないのでアップグレードするにはそれなりの本気度がいる。ビジネスのターゲットがもうちょっと本気の人向けなのかもしれない。

アカウントは1つなんだけれど、それぞれのコミュニティに入る時にログインという体になっているのがちょっと新鮮。プラットフォームだからといえばそうであるけど。自分の専用コミュニティ感が出せるのはいいね。

[ 11月12日全て ]

2014年2月28日 (金)

今日のさえずり: 残して!

2014年02月28日

naney:12836554525

[ 2月28日全て ]

2014年5月20日 (火)

今日のさえずり: スマートカジュアルを喪服で乗り切る気運が高まった

2014年05月20日

  • 09:15 あちこちから小学生集団が駅に集結してきている。
  • 13:03コミュニティサイトに起因する児童被害の事犯に係る調査結果について(平成25年下半期)” http://bit.ly/1jPjpd7
  • 17:03 スマートカジュアルを喪服で乗り切る気運が高まった。
  • 17:21 「あきめくら」って言われて、なんか「ときめく」的な響きで心地よかった。
  • 21:44 久しぶりにセロリにマヨネーズかけてバリバリ食べた。幸せだ。
[ 5月20日全て ]

2014年9月18日 (木)

今日のさえずり: 微妙に違う(なにいが正解)

2014年09月18日

naney:15274950782

[ 9月18日全て ]

2014年11月13日 (木)

コミュニティサイトに起因する児童被害の事犯に係る調査結果について (平成26年上半期)

2014年11月13日付けで警察庁の広報資料「コミュニティサイトに起因する児童被害の事犯に係る調査結果について (平成26年上半期)」が発表された。半期毎に発表されているものの最新版である。

以下一部ピックアップ。

「3. 調査結果の特徴」 より

(1) 被疑者と被害児童との連絡方法 ○ メールアドレス等の連絡方法として、サイト内の掲示板等に記載した事犯が約6割を占め、ミニメールに記載した事犯が更に減少している。(5頁・第2-8)

今後はメッセージよりコミュニティ機能への健全化の取り組みにウェイトを置くべきか。

(3) 被害児童のサイト利用状況 中略 ○ プロフィールの詐称状況は、調査を開始した平成22年以降、25年まで1割台から2割台で推移していたが、今期は3割を超えている。(11頁・第3-8)

プロフィール詐称も以前からずっとあるものだけれど、より増えていると。

(4) 被害児童に対する保護者の指導状況等 中略 ○ フィルタリング未加入の被害児童が9割以上を占め、調査を開始した平成22年以降、9割前後の高い割合で推移している。(13頁・第3-11)

「被害児童における」フィルタリング未加入率ということで、青少年の9割が未加入という意味ではないのに注意。フィルタリングという取り組みがうまく回っていないと見るか、逆にフィルタリング加入している人は被害にあっていないと見るべきか。

今日のさえずり: ジャコメッティというと「ジャコメッティツー」となっちゃうんだよねー

2014年11月13日

[ 11月13日全て ]

2015年2月19日 (木)

Developers Summit 2015 1日目

naney:16576337985

今日から Developers Summit 2015 (デブサミ2015)。会場は目黒雅叙園。初めてきたのだけれど、あちらこちらに水が流れていて雅だね。

ビジネス感のある運営のイベントは久しぶりで、最初はちょっと居心地が悪かった。YAPC::Asia Tokyo などのの空気感に慣れすぎたな。セッション各会場は一般参加者はぎゅうぎゅうに並べられた椅子のみなんだ。電源・Wi-Fi はあれば嬉しいなだけれど、さすがに机が無いの残念だった。

年末に事前登録を済ませておいたのだけれどその際はまだ未定のセッションが多く選べない時間があって後でと思っていたら気がついたら開催間近で、満席になっているセッションもあってちょっと失敗した。

B会場 夢扇(エスカレータを上がった2Fの正面の右側の大広間)はNTTドコモ回線の通信が切れやすくちょっとストレス。他の会場は問題なかった。

Growth!エンジニアとサービスと組織が成長するために

だだっと受付を済ませ、カンファレンスバッグと呼ばれるチラシの入った紙袋を受け取って、A会場入場列へ。

基調講演第一部 「名誉職としてのCTOのあり方」川上量生氏 (ドワンゴ)

頭を使って自分で考えよう。一流のエンジニアたれ。

基調講演第二部 「エンジニアのGrowth!」リレーセッション

司会】杉浦正明氏 (ユーザベース)、宮原忍氏 (KADOKAWA)

新卒成長論~ドワンゴの新卒エンジニアが新規サービスを立ち上げるまで~」喜田 一成 @nalgami 氏 (ドワンゴ)

ニコニ立体の話。開発以外に営業も含めていろいろ経験をしていて良いなと思った。いろいろな経験をチームメンバに提供していけるようにしたい。

「プロダクトが完成するまでにいるものいらないもの」簗島亮次氏(インティメート・マージャー)

具体例が少なめな説明だったので、持論の裏打ちがよくわからなかった。

開発者は足を動かそう!~自分本位の開発からヒアリング駆動開発へ~」 長尾俊氏 (ヒトクセ)

実現したいことは何かをきちんと見極めましょうという話。いい発表だった。

表面的に考えるのではなく、きちんと本当にユーザーが解決したいことを掘り下げてソリューションを考えるの大切。

「エンジニア自身や組織・サービスの成長を手助けする黒帯と僕の仕事」筒井俊祐氏 (ヤフー)

途中で黒帯のシャツを重ね着していたプレゼンテーション。回らない3つの歯車は御愛嬌。一般論だったのでぜひ具体的な話を聞きたかった。

技術選択とアーキテクトの役割 山口徹 @zigorou 氏 (ディー・エヌ・エー)

今日1番のセッション。さすがの @zigorou 氏。このセッションを聞けただけで今日来たかいがあったという感じ。豊富な事例をもとに各プロジェクトでどのような選択をなぜどのよな考えでしてきたかというのが具体的に話されていてとても響いた。

以下の言葉が琴線に触れた。

「使ってみたいという選択は素人」 @zigorou

「無いものは自ら作る」「使える物は使う、作るべき物を作る」 @zigorou

「一度得た知識はどんな事に使えるか想像してみよう」「得た知識がどこで使えるかの思考トレーニングは常日頃からやる」「未知の仕組みは原理から学ぶ」 @zigorou

Zendeskによる、Developerコミュニティサイト運営のコツ、教えます 後迫孝氏 (サイボウズ)

コミュニティがトピックであること、Zendesk でコミュニィサイトを運営しているということで聴講。なかなか本題に入らず前置きがちょっと長く感じた。

Zendesk でどう構築したかという部分は無し。280質問というのは280チケットということかな?

「知る解く学ぶ」を提供するということをアピールしていた。商用製品コミュニティサイトということで、対象者は導入企業かパートナー企業の人が中心だろうし、通常のコミュニティサイトよりはいわゆる「(社会的な)コミュニティ」であることにウェイトは置く必要なさそうな印象だ。

一般的には役立つ情報があるだけではコミュニティは弱いと思っている。

システムテスト自動化のアンチパターン 太田健一郎氏(SHIFT)

話が飛んだり前後したり、最後まで話しきる前に次の言いたいことを言い始めたりするのでちょっと聞きとりにくかった。

いくつかピックアップして説明していった感じなので興味があるなら書籍にあたるのが良さそう。

デブサミ恒例! コミュニティLT2015

コミュニティの紹介に特化した LT。基本、コミュニティに興味をもってもらって参加してねアピール。テーマにぶれが無くて良いといえば良いしちょっと飽きるといえば飽きる。

壇上に大きくタイマを表示するスクリーンがあるというのはいいな。

しかしみんないろいろな情熱を注いでコミュニティを運営しているのはいいなと思う。 Doorkeeper が結構利用されている印象だった。

[ 2月19日全て ]

2015年2月20日 (金)

Developers Summit 2015 2日目

naney:15977907243

昨日に引き続き今日も Developers Summit 2015 で目黒雅叙園へ。セッション会場では(一般人は)机が無かったので、ノート PC は家に置いてきた。

デブサミはほとんどのセッションが撮影可なんだけれど、スライドを公開すると発表者が言っているのに全スライドをシャッターの電子音を鳴らしてながら撮り続ける人がいて昨日は結構ウザかった。

そういった声は多かったようで、今日は進行の人がシャッター音に配慮するように注意を促していてちょっとは減った感じだった。撮りたかったら無音カメラアプリをインストールしてくるとかした方が良いと思う。

再会

会場でばったり zakwa 氏と再会。まさか来ているとは知らなくてびっくり。今はデータ解析やっているとかいっていたかな。良い再会があったのがデブサミ2日目の一番の収穫。こんど同窓会やりましょう。

「GMOプライベートDMP」の開発にあたって取り組んできた DevOps、更にその反省点と現在進行中のカイゼン事例の紹介 山邉哲生氏(GMOインターネット)

朝一番のセッションは昨日の朝に比べて遅い人出。

Docker や Ansible などの話。いろいろ模索し続けている話。インフラ整備専任者が欲しいとのこと。ローカルホストに開発環境を簡単に構築できるというのは良いのだけれど、やはり管理コストが高い印象。

個人的にはやはりどこかのラックに自分の VM がある方が使う側も楽な気がしている。

「DevOps」やってみた。そして、気づいたこと、陥ること、見直すところ。川瀬敦史氏(日本アイ・ビー・エム)

事前の注意とか言い訳についての前置きが長かった。宣伝セッション。

ドメイン駆動設計再入門 和智右桂氏(グロースエクスパートナーズ)

お昼から帰ってきて会場に行ったら、既にまさかの満席だった。あきらめてソファで本を読んだり、kintone CAFE でコーヒー飲んだり。

高速開発を支えるDMMプラットフォームの作り方 ~DMM.makeの場合~ 濱野正樹氏・清酒渉氏(DMM.comラボ)

プラットフォームの刷新にあたり既存のサービスや機能をきちんと UML を用いてモデリングしなおしてあるべき姿の議論を行ったというのが良いなと。

自分の本部でも今いろいろ可視化を行っているグループがあるのだけれど、散文的に書き出すのではなくてきちんとモデンリングするようにしたい。

世界に展開できるウェブサービスのつくり方 下林明正氏(はてな)・矢野幹樹氏(任天堂)

Miiverse におけるマルチリージョン構成や多言語対応についての話。

各リージョンに対してどういったサーバとDB構成にしているのかについての説明は興味深かった。パフォーマンスもそうだけれど、サービスとしてどこの機能・情報をリージョン別に出し分けるかを念頭におく必要があることがわかった。なおコードベースは1つで環境変数で機能の出し分けをしているのだとか。

L10N については具体的な話で良かった。Miiverse 特有の話というよりは一般的に誰もが通る道的な。

Eraser Button Law など世界展開においてはやはり法的な事情があるというのもやはり大変なところのようだ。監視ポリシーは統一していとのこと。また投稿監視は関係会社がやっているとのこと(どこにアウトソーシングしているのかな)。

Miiverse もそうだけれど、どこも独自にコミュニケーションサービスを提供していくので、汎用コミュニティサイトはどういう路線でいくのが良いのかなと考えたり。

琵琶湖を中心とした世界のようなお話 佐藤由紀氏(マイクロアド)

ガラガラだったし、15分ぐらい経っても本題に入らないし琵琶湖の説明が始まったので途中で出てきた。

Agile TED

  • 司会】高柳謙氏・川添真智子氏(ユニファ)
  • 及部敬雄氏(楽天)
  • 鹿島恵実氏(GMOペパボ)
  • 知花里香氏(ディー・エヌ・エー)
  • 西村直人氏(永和システムマネジメント/一般社団法人アジャイルチームを支える会)
  • 山口鉄平氏(ヤフー/一般社団法人アジャイルチームを支える会)

及部敬雄氏の

Not プロセス導入 自分たちに必要なものは自分たちで選ぶ

という話が良かった。推進者がゴリゴリ推し進めるのではなくきちんとみんなで考えて試行錯誤していくところに本当の学びがあるんだなと。

セッションの一番最後に、スタンディングオベーションの号令があったのでそそくさと退席した。

2日間の発表についての雑感

  • 小綺麗に見せるだけの素材写真を多用しているスライド多かった。FlickrURL と CC に従ったクレジット表示を読み取れない小さな文字で入れている的な。キャッチーだけの飾り。
  • 「いついつのイベントで話します」的なのも結構多かった。この発表はこの発表で完結するのが良いと思う。
[ 2月20日全て ]

2015年4月16日 (木)

今日のさえずり: 店内でおもむろに Plastic 側のごみ箱の中身を Paper 側のごみ箱に流し込むマッククルー

2015年04月16日

[ 4月16日全て ]

2015年8月3日 (月)

Lightning Talk for Over 18 #0 (LTO18 #0)

image:https://www.naney.org/nDiki/2015/08/03/LTO18.png

「18歳以上向けの情報共有のための社交場」、Over 18(18歳以上)向けの LT イベント「Lightning Talk for Over 18 #0」がいい感じの人数感なので参加してみました。考えてみるとエロテーマな勉強会/トークイベントは 「GXEB #3『ヒトはどこまでイケルのか』」以来かも。

「日本の出会いが歩んできた道、そして今」 Takuya Iwamoto 氏

日本の出会い系の歴史を真面目に解説してくれたトークです。これはコミュニティサイト運営者としては、ぜひ新卒研修でやっていただきたいと思える良いトークでした(最後のエロデバイスの昨今の話はおいておくとして)。

「商業作品内におけるトランス状態の重要性」 ブラックキャット氏

ご本人が目の前にいながらにして、事前に録音されたなんともいえない語り口のトークを再生したのをみんながじっと聞くという新感覚トーク。話題が催眠的なものなので、気をつけないとやられてしまうのではという「このまま聞き続けるの怖い」感じさせる緊張感のあるトークでした。子供の頃に家の電話から説法ダイヤルにかけて和尚さんのテープを聞いたのを思い出しました。

内容的には変性意識についての初歩の話。あらためてちょっと調べてみたいと思います。

「ホール素子を使って紳士的なデバイスを作ってみた」 shima 氏

「ホール」というのでてっきりあのホールかと思いましたが、普通に「ホール素子」でした。抱きまくらの話前座で後半のおっぱい入力デバイス開発がメイン。おっぱいにかける並々ならぬ情熱に涙無しにはきけませんでした。

「Porn Reward のチカラ」 kuniwak 氏

これぞまさに LT (lightning talk) という感じのすっきりとした、それでいて今回のテーマをきちんとくんだ良いトークでありました。トークで紹介されていた Naked Password という「設定しようとしているパスワードの強度に応じてドット絵が脱いでいく」 jQuery プラグインは、なかなか良いパスワードを設定してもらえないサービス事業者の悩みに対する救世主のように感じられました。

終わって

今回は #0 ということでテーマがバラエティに富んだ会でした。エロ・風俗満載だった GXEB からするとぜんぜんエロくなくて、これなら O18 限定じゃなくてもいけそうな感じ。ぜひ次回はもっと突き抜けたトークが揃うのを期待したいです。

運営の @kiy0p0n 氏 @orga_chem 氏 @shakuji 氏ありがとうございました。

(画像http://connpass.com/event/17686/ より。)

[ 8月3日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.062567s / load averages: 0.33, 0.45, 0.58
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker