nDiki : LT

2013年11月20日 (水)

Shibuya Plack/PSGI Conference (shibuya.pl) #1 #plackcon

LINE株式会社で開催された Shibuya Plack/PSGI Conference (shibuya.pl) #1 #plackcon 「秋のPlack/PSGI祭り」に参加してきた。今回は YAPC::Asia Tokyo でもよくトークされている masartz 氏とご一緒させていただいた。ここの会場にくるのは「第3.5回 データ構造と情報検索と言語処理勉強会」「PerlCasual #05」に続き3回目。

開催を知った時には定員60人すでに埋まっていて補欠だったんだけれど、その後定員80人に増やしてくれたようで参加できるようになった。当日時点ではキャンセル等で定員切っていてきたい人はこれるようになってたよ。

普通に使う Plack/PSGI Server @fujiwara 氏

会場アンケートをとりつつ、必須な/便利なモジュールや Plack::Middleware の紹介。

  • だいたい Starlet か Sterman を使っている。
  • リバースプロキシ使っている時には Plack::Middleware::ReverseProxy が便利。
  • Server::Starter の start_server では plackup を実行するシェルスクリプトを作ってそれを指定するようにするとパラメータ変更できるのでいいよ。
  • Devel::NYTProf する時には if $$ % 11 == 0 などで一部のプロセスだけでプロファイリングするようにすると不運な人は遅くなるけど、全体の影響抑えつつできるよ。

『How to build a High Performance PSGI/Plack Server』のその後と ISUCON3 を受けての話題 @kazeburo 氏

YAPC::Asia Tokyo 2013 の発表の続き。

Plack/PSGI のパフォーマンス向上の取り組みが進めば Perl の適用領域を広がるし(リアルタイムな広告系とか)、Perl 使いの仕事も増えるよ。

Plack::BodyParser の話 @tokuhirom 氏

  • 最近のサーバーサイドの開発JSON API開発と管理画面の開発だよね。
  • HTTP ステータスコードの使い方をシンプルに。アクセス自体が成功したら 200 を返して、API の結果の方に API 処理自体のステータスを入れる方がシンプルだし、アクセスログ処理なども楽だよと。
  • JSON API のボディ内で返すステータスも HTTP ステータスコードと同じにしたら覚えることが少なくて楽。
  • URI の /v1/ とか入れたりするけど /v2/ とか出たためしがない。

など。プラクティカルなトーク。

Plack::Request with Encoding @moznion 氏

リクエスト中のパラメータの decode を Plack で一箇所でやってしまう話。

Mojolicious の知りたい 10 のコト @yusukebe 氏

  • morbo と hypnotoad。それほどパフォーマンス悪くない。
  • Mojo::Base は使わなくていい。それほど機能無いし、Web 系以外では Mojo に依存したくないし。

YAPC::Asia 2014 やります!」とのことです。

LT

@bayashi 氏の plackup -e でちょっとしたこといろいろできて便利だよという話や、@azumakuniyuki 氏の Haineko の話や、 @hkoba 氏のコントローラを書く人がいないプロジェクト向けのテンプレートエンジンの話や、@songmu 氏の .psgi からの卒業の話とか、@tasukuchan 氏のきまぐれオレンジ☆ロードについてのラジオみたいなビデオ LT とか。

空気を読まない(読めない)一方通行なビデオ LT は新しく。

スポンサード リンク
[ 11月20日全て ]

2013年12月10日 (火)

Plack Handbook 読んだりとか、技術交流的 LT における出会いの仕組み何がいいのかなとか 【日記】

SEO 的に重要なキーワードが前の方にあった方がいいらしいので「【日記】」というのは後ろにもってきてみる。

今日は久しぶり通勤時に冬の土砂降りで、家を出て2分で靴とジーンズがズブズブ。もうこれはどうしようもないレベル。やはり会社に靴と靴下置いておいた方が生産性に寄与する気がする。

あと昼に Plack Handbook を一読。今まで読んでいなかったのでモグリだった。チーム内の持ち回りのプチ勉強会CGIPSGI とかの話を担当する予定なんだけれど、Plack の部分はこれ読んでねで終わりな気がする。

あと技術交流的な LT 、交流がメインならトーク + 懇親会に一工夫なにかできないかなと考えたり。トークの後の懇親会でエンジニア同士交流ご自由だけでなくて、何か強制的にグルーピングしちゃうような。とか、名刺交換じゃなくてその場で強制友人申請大会にするとか。自分自身、社交型エンジニアじゃないのでそういう仕組みがあると出会いがあっていいなあと。

[ 12月10日全て ]

2013年12月12日 (木)

今日のさえずり: おとよさんの社是「デッド オア ダイ」出ました

2013年12月12日

[ 12月12日全て ]

2014年1月15日 (水)

社内LT大会(新年特別版)

グループ交流としての新年特別版ということで今回はバラエティに富んだ発表者と内容で、いつになく濃い社内LT大会だった。

年末に「もし枠が余りそうだったら何か話します」ぐらいの感じでいたら、枠いただいたので小ネタで自分も発表してきた。「唯一フルボッコが許されていて大好き」と CTO が言ってくれている、部署でやっている abuse 対策ネタで。abuse 対策ネタは社外ではやりにくいので、社内 LT はいい機会かな。気がつけば入社直後に雰囲気とかレベル感とかわからないまま1回社内 LT で喋った以来だったし、まあトーク慣れするという意味でもたまには前に出た方がいいのかもね。

[ 1月15日全て ]

2014年8月30日 (土)

今日のさえずり: 駅前にかき氷を食べている人がいっぱい

2014年08月30日

  • 09:35 mixiギフトでエクストラショット アイス キャラメルマキアート トールを To Go。ティモシー氏ごちそうさまです。
  • 09:39 向かっています。 #yapcasia
  • 09:46 新型のグレゴリー デイ&ハーフパック、左右下に穴開けてあるなーと思っていたのだけれど、そうかこれベルト収納スペースなのか。旧型にはなかった。
  • 10:08 2日目! #yapcasia (@ YAPC::Asia Tokyo 2014 in 横浜市, 神奈川県) http://4sq.com/1prKg7P
  • 10:19 朝一は Docker のトーク聞きます。 #yapcasia
  • 10:30 「Dockerで遊んでみよっかー」 Masahiro Nagano @kazeburo 氏 (多目的教室3) #yapcasia
  • 11:21 「半端なPHPDisでPHPerに陰で笑われないためのPerl Monger向け最新PHP事情(5.6対応)」 うずら @uzulla 氏 (藤原洋記念ホール) #yapcasia
  • 11:39 TweetDeck のテーマを Dark にしていると、ホールの暗い中で他のページといったりきたりする度に輝度調整しなければならないので、一時的に Light にする。
  • 12:59 徘徊しすぎた。 (@ グルメパオ アピタ日吉店 in 横浜市, 神奈川県) http://4sq.com/1B36Zd2
  • 13:06 さっき Red Bull カー走っているのみたのだけれど、あれやっぱり YAPC::Asia Tokyo 2014 向かったのだろうか。 #yapcasia
  • 13:17 離脱。 (@ アピタ 日吉店 in Yokohama, Kanagawa-ken) http://4sq.com/1pSLpEP
  • 14:31 「Changing the tires on a moving car: a case study in upgrading legacy architecture」 Andy Delcambre 氏 (藤原洋記念ホール) #yapcasia
  • 14:32 lapis25 氏と歓談たっぷりしたので、またトーク聞く。 #yapcasia
  • 15:09 A Tour of Go やっているんだけれど、ついセミコロン打ってしまう。
  • 15:20 「Mobile Application Development for Perl Mongers [ninjinkun x gfx]」 Satoshi Asano @ninjinkun 氏 x FUJI Goro @__gfx__ 氏 (藤原洋記念ホール) #yapcasia
  • 15:24 エンジニアとデザイナの分業。 デスクトップアプリの頃に戻った感じ。 #yapcasia
  • 15:41 Web からアプリへのシフトと開発体制。 #yapcasia
  • 16:01 「そんなにビッグでもないデータ処理手法の話」 @tagomoris 氏 (藤原洋記念ホール) #yapcasia
  • 16:05 あ、きょう裏で #関東Emacs か。 #yapcasia
  • 16:23 あ、もう次 LT の時間なんだ。 #yapcasia
  • 16:28 RT @conbu_net: YAPC2014 会場ネットワークについてお知らせします。 イベントホール、多目的室2、3については、16:30にネットワーク接続が出来なくなります。メインホールのネットワーク接続は18:30までご利用いただけます。 #yapcasia #yapc…
  • 16:59 新卒登竜門になっている感じ。 #yapcasia
  • 17:36 コニー持って帰ったら喜ばれたのでもう1ついただきました。
  • 17:41 「キーノート エンジニアとして生きる」 Daisuke Murase @typester 氏 (藤原洋記念ホール) #yapcasia
  • 18:35 PHP 愛されてるわー。 #yapcasia
  • 18:56 駅前にかき氷を食べている人がいっぱい。 #yapcasia
  • 19:31 花火見えた。
[ 8月30日全て ]

2014年10月24日 (金)

PerlCasual #06 - 秋だからPerlとかの話でも #perlcasual

2013年3月29日のPerlCasual #05以来の PerlCasual。 前回と同じ渋谷ヒカリエで今回はディー・エヌ・エーが会場(前回は NHN Japan (現 LINE))。ディー・エヌ・エーが会場のイベントに出るの初めて。横長会場。

メモ:

基調講演 @xaicron 氏

  • ハッカドールの紹介からのスクレイピング。
  • WWW::Mechanize 健在。

Ramen Challenge の可視化 @Niratama 氏

Perlによるコマンドラインツール開発Tips」 @songmu 氏

Google BigQueryを使ってみた!」 @yusukebe 氏

  • Twitter の statuses/sample を流しこんでみた紹介。

Perl::Lint @moznion 氏

  • Perl::Lint 0.10 リリース。
  • Perl::Lint 開発で学んだこと。

LT

  • @bayashi 氏
    • Benchmarks.pm penchmarks。たしかに Benchmark の使い方は毎回 perldoc して思い出す必要がある。
  • @sugyan 氏
    • EmacsPerl (helm、helm-perldoc、undo-tree など)。そろそろ anything から helm に移行しないとな。
  • 「僕がwebアプリケーションのコードを書く時に考えていること 〜短縮版〜」 @dameninngenn 氏
  • @kfly8 氏
    • Benchmark。@bayashi 氏とまさかのかぶり。
  • @akihiro_0228 氏
    • 僕がPerlに慣れるまで。
  • @__papix__ 氏
    • Docker 関連。
[ 10月24日全て ]

2014年11月18日 (火)

Emacs で anything から helm へ移行することにした

「PerlCasual #06 - 秋だからPerlとかの話でも」で @sugyan 氏が LT で helm の話をしていて、そろそろ自分も anything から helm に移行しようかなと思っていたのでぼちぼち。anything から helm へ移行している方の記事をみていたら package.el でみたいなのが多かったのでパッケージ管理もあわせて変更(auto-install.el をちょっと使っていたぐらいだけれど)。

package.el の設定

起動時に使うパッケージがインストールされているか確認し、無ければ自動的にインストールする設定を init.el に。前は dotfiles リポジトリに展開して clone/pull して管理していたものも package.el で取ってこれるものはそちらに任せるようにしていくつもり。

 (require 'package)

 (add-to-list 'package-archives '("melpa"     . "http://melpa.milkbox.net/packages/")  t)
 (add-to-list 'package-archives '("marmalade" . "http://marmalade-repo.org/packages/") t)

 (package-initialize)

 (require `cl)

 (defvar installing-package-list
   '(auto-save-buffers-enhanced
     helm
     helm-ls-git
     magit
     markdown-mode
     session))

 (let ((not-installed
        (loop for package in installing-package-list
              when (not (package-installed-p package))
              collect package)))
   (when not-installed
     (package-refresh-contents)
     (dolist (package not-installed)
         (package-install package))))

helm の設定

よくわかっていないので Web で公開されている設定をごっそり真似てしまうと何がなんだかわからなくなるのでちょっとずつ追加していくことにする。とりあえず今のところ以下だけ。

 (progn
   (require 'helm-config)
   (require 'helm-ls-git)
   (helm-mode 1)

   (global-set-key (kbd "M-x") 'helm-M-x)
   (global-set-key (kbd "C-x C-f") 'helm-find-files)
   (global-set-key (kbd "C-x C-b") 'helm-buffers-list)
   (define-key helm-find-files-map (kbd "TAB") 'helm-execute-persistent-action)

   (custom-set-variables
    `(helm-truncate-lines t)))
[ 11月18日全て ]

2014年12月2日 (火)

乾燥運転中の洗濯機に抱きつくとか【日記】

ブルブルしている乾燥運転中の温かい洗濯機に抱きつくとゾワゾワすることが判明した。 透明のフタが蒸気で曇っている姿を見てつい。

チーム内 LT で「バナナの数え方」のトークをしている人がいて超クールだった。

あと、話題の SmartNews の iOS 版をインストールしてみた。プリセットされたフィードリーダという印象でニュースっていう感じはあまりしなかったのですぐ飽きた。特定のニュースソースから見せられるより、やはりソーシャルメディアやソーシャルブックマークサービスからピックアップして見ていく方が自分には合っている。どちらでも偏る危険性はあるので注意はしないといけないけど。

[ 12月2日全て ]

2015年1月9日 (金)

Trello をチーム内のちょっとしたタスク共有に導入

image:https://www.naney.org/nDiki/2015/01/09/home-hero-500x279.png

遅ればせながら Trello を使ってみた。なるほど Trello はサクサク感があって心地よくていいね。そういえば個人で Remember The Milk を使っていた時も「心地よさ」がとても好きだった*1

*1タスク階層を作りたかったので Toodledo にのりかえたけれど。

巻き込みやすさ

サインアップからの流れが簡単だし、さくっと organization 作ってさくっとメンバを追加できるのも良い。っていうか Username 空間は1つなのね。 organization にメンバを追加するにはてっきりメールアドレスベースで招待とかしなければならないのかなと思っていたのだけれど、普通に Username でグローバルに検索してさくっと追加できてしまった。

サインアップしてもらって同じ organization・board に参加してもらうまでの敷居が低いので、巻き込みやすいのが良いね。

あとシンプル・直観的で、利用ルールを決めて周知としなくてもホワイトボードとしてすぐ使えるというのも良いところ。変にいろいろ機能があるとこれどうする的な議論になってしまうのだけれどそういうのが不要なのが良い。

個人向けタスク管理ツールにもコラボレーション機能があったりするのだけれど、このあたり各人で好みのツールや使い方があると思うと、押し付けになりそうだし長続きしないんじゃないかと思って使う気にならない。 Trello はそういう点で「ちょっと使ってみようよ」と言える雰囲気がある。

ホワイトボードに徹する

ナレッジベースにはならなさそうなので刹那的なタスク共有・情報共有として使うのが良さそう。ちょっとしたもの以外のプロジェクトのタスク管理は別途 JIRA などの ITS などでチケットを切った方が中期的に良い気がする。そういったものも Trello 上で見える化したければ、Trello のカードからリンクするようにすると良さそう。

Slack との連携

あと Slack なんかでのちょっとしたリクエスト(ちょっとした頼み事)って気軽なのだけれど、双方で個別にトラッキングするのとか脳に負担なので、そういうのを Trello にカードにしておくのが良さそげ。

Trello のアクティビティを Slack に流す連携が簡単にできるので、 Slack 上で「○○お願いします。」っていうより、Trello で「○○をやる」というカードを作ってお願いしたい人をカードに指定した後、その通知が Slack に流れたところで「お願いしますねー。」的な一言いっておくのがスマートそう。

あとは誰かに拾ってほしいタスクなんかもカードとして追加しておいて、とりあえず Slack で自動的に周知しておくというのもできる。

個人で使うのはどうなんだろ

好みの問題ではあるけれど、1人で使うならもっと使いやすいタスク管理ツールいっぱいあると思う。自分の場合 Trello に500個レベルでタスク入力して管理するのとか想像できない。

ということで

Trello 使い始めてみるという話。でToodledo を中心とする「NaneyGTD な1日」というチーム内 LT を今週したらメンバの1人が「Trello 使ってみることにしました。」と言うので自分も試してみたというのが発端。来週あたりからぼちぼちタスクを入れてみる予定。

(画像https://trello.com/ より)

[ 1月9日全て ]

2015年2月19日 (木)

Developers Summit 2015 1日目

naney:16576337985

今日から Developers Summit 2015 (デブサミ2015)。会場は目黒雅叙園。初めてきたのだけれど、あちらこちらに水が流れていて雅だね。

ビジネス感のある運営のイベントは久しぶりで、最初はちょっと居心地が悪かった。YAPC::Asia Tokyo などのの空気感に慣れすぎたな。セッション各会場は一般参加者はぎゅうぎゅうに並べられた椅子のみなんだ。電源・Wi-Fi はあれば嬉しいなだけれど、さすがに机が無いの残念だった。

年末に事前登録を済ませておいたのだけれどその際はまだ未定のセッションが多く選べない時間があって後でと思っていたら気がついたら開催間近で、満席になっているセッションもあってちょっと失敗した。

B会場 夢扇(エスカレータを上がった2Fの正面の右側の大広間)はNTTドコモ回線の通信が切れやすくちょっとストレス。他の会場は問題なかった。

Growth!エンジニアとサービスと組織が成長するために

だだっと受付を済ませ、カンファレンスバッグと呼ばれるチラシの入った紙袋を受け取って、A会場入場列へ。

基調講演第一部 「名誉職としてのCTOのあり方」川上量生氏 (ドワンゴ)

頭を使って自分で考えよう。一流のエンジニアたれ。

基調講演第二部 「エンジニアのGrowth!」リレーセッション

司会】杉浦正明氏 (ユーザベース)、宮原忍氏 (KADOKAWA)

新卒成長論~ドワンゴの新卒エンジニアが新規サービスを立ち上げるまで~」喜田 一成 @nalgami 氏 (ドワンゴ)

ニコニ立体の話。開発以外に営業も含めていろいろ経験をしていて良いなと思った。いろいろな経験をチームメンバに提供していけるようにしたい。

「プロダクトが完成するまでにいるものいらないもの」簗島亮次氏(インティメート・マージャー)

具体例が少なめな説明だったので、持論の裏打ちがよくわからなかった。

開発者は足を動かそう!~自分本位の開発からヒアリング駆動開発へ~」 長尾俊氏 (ヒトクセ)

実現したいことは何かをきちんと見極めましょうという話。いい発表だった。

表面的に考えるのではなく、きちんと本当にユーザーが解決したいことを掘り下げてソリューションを考えるの大切。

「エンジニア自身や組織・サービスの成長を手助けする黒帯と僕の仕事」筒井俊祐氏 (ヤフー)

途中で黒帯のシャツを重ね着していたプレゼンテーション。回らない3つの歯車は御愛嬌。一般論だったのでぜひ具体的な話を聞きたかった。

技術選択とアーキテクトの役割 山口徹 @zigorou 氏 (ディー・エヌ・エー)

今日1番のセッション。さすがの @zigorou 氏。このセッションを聞けただけで今日来たかいがあったという感じ。豊富な事例をもとに各プロジェクトでどのような選択をなぜどのよな考えでしてきたかというのが具体的に話されていてとても響いた。

以下の言葉が琴線に触れた。

「使ってみたいという選択は素人」 @zigorou

「無いものは自ら作る」「使える物は使う、作るべき物を作る」 @zigorou

「一度得た知識はどんな事に使えるか想像してみよう」「得た知識がどこで使えるかの思考トレーニングは常日頃からやる」「未知の仕組みは原理から学ぶ」 @zigorou

Zendeskによる、Developerコミュニティサイト運営のコツ、教えます 後迫孝氏 (サイボウズ)

コミュニティがトピックであること、Zendesk でコミュニィサイトを運営しているということで聴講。なかなか本題に入らず前置きがちょっと長く感じた。

Zendesk でどう構築したかという部分は無し。280質問というのは280チケットということかな?

「知る解く学ぶ」を提供するということをアピールしていた。商用製品コミュニティサイトということで、対象者は導入企業かパートナー企業の人が中心だろうし、通常のコミュニティサイトよりはいわゆる「(社会的な)コミュニティ」であることにウェイトは置く必要なさそうな印象だ。

一般的には役立つ情報があるだけではコミュニティは弱いと思っている。

システムテスト自動化のアンチパターン 太田健一郎氏(SHIFT)

話が飛んだり前後したり、最後まで話しきる前に次の言いたいことを言い始めたりするのでちょっと聞きとりにくかった。

いくつかピックアップして説明していった感じなので興味があるなら書籍にあたるのが良さそう。

デブサミ恒例! コミュニティLT2015

コミュニティの紹介に特化した LT。基本、コミュニティに興味をもってもらって参加してねアピール。テーマにぶれが無くて良いといえば良いしちょっと飽きるといえば飽きる。

壇上に大きくタイマを表示するスクリーンがあるというのはいいな。

しかしみんないろいろな情熱を注いでコミュニティを運営しているのはいいなと思う。 Doorkeeper が結構利用されている印象だった。

今日のさえずり: 調べてから仮説を立てるのではないよ。仮説を立ててから調べるんだ。

2015年02月19日

naney:16391897957

[ 2月19日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.058141s / load averages: 0.89, 0.65, 0.47
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker