nDiki : Google アカウント

2013年12月12日 (木)

Android デバイス マネージャーGoogle アカウント毎に端末から有効/無効を切り替えたい

Android 端末をリモートで「探したり」「着信音を鳴らしたり」「ロックしたり」「データを消去したり」できる Android Device Manager アプリがリリースされて話題になっていたので、とりあえず Web 版(こちらは少し前にサービス開始している)を使ってみた。

当然だけれど、あっさり位置特定。でもって確認したら複数の Google アカウント (Google Apps アカウントを含む) が Android 端末に関連付けられていると、どのアカウントでも位置特定できてちょっと嫌な感じだった。メインの Google アカウントだけ有効にしたいんだけれど、端末側では個別に有効/無効にする方法が見当たらない。

一応、

Google Play で非表示にしておくと Android デバイス マネージャーでは表示されなくなるのでこれをオフにしておくという感じかな。ログイン済みならパスワード無しで変更できる項目なので気休めだけれど。

スポンサード リンク

今日のさえずり: おとよさんの社是「デッド オア ダイ」出ました

2013年12月12日

[ 12月12日全て ]

2014年1月6日 (月)

複数アカウントを追加した Android 端末の Gmail からの誤送信が怖い

rimage:http://www.naney.org/nDiki/2014/01/06/K-9-Mail.png

Android 端末に複数の Google アカウントを追加してあって Gmail アプリから時折双方のメールを確認するのだけれど、そうするとメールを送信する際に誤って意図しない方から送信してしまうことがあってヤバい。特にメインじゃない方のアカウントのメールをチェックした後そのままにしておくと、次にインテントとかでサクッとメール送信した時に送信者の確認/変更をし忘れてサブの方で送っちゃている時がある。

Android 端末に Google アカウントを追加すると、Gmail アプリへのログインとメールの同期が自動的に行われます。Gmail からログアウトするには、端末から Google アカウントを削除する必要があります。Google アカウントを削除すると、他の Google アプリケーションからもログアウトします。

ということで残念ながらサブの方を Gmail だけログアウトさせることができない。なので操作ミスをしないようにサブの方は別のメーラー (MUA) を使うことにした。以前使っていた K-9 Mail をチョイス。バッテリ等を考えて自動同期は設定しないようにしておいた。

(画像https://play.google.com/store/apps/details?id=com.fsck.k9 より)


[ Android アプリレビュー ]

今日のさえずり: 特打フリックって。ソースネクストさん。

2014年01月06日

  • 07:30 休みの間はほぼ一番最後に起きてたんだけれど、平日になったとたん誰も起きてこない。そしていい富士山。
  • 08:42 あー、電車運転見合わせ中なの。
  • 09:18 電車動いていたし空いていた。良かった。
  • 09:36 長蛇の列で諦めた。今年もよろしくお願いいたします。 (@ 金王八幡宮 (Konno-Hachiman Shrine)) http://4sq.com/1f6OHAr
  • 09:46 今年もよろしくお願いします。 (@ 株式会社ミクシィ (mixi, Inc.)) http://4sq.com/1cSbEEh
  • 12:12 @py0n 今度はいったい……。
  • 14:16 AndroidGmail アプリに複数 Google アカウント設定していると、やっぱりどちらのアカウントで送信するか間違えるなー。やはり別のアプリを使おう。
  • 14:52 以前使っていた K-9 Mail 入れ直した。
  • 22:22 特打フリックって。ソースネクストさん。
  • 24:20 “今年もよろしく! そして Twitter終了の御挨拶。 - HOTEI official BLOG / 布袋寅泰 公式ブログ” http://bit.ly/1f8lWTS
[ 1月6日全て ]

2014年1月10日 (金)

LINE 友だちの電話番号再利用リスク対策のためのクローズド設定

LINE に新しい友だちが追加されたので確認したらその人のアカウントが2つになっていた。しかも新しく増えた方はプロフィール画像のテイストからいって別人。携帯電話番号を変えて、以前使っていた番号の方の寝かす期間が終わって別の人に割り当てられ、その別の人が LINE 登録したものと推測。でこちらのGoogle アカウントの連絡先にはいまだに古い電話番号が登録されていたままだったので、その別人の LINE アカウントが友だちリストに追加されたと思われる(過去にもあった)。

電話番号の交換や変更の連絡など、もはやあまりないのでもう電話番号で自動的に友だちに追加される設定は全部オフにしておこう。LINE で連絡を取り合う必要がある人のみきちんと QR コード交換とかすればいいや。

ということで以下のような設定にした(Android 版最新にて)。

クローズド設定

  • [設定]
    • [プロフィール設定]
      • [IDの検索を許可] オフ
    • [友だち]
      • [友達自動追加] オフ ← 今回変更
      • [友だちへの追加を許可] オフ
      • [IDの検索を許可] オフ
    • [プライバシー管理]
      • [IDの検索を許可] オフ
      • [メセージ受信拒否] オン ← 今回変更

一度も LINE 上でやりとりのない人を友だちから削除

連絡先に入っていたので LINE の友だちに自動追加されていたけど、特にやりとりもない人は一度友だちから削除してしまおう。

いったん友だち長押しメニューから非表示にし、非表示リスト([設定]-[友だち])でそれぞれ削除。

ID検索機能でキャリア年齢認証が必要になるまえの LINE 3.8.8 でバージョンを止めていたのだけれど、このバージョンだと友だち削除ができないので最新にアップデート。まあID検索機能使わないからいっかな。最近のバージョンだと「友だち以外からのメッセージ受信を拒否」する[メセージ受信拒否]設定ができるようになっているので、上記の通り今回設定。

[ 1月10日全て ]

2014年1月17日 (金)

iPad 2 に家族共有アカントを設定して FaceTime 端末にする

image:/nDiki/Flickr/12003901324.jpg

以前から iPad 2 を家電話的に使いたいと思っていたのと、家族共有しているんだけれどある程度ネットサービス等にサインインして使いたいと思っていたので、昨日 iOSSkype使ってみたのを機にきちんと設定してみることにした。

前提として以下のように利用できるのが目標

  • パスコードロックは有効にしておいて基本自分がいる時に使うようにする。
  • ビデオ通話についてはパスコードロックがかかっていても応答は許可したい(自分が iPad 2 にかけられるように)。

1. アカウント名を決める

これが一番時間のかかる作業。

  • family ほにゃららとか shared ほにゃららとか露骨に「家族共有」的な名前にはしない。
  • 今後各サービスで同じのを取っていけるようにある程度ユニーク。
  • 人名っぽい。
  • 愛着がもてる。
  • プロフィールアイコンが作りやすい。

ような名前で。一晩考えたり、花言葉とか見たり、Google 検索してあまり使われていないか確認したり、海外人名辞典サイト見たりして決定。

以下便宜上 'XXX' と記述。

2. メールアドレスを用意する

いつもの手順で。

  1. メーラー用に Gmail を使えるようにする。
    1. Google アカウント (XXX@gmail.com) を取得する。
    2. Google+ プロフィールの公開範囲をできるだけ絞る(無効化してもいいけど今後有効じゃないと使えないサービスがあるかもしれないので残しておく)。
    3. 普段使っているメールアドレスへのメール転送設定をする。
  2. 自分のドメイン上でメールアドレス (XXX@example.com) を発行する(これが家族共有アカウント各種登録でメインで使うメールアドレスとなる)。
  3. Gmail から上記メールアドレス (XXX@example.com) で送受信できるように設定する(SMTP・POP関連設定)。
  4. Google アカウントの予備のメールアドレスに上記メールアドレス (XXX@example.com) を設定する。

3. 家族共有の iPad 2 で FaceTime を設定する

  1. 連絡先に自分のメインのメールアドレスを登録しておく。
  2. FaceTime を使えるように機能制限を外してしておく。
    1. [設定] - [一般] - [機能制限] - [許可] - [FaceTime]
  3. FaceTime 着信用連絡先として家族共有メールアドレス (XXX@example.com) を設定する。
    1. [設定] - [FaceTime] - [FACETIME着信用の連絡先情報] にメールアドレス (XXX@example.com) を追加。
  4. FaceTime 着信用のメールアドレスや連絡先を勝手に変更できないようにしておく。
    1. [設定] - [一般] - [変更の許可] - [アカウント] を「変更を許可しない」に設定。

iPod touch 5th から/への発着信を確認。

これで別の自分の iOS 端末から iPad 2 へ FaceTime で発信して、通話できるようになった(パスコードアンロック不要で)。また連絡先に登録してある人へのみ iPad 2 から発信できるようになった(ただし要パスコードアンロックなのであまり使わないはず)。

できれば連絡先に登録していない人からの着信はできないようにしておきたいのだけれど、その設定は無いみたい。残念。

Skype

Skypeインストールして、Skype 名 XXX で登録し iPod touch 5th と Xperia GX から/への発着信も確認。

ただし FaceTime と違って「Skype を起動しておく必要がある」「着信時にパスコードロックを解除する必要がある」ということで前提の目標は達成できなさそう。できれば回線契約をしている Android 端末の Xperia GX からも通話したいので Skype で運用できればいいんだけれどね。Wi-Fi が無いところからはテザリング経由で iPod touch 5th からかけるしかないかな。

[ 1月17日全て ]

2014年5月30日 (金)

Chromecast が届いたので Debian GNU/Linux BOX からタブ キャストするなど

image:/nDiki/Flickr/14118204858.jpg

一昨日5月28日に国内発売になった Chromecast、その日の 9:00 過ぎに Google Play で注文したのが今日到着した。ヤマト国際物流香港から羽田小口通関支店を通過しての配送*1

*1国内の追跡だと、ヤマト国際物流(香港)→YGL羽田クロノゲート支店→国際宅急便サービスセンター(羽田)→羽田クロノゲートベース→

接続

3年前半前に購入した REGZA 37Z1 の背面の HDMI 端子に直挿し。横に並んでいる他の HDMI ケーブルと干渉せずに挿せた。REGZA 37Z1 は外付け HDD 用とは別にもう1つ USB 端子があるので Chromecast の電源は付属のケーブルでそこから得るようにした。AC アダプタのオン・オフとか考えなくて良いので手間なし。

セットアップ

Android デバイスに Chromecast アプリをインストールして、そこからセットアップ。特に迷うことは無いかな。Chromecast の Wi-Fi は 2.4GHz のみなので AtermWR9500N の 2.4GHz 側のアクセスポイントを選んで(というか 5GHz 側のは候補に表示されない)、パスワードを入力して設定完了を待てば OK。

Xperia GXiPad 2 から YouTube を再生

Chromecast に Google アカウントを登録してそのアカウントで各種サービスを視聴するのだとてっきり思っていたのだけれどそうではないのね。コントロールする側がそれぞれのアカウントで再生したものが、Chromecast で再生されるだけなのか。それは良かった。自分のメインアカウントと、iPad 2 に設定してある家庭用のアカウントで、それぞれの再生リストや履歴をもったままにしておけるので気をつかわなくて良い。

Google ChromeGoogle Cast からタブ キャスト

ThinkPad X200Debian GNU/Linux sid 上の Google ChromeGoogle Cast 拡張機能を入れてタブキャスト。とりあえずブラウズ画面は問題なく表示できた。

あと「画面全体をキャスト」もきちんとできた。ちょっとラグがあるのとファンがガンガン回るというのああるけれど。ThinkPad X200 のプロセッサが「インテル Core 2 Duo プロセッサー P8600 (2.40GHz 1066MHz 3MBL2)」なのでちょっとギリギリなのかな。Linux 側で静止画をスライドショーしてテレビで見る分には問題なし。

動画再生用 X クライアントで動画を再生している状態で「画面全体をキャスト」してもサウンドは送られないようなのでそういう動画の見方は今は無理げ。PC 側で音は出るけれど、テレビ側では遅れて映像が流れるのでタイミングが合わない。

ということで、当面は iPad 2 で YouTube を大画面で観るというのがメインの用途かな。iPad 2 だと一緒に観るには2人ぐらいまでで3人以上だとちょっと観にくいなと思っていたのでそういう時に使おう。当然だけれど解像度が低かったり圧縮ノイズが酷いのは大きな画面で観るとツラさ倍増なのでできればきちんと選別してゆっくり見たいところ。

あと、テレビの裏が埃だらけだった。小綺麗な Chromecast もすぐ埃が積もるんだろうなあ……。


[ 製品レポート ]

[ 5月30日全て ]

2014年9月16日 (火)

社内でも動かしている PSGI アプリケーションに OpenID 認証をつけた

Plack::App::Directory::Markdown をベースにちょっと手を入れた Markdown ビューアを使っている(記事)んだけれど、閲覧要認証なシチュエーションが出てきた。

自分のみ閲覧のものは builder で Plack::Middleware::Auth::Digest を enable にして Digest 認証をかけ、htdigest コマンドでパスワード管理とかで済ませているのだけれど、複数人に閲覧してもらうのにこれは嫌だ。人のパスワード管理はしたくない。

OAuthGoogle アカウントとかの認証を使うというのもあるけれどキーとか面倒くさいので、せっかくだし mixi OpenID を使うことにした。Perl モジュールは Net::OpenID::Consumer::Lite を使用。

とりあえずやっつけで以下のような感じ。いきなり mixi OpenID 認証させるしエラー・キャンセル処理もほとんどないし、call の中にネジこんだりしてあるので、まだまだダメダメだけれどとりあえず認証はできた。後で整理する。

セッションを使うようにしておく

 $app = builder {
   enable 'Session', store => 'File';
   $app;
 };

call の先頭に以下を追加。

 my $session = $env->{'psgix.session'};
 my $request = Plack::Request->new($env);

 unless ($session->{openid}) {
   unless ($request->parameters->{'openid.mode'}) {
     my $check_url
       = Net::OpenID::Consumer::Lite->check_url(
       'https://mixi.jp/openid_server.pl',
       $request->uri);
     return [302, ['Location' => $check_url], []];
   }

   return Net::OpenID::Consumer::Lite->handle_server_response(
     $request->parameters => (
       not_openid => sub {
         return [503, [], []];
       },
       setup_required => sub {
         my $setup_url = shift;
         return [302, ['Location' => $setup_url], []];
       },
       cancelled => sub {
         return [403, [], []];
       },
       verified => sub {
         my $vident   = shift;
         my $identity = $vident->{identity};

         # %member に閲覧 OK の OpenID を入れてある。
         if (exists $member{$identity}) {
           $session->{openid} = $identity;
           return [302, ['Location' => $vident->{return_to}], []];
         }
         else {
           return [403, [], []];
         }
       },
       error => sub {
         my $err = shift;
         return [503, [], []];
       },
     )
   );
 }

 # 以下は認証済みの場合の処理を書く。

[ Naney と mixi ]

[ 9月16日全て ]

2014年11月12日 (水)

固定電話Google 2 段階認証プロセス有効化

2 段階認証プロセスを設定すると良いというのはわかっているのだけれど、1つの電話番号に紐付けられる Google アカウント数に限りがあったというような書き込みも Web でみかけていたので、ちょっとなーと後回しにしていたアカウントがあった。モバイルデバイスで Google 認証システム(Google Authenticator)を使うので最初の有効化だければいいんだけれどねぇ。

でちょっと社内で確認したら、固定電話でどうぞ的な話があって、あそういえば携帯電話でなくても最初に音声でコードを受け取る分には固定電話でも OK なんだと。あまり電話を使わないので電話番号を割り当ててもらっていないので、部内の他の人の電話番号でコード受け取って、あとはすぐに Google Authenticator に切り替えて 2 段階認証プロセス有効化完了。

[ 11月12日全て ]

2015年1月19日 (月)

Chrome リモート デスクトップでリモート接続したらロック画面にする設定

Chrome リモート デスクトップは Google アカウントと PIN だけで、他の PC や Android デバイス・iOS デバイス上のアプリから手軽に PC を遠隔操作ができるので便利である。ただ、リモートから操作中に端末側のディスプレイがついていると操作が丸見えなので使うのは敬遠していた。

しかしさすがに画面を見られないようにする機能ぐらいあるだろうと調べてみたところ、カーテン モードというのが存在するらしい。カーテン モードにしておくとリモート接続中はロック画面になるので端末の前にいる人に操作を見られる心配が無くなる。

設定的には RemoteAccessHostRequireCurtain を 1 にすれば OK。

Windows の場合 HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Google\Chrome\RemoteAccessHostRequireCurtain を 1 にする。なお自分の環境ではキー自体が上の階層から作られていなかったので順番に階層を作っていき、最後に RemoteAccessHostRequireCurtain を DWORD で作成して値を 1 にする必要があった。

これを設定しておくと、リモートから接続するとすぐにロック画面になる。またリモート接続中に端末側でパスワードを入力してロックを解除すると逆にリモート接続の方が切断されるようになる。

[ 1月19日全て ]

2015年3月9日 (月)

今日のさえずり: 「ゲームしている人」と「ゲームと個人でも開発/学習とをしている人」との圧倒的な戦力差

2015年03月09日

  • 09:20 アンチフォッグを通勤に実戦投入してみているが、1回拭いて早くも曇り始めている。塗る量に経験値か必要そう。
  • 21:32ゲームしている人」と「ゲームと個人でも開発/学習とをしている人」との圧倒的な戦力差。
  • 23:29 Google アカウントしか使えなかった時代に作った feedly のアカウントをずっと使っていたけれど、諸々不便なので Twitter アカウントで feedly アカウント作り直した。
  • 23:50 これはちょっと行ってみたい。 / “表参道に限定「うなぎパイ」カフェ-限定スイーツも - シブヤ経済新聞http://bit.ly/1BYEJuJ
[ 3月9日全て ]

2015年5月29日 (金)

今日のさえずり: Google フォト結局オリジナルを別途管理する必要がありそう

2015年05月29日

  • 08:11 Chromecast オーナー向けのクーポン GET。
  • 13:20 注文しちゃった。 (@ バンナイズ 渋谷店 (VanNuys Shibuya) in 渋谷区, 東京都) http://4sq.com/1HVQ7sr
  • 14:13 まだチェックイン機能が生きている Foursquare 2014.05.14 使っているんだけれど、これもう Facebook には投稿できないのね(Twitter にはできている)。そろそろ潮時か。
  • 16:16 RT @twitcle_app: 長らくご不便をおかけしておりましたが、Twitter社によるスパム誤判定による書き込み権限制限(https://twitter.com/...が先ほど解除されたようです。
  • 21:24 Google フォトは「元のサイズ」で保存すると Google アカウント容量を消費するということで、フォトストレージとしては大したことなかった。
  • 21:39 Google フォトのヘルプを見ると「カメラで撮影した写真のサイズが 16 メガピクセル(MP)を下回っている場合、どちらの保存オプションを選択しても見た目にはほとんど違いが生じません。」とあるので結局オリジナルを別途管理する必要がありそう。
  • 22:52 ようやく明日の装備の準備ができた。
[ 5月29日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.060071s / load averages: 0.26, 0.30, 0.33
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker