nDiki : Buffer

2014年4月17日 (木)

今日のさえずり: あうぇーさむって読んでたけど、おーさむなのね

2014年04月17日

[ 4月17日全て ]

2014年4月18日 (金)

Zapier でフィードを Buffer 経由で Facebook予約投稿する

rimage:http://www.naney.org/nDiki/2014/04/18/zapier-logo.png

この日記のフィードを予約投稿サービスの Buffer に投入して、指定時刻に Facebook に自動投稿するように設定するために Zapier という IFTTT と類似のサービスに登録してみた。

入力が各項目でどういう値として入ってきてどう出力したかを履歴で確認できるなど、IFTTT より動作が理解しやすくていいな。

Zapier 自体は以前から知っていたのだけれど、無料だと月100回までという制限があって結構もの足りなさそうと思って手を出さないでいた。でも登録してみるといろいろリワードがあって月1,110回までは枠を広げられるので意外と困らなさそう。ちなみに以下の紹介リンクから登録すると最初から200回でスタートできる。

以前は IFTTT から HootSuite チャネル経由で TwitterFacebook予約投稿していたのだけれど、 IFTTT から HootSuite チャネルが削除されてしまった。しばらく予約投稿はやめて IFTTT からの直接投稿にしていたのだけれど、最近また Buffer を経由させて予約投稿するようにしようかなと思ったら、IFTTTBuffer に登録してある1つのアカウントしか使えなかった。なので今回 Zapier を登録して

という2本の経路を用意してみたという感じ。

ちなみに Buffer予約投稿時刻設定だけれど「Presso by はてなブックマーク」(使ってない)が 8:00 / 12:00 / 18:00 / 23:00 にプッシュ通知するらしいので、同じぐらいの時間帯に設定してみている。

[ 4月18日全て ]

2015年2月1日 (日)

Facebook に使う時間を激減させる

SNS やネットサーフィンに使う時間を見直してみることにした。今ソーシャルメディアは TwittermixiFacebook を使っている。Google+去年12月に休止済み。今回は Facebook を見直し。

ニュースフィードに投稿が流れてこないようにする

Facebook のニュースフィードは投稿順のタイムラインではないので、未読を見るために既読の投稿を何度も読み飛ばさなければならなくてコストが高い。なので基本見ないようする。

以外は、友達になったままフォローを外してニュースフィードに流れてこないようにする。 Facebook ページのいいね!も外しまくる。これでニュースフィードはほぼ自分の投稿ばかりという面白味のないものになるので、見るモチベーションが下がる。

モバイルから見ないようにする

Android デバイス・iOS デバイスから Facebook アプリをアンインストール。ログイン時に必要なコードジェネレータのために今まで消すのを躊躇していたのだけれど消すことにした。メールでのコード受け取り設定を再確認し、またもしもの時のためのコードを設定画面で事前に取得して KeePass に入れてログインできなくならないようにしておく。

投稿の手間を減らす

もともとテキスト投稿は Twitter 経由に去年の12月に変更したので今まで通りで。写真Facebook アプリからアップロードしていたのだけれど、これも Twitter に投稿した Flickr 上の写真が連携で流れれるので済ませることにする(今まで2重になっていて Twitter 経由で流れる方を消していたのだけれどその手間が無くなる)。

日記Zapier + Buffer でシェアしていたのも停止。これも IFTTT + Twitter 経由で流れているもので済ます(こちらも2重になっていたのを1本化)。

いただいたコメント

基本 PC で見た時にやりとりさせていただくつもり。レスポンスが悪くなるけれど、一般からしたら SNS ジャンキーじゃないレベルに戻るぐらいではなかろうか。

外出先にいる時にその場で有用な情報をいただいた時に活用できなくなったらもったいないなぁとはちょっとあるけどまあしかたないかな(mixiTwitterモバイルでも引き続き見てます)。

[ 2月1日全て ]

2015年5月25日 (月)

解禁した Facebook ニュースフィードが眩しい

Facebook に使う時間を激減させるということで、(以外)全アンフォローしてニュースフィードに投稿が流れてこないようにしていたんだけれど、4カ月弱経ち元に戻すことにした。

ソーシャルメディアに使う時間は減らなかった

結局 Twitter のタイムラインを遡って見る時間が増えたのであまり変わらなかった。

Facebook 上のフィードバックが激減した

投稿自体は全アンフォローする前と同じ頻度・同じ経路でしていたんだけれど、予想通り「いいね」「コメント」が激減した。

  • 友達の投稿が目に入らないのでこちらから「いいね」「コメント」することが無くなったので、(逆)返報性の原理でフィードバックが減った。
  • Facebook の制御によって他人のニュースフィードに上がらなくなった。

の2つの要因があるんじゃないかと思うんだけれど、どちらも推測の域ではある。Facebook 友達の中で「そういえば最近投稿を見かけなくなっていた」という人がいれば Facebook の挙動を理解する上で教えていただけると嬉しいなと。

解禁後の投稿経路をちょっと変えた

ついでに投稿経路も見直して昨年12月からの「TwitterFacebook Connect 経由での投稿」スタイルはやめることにした。Twitter 側で連投したい時に Facebook にも流れていると思うとちょっと心理的負担なので。

TwitterFacebook への同時投稿は以前は Hootsuite (HootSuite) を使っていたんだけれど、今回は Buffer を使うことにした。投稿のためのサービス・アプリでタイムライン表示など不要な機能が無くて良いし PC・スマートフォンアプリの両方で管理できるのが良い。

あわせてこの nDiki のフィードの自動予約投稿をやめたり(手で Buffer に投げて予約投稿することにする)、はてなブックマークから Facebook への投稿経路を変更したり(Twitter 経由で流れなくなるので、以前の設定に戻した)。

Facebook ニュースフィードが眩しかった

久々なだけに、フィードに一斉に流れてきた投稿らの充実感が半端無く眩しい。 Facebook はあいかわらず「いいとこ見せ」感が強いな。やっぱり mixiTwitter のタイムラインの方が見ていて心地よい。

[ 5月25日全て ]

2015年5月27日 (水)

SupportText Pro のボタン配置(2015年5月)

naney:18157891216

Twitter の「Facebook Connect」を切ったので Android デバイスからのテキスト投稿環境をちょっと整理。Buffer から同時投稿する場合と twitcle plus から Twitter のみに投稿する場合があるので SupportText Pro (サポテキ)に入り口を集約した(Buffer でも投稿先を切り替えられるんだけれど UI 的に操作しづらい)。

で1行テキストを流す機会の多いアプリを編集画面に配置。

今までサポテキの MyText は使っていなかったんだけれど、いったん寝かせるのに良さそげかなと思って MyText ボタンも上段に配置した。その他よく使うボタンを上段に配置。

  • MyTextを開く
  • MyTextに追加
  • コピー
  • 共有
  • 全削除

iOS では Drafts 4 が良さそげなんだけれどちょっとお高いので躊躇している。Android アプリで同様な機能のアプリはあるのかな(それがサポテキか)。

[ 5月27日全て ]

2015年5月28日 (木)

twitcle plus 投稿制限とか【日記】

twitcle plus が他のサードパーティ Twitter クライアントとともに、投稿系の制限がかかった。ちょうど Buffer 経由での投稿を併用できるようにアプリの設定とか整備したところなので投稿はできるんだけれど Retweet はできないので不便。

一時的に Twitter 公式クライアント使うかなぁとも思ったんだけれど要求するパーミッションが多いのでちょっと躊躇。もうちょっと待つことにした。

[ 5月28日全て ]

2015年8月19日 (水)

今日のさえずり: 水をいっぱい飲むの飽きますね(というか苦しい)

2015年08月19日

[ 8月19日全て ]

2016年3月30日 (水)

Google Keep をソーシャルメディアドラフトストックツールにする

後で SNS に投稿したいなと思う事がが頭に浮かぶことがあります。以下のようなパターン。

  • 後で何かをしたタイミングで投稿したいつぶやき。
  • 日時・場所などが特定されるのを避けるため、時間を置いてから投稿したいつぶやき。
  • 時間のある時に正式用語を調べたり推敲したりしてから投稿したいつぶやき。

1つのソーシャルメディアだけを使っている場合はそのアプリの下書き機能を使えば良いのですが、mixiTwitter、あるいは SlackFacebook などに投稿しわけているとなかなかそうもいきません。

一箇所にストックしておくのに良いツールはないかとチェックしたところ 以前たまに使っていた Google Keep が良さそうなのであらためて利用することにしました。

ソーシャルメディアドラフトストックツールとして Google Keep を使う利点は

  • PC とスマートフォンのどちらでも書ける。
  • Buffer などのように直接予約投稿はできないけれど、日時・場所でリマインダーを設定しておける。
  • AndroidGoogle Keep アプリからインテント(メモを送信)を使うことで、他のアプリにテキストを渡してさっと投稿できる。

3年前に Google Keep がリリースされた時は共有した時に最後に「Google Keepから共有」余分なテキストがついてしまうのでこういった使い方には向いていなかったのですが、いつの間にかつかなくなっていたのですね。わかってらっしゃる。

Android デバイス上でのテキストの一次入力アプリとしては SupportText Pro(サポテキ)を使っていて「まずはサポテキに入力してから他のアプリに送って実際に投稿」というように今はしているのですが、デバイスローカルなサポテキに比べて Google Keep では PC からも利用できるるという利点があるので Google Keep にその座を渡そうかと思っています。


[ Android アプリレビュー ]

[ 3月30日全て ]

2016年5月21日 (土)

今日のさえずり: アイカツスターズ!筐体になってました

2016年05月21日

[ 5月21日全て ]

2016年5月22日 (日)

TwitterFacebook での Web 日記シェアを再開

@sseze 氏に

最近 naney.org の記事が自動的に投稿されなくなったんですね。

と言われたので

自動的に全部シェアするようにしておくと、くだらない日記とか書きにくくなるんですよね。

と答えたら

エラくなるとやっぱり投稿しにくくなるんですね。ぐふふ。

みたいな感じだったので、くだらない路線を貫くためにこの nDiki の記事の自動シェアを再開させることにしました。止めていた以下のレシピを復活です。

ちなみに Buffer は知らないうちに新しい機能・サービスをリリースしていて便利になってました。

今回 Optimal Scheduling ツールで投稿スケジュールを再設定しました。それと Facebook シェアの方は Pablo を使って画像を作成したものをつけるのをちょっとお試ししてみています。画像の方はそのうち面倒くさくなったらやめるかも。

[ 5月22日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.080521s / load averages: 0.48, 0.44, 0.56
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker