nDiki : Debian GNU/Linux

2014年5月30日 (金)

Chromecast が届いたので Debian GNU/Linux BOX からタブ キャストするなど

naney:14118204858

一昨日5月28日に国内発売になった Chromecast、その日の 9:00 過ぎに Google Play で注文したのが今日到着した。ヤマト国際物流香港から羽田小口通関支店を通過しての配送*1

*1国内の追跡だと、ヤマト国際物流(香港)→YGL羽田クロノゲート支店→国際宅急便サービスセンター(羽田)→羽田クロノゲートベース→

接続

3年前半前に購入した REGZA 37Z1 の背面の HDMI 端子に直挿し。横に並んでいる他の HDMI ケーブルと干渉せずに挿せた。REGZA 37Z1 は外付け HDD 用とは別にもう1つ USB 端子があるので Chromecast の電源は付属のケーブルでそこから得るようにした。AC アダプタのオン・オフとか考えなくて良いので手間なし。

セットアップ

Android デバイスに Chromecast アプリをインストールして、そこからセットアップ。特に迷うことは無いかな。Chromecast の Wi-Fi は 2.4GHz のみなので AtermWR9500N の 2.4GHz 側のアクセスポイントを選んで(というか 5GHz 側のは候補に表示されない)、パスワードを入力して設定完了を待てば OK。

Xperia GXiPad 2 から YouTube を再生

Chromecast に Google アカウントを登録してそのアカウントで各種サービスを視聴するのだとてっきり思っていたのだけれどそうではないのね。コントロールする側がそれぞれのアカウントで再生したものが、Chromecast で再生されるだけなのか。それは良かった。自分のメインアカウントと、iPad 2 に設定してある家庭用のアカウントで、それぞれの再生リストや履歴をもったままにしておけるので気をつかわなくて良い。

Google ChromeGoogle Cast からタブ キャスト

ThinkPad X200Debian GNU/Linux sid 上の Google ChromeGoogle Cast 拡張機能を入れてタブキャスト。とりあえずブラウズ画面は問題なく表示できた。

あと「画面全体をキャスト」もきちんとできた。ちょっとラグがあるのとファンがガンガン回るというのああるけれど。ThinkPad X200 のプロセッサが「インテル Core 2 Duo プロセッサー P8600 (2.40GHz 1066MHz 3MBL2)」なのでちょっとギリギリなのかな。Linux 側で静止画をスライドショーしてテレビで見る分には問題なし。

動画再生用 X クライアントで動画を再生している状態で「画面全体をキャスト」してもサウンドは送られないようなのでそういう動画の見方は今は無理げ。PC 側で音は出るけれど、テレビ側では遅れて映像が流れるのでタイミングが合わない。

ということで、当面は iPad 2 で YouTube を大画面で観るというのがメインの用途かな。iPad 2 だと一緒に観るには2人ぐらいまでで3人以上だとちょっと観にくいなと思っていたのでそういう時に使おう。当然だけれど解像度が低かったり圧縮ノイズが酷いのは大きな画面で観るとツラさ倍増なのでできればきちんと選別してゆっくり見たいところ。

あと、テレビの裏が埃だらけだった。小綺麗な Chromecast もすぐ埃が積もるんだろうなあ……。


[ 製品レポート ]

スポンサード リンク
[ 5月30日全て ]

2014年6月17日 (火)

今日のさえずり: 終わりのないコードレビューはない

2014年06月17日

[ 6月17日全て ]

2014年7月10日 (木)

今日のさえずり: いっしんふらんにこころをこめてこーどれびゅーした

2014年07月10日

[ 7月10日全て ]

2014年8月10日 (日)

台風なので主に家で【日記】

台風の影響で風が強く雨もたまに強く降ったりする1日。間隙をぬってコンビニ行ったり、スーパーに行ったりした以外は家にいた。

先週の会社のキーボードのに続き、自宅の ThinkPad X200 のトラックポイントのキャップも交換。手持ちの在庫無くなってきた。ソフト・リム・キャップ派じゃない人と共同購入したい。

第26回東京湾大華火祭は今年は中止。遠目ながら見ようと思っていたのでちょっと残念。

そういえば3カ月前に uim-mozc を入れてDebian GNU/Linux sid で Mozc を使っているんだけれど /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog が落ちて設定できなくて困っていた(けど放置していた)。 uim-pref-qt4 でいったん「標準の入力方式を指定」で Mozc 以外にすれば落ちなくなって設定できるとしったので、とりあえずこれで対応。ようやく空白がデフォルト(いわゆる)半角で入力できるようになってストレス解消した。

[ 8月10日全て ]

2014年8月26日 (火)

Debian GNU/Linux sid + docomo Wi-Fi

コクヨホールで docomo Wi-Fi アクセスポイント 0001docomo が結構な電波強度で掴めたので、Debian GNU/Linux sidノート PC で接続してみた。

  • WPA & WPA2 Enterprise
  • 保護つき EAP (PEAP)

にして ID とパスワードを設定するこことで接続。当初 PEAP を選択していなくてつながらなくてちょっとはまった。

あと docomo Wi-Fi が1度に1台しか接続できないのだけれど、バッグの中の設定済み iPod touch 5th の方が一足先に接続していてノート PC 側は「二重ログインできません。」エラーになってこれもちょっとはまった(iPod touch 5th の方は Wi-Fi を切るだけじゃ駄目で、明示的にログアウトさせる必要がある)。

つながってしまえば、この会場でいえばテザリングより安定していたので快適。通信量も気にする必要がないので便利。去年の9月の時よりだいぶ良くなってきている感じ。

[ 8月26日全て ]

2015年1月6日 (火)

sidノート PCWi-Fi がまたつながるようになった

昨日 Wi-Fi でつながらなくなった Debian GNU/Linux sidThinkPad X200 であるがいろいろ試行錯誤しても駄目で、しょうがないので network-manager パッケージ(NetworkManager)を以前のものにダウングレードすることにした。snapshot.debian.org から古い Debian パッケージをダウンロードしてきて、dpkg でインストール。同時にアップデートしていたいくつかのパッケージの依存関係の問題でダウングレードできないと出るので、それらも1つずつ古いのを取ってくる。

最終的にダウングレードできたものの、結局やはり Wi-Fi がつながらないのでこれも駄目かとまた最新のバージョンに上げたらあっさり接続できるようになった。あれ? もしかしたら普通にreconfigure とかで直ったのかな?

「ディスプレイを閉じたらサスペンド」の方はまだ直らず。とりあえず s2ram -f でのサスペンドは効いたのでこれでしのぐことにする。

あとアップデートするパッケージを精査するの大変なので不要なパッケージを適宜 purge したり。数年使っていない TeX もさよならした。ちょっとキュンとなった。

[ 1月6日全て ]

2015年2月14日 (土)

sidノート PCWi-Fi 復活

年明けに Debian GNU/Linux sidノート PCWi-Fi で通信できなくなって、翌日直ったかに見えたけれどその後また駄目になって、結局ずっと有線 LAN で使っていた。しかし来週のイベントに持ち出したいのでそろそろ Wi-Fi 直さないと。いろいろやってようやく今日復活させた。

一般ユーザーで NetworkManager の設定を保存できるようにする

/etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/org.freedesktop.NetworkManager.pkla というファイルを作り、

 [nm-applet]
 Identity=unix-group:netdev
 Action=org.freedesktop.NetworkManager.*
 ResultAny=yes
 ResultInactive=no
 ResultActive=yes

と書いて保存。自分を netdev グループに追加してあればこれで kde-nm-connection-editor などで新しい Wi-Fi 設定を保存できるようになる。

/sbin/ifdown eth0 する

そもそも Wi-Fi のコネクション自体はできているのだけれどうまく通信できないと思っていたところ、どうも有線 LAN の方の設定でルーティングしようとしていたようなので /sbin/ifdown eth0 して落とした。そしたらあっさり通信できるようになった。

チャンチャン。

今日のさえずり: 「これ(このアスキーアート)なんだろうね」って言ったら隣の席のエンジニアがおもむろに範囲選択コピーして Google 検索

2015年02月14日

  • 10:01 花粉症もらいに病院に来た。土曜日だし混んでる。
  • 12:30 そういえばこの間「これ(このアスキーアート)なんだろうね」って言ったら隣の席のエンジニアがおもむろに範囲選択コピーして Google 検索に放り込んだので「まさか?」と思ったのけれど、やはり検索できてなかった。
  • 15:49 家でチョコレートフォンデュ。 https://flic.kr/p/rb9X4o
  • 15:57 大本命チョコ。 https://flic.kr/p/qTMK5i
  • 20:25 ノート PC (Debian GNU/Linux sid) が Wi-Fi で通信できなくなっていた理由がようやくわかったので満足している。これでようやくケーブルから解放される。
  • 22:24 「どれくらい私のこと好き?」と緑が訊いた。 「世界中のがみんな溶けて、バターになってしまうくらい好きだ」と僕は答えた。 [Naney] 村上春樹風tweet Maker
[ 2月14日全て ]

2015年3月6日 (金)

MacOS X

naney:16532318247

今使っている ThinkPad X220 が保守切れなので、次のノート PC として15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルを用意していただいた。@ が 2 のところにある英語キーボードでないと生きていけないので、バックライトキーボード (US) に CTO してもらったのでしばらく待っての入手。

学生時代からずっとデスクトップ OSDebian GNU/Linux だったので、初 OS XMacintosh / Mac も初。

トラックパッドのクリックとタップの使い分けが良くわかってなくて、いきなりボタン押せないとか(タップしてた)とか、ウインドウが動かせないとか(タップしてそのまますべらせばいのだと思ってた)、ビギナーっぷりを遺憾無く発揮した。Mac では「ウインドウ」と呼ぶ事も把握した(Windows だと「ウィンドウ」)。

キーボードがペナペナなのと、TrackPoint と違ってトラックパッドを使うとホームポジションから手が離れがちなのとで、指がつりそうになるのは慣れの問題なのかな。タッチパッドのクリック音はもう少し静かだと嬉しい。

プライベートでも痩せ我慢しないで Mac にしてもいいかなとは思っているので使ってみて性に合っているかこの機会に確かめたい。ThinkPad はもう買う気がしないので、そうなると Debian BOX になるノート PC が見当たらないんだよね。

[ 3月6日全て ]

2015年3月20日 (金)

Dropbox フォルダをデフォルトの ~/Dropbox に戻した

ローカルのホスト上では Dropbox フォルダを ~/var/Dropbox にしていたのだけれど、ホームディレクトリ直下に置くことを許すことにし、デフォルト設定の ~/Dropbox に昇格させた。今まで環境によって ~/var/Dropbox だったり ~/Dropbox だったりで使っていたのだけれど自分の中で統一することにしたので設定やスクリプトを書く時に楽になるかな。

あわせてホームディレクトリ内のファイルの整理を始めた。ドットディレクトリは 2003年12月のものがごろごろあったり(ThinkPad X31 を買って Debian GNU/Linux Woody をインストールした頃)、.less とか1998年2月10日だったりと歴史を感じる。

[ 3月20日全て ]

2015年4月4日 (土)

13インチ MacBook Pro Retina Early 2015 買った

naney:17026016921

2015年3月10日にアップデートされた「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」(いわゆる Early 2015) を先週の土曜日についに注文した。めでたく今日到着して開梱。

Model No は A1502 で、 Family ID は Z0QP。Apple Store で注文時の内容は以下。「13インチ:2.9GHz Retinaディスプレイ」のメモリを16GBにして、キーボード英語キーボードにした。

 2.9GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)
 16GB 1,866MHz LPDDR3 SDRAM
 512GBフラッシュストレージ(PCIeベース)
 Intel Iris Graphics 6100
 感圧タッチトラックパッド
 バックライトキーボード (US) + 製品マニュアル(日本語)

個人で Mac を使うのは初めて。

13インチ MacBook Pro Retina Early 2015 の選定

ThinkPad X31ThinkPad X200 と直近2台は ThinkPad だったんだけれど、ここ最近の ThinkPad (というか Lenovo) を考えると次は無いなと。しかしでは他に Linuxインストールしたいノート PC があるかというと思い浮かんでこない。

ということで陥落して MacBook Pro をチョイスした。

3月に仕事で「15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」を支給されてついに初 Mac・初 OS X となったわけなんだけれど、使ってみてまあ Debian GNU/Linux から乗り換えてもいいかなと。

MacBook Pro Retina は「13インチか15インチか」が非常に迷うところ。 Web を見ていると「性能的に15インチが良い」という声が多い。しかし実際にオフィスで15インチモデルを使い、東北新幹線仙台出張に行ってきた感じではちょっと大きいなと。

13インチモデルは13.3インチディスプレイで、今使っている ThinkPad X200 の12.1型ディスプレイより少し広いぐらいでほぼ同じ感じ。本体も若干大きくなるぐらい。やはり普段使うには13インチモデルで十分かな。あとそもそも15インチモデルはまだ Early 2015 が出ていないし。なお MacBook Air は Early 2015 でもメモリ最大8GBなので選外。

初期設定

初回起動時に指示に従って設定。FileVault ディスク暗号化はデフォルトでチェックされていたけれど、ちょっとリスキーな雰囲気だったので切で進めた。

起動してからシステム環境設定をちょこちょこいじり、後は以下をインストール

ここまで入れれば一段落。Web ベースの作業はだいたいできる状態になった。あとは使いながら順に環境を作っていく感じかな。Debian GNU/Linux 間での乗り換えの時は基本 $HOME 以下を rsync するかバックアップからの cp -a かでガツンと前の環境を持ってきていたんだけれど、今回はいろいろ見直しながら移していくつもり。

[ 4月4日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.076576s / load averages: 0.63, 0.51, 0.52
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker