nDiki : Buffer

2016年7月21日 (木)

Zapier で7日後を指定して Buffer に追加する

IFTTTZapier を使って自動的に Buffer のキューに入れるようにした場合、タイミングによっては次の投稿スケジュールまでに Buffer 側で再編集したり不要投稿を削除したりする時間があまりないというのがネックでした。なので BufferRSS フィード連携機能を試してみたのですが、これだと手で Buffer に入れていくのと手間があまり変わりませんでした。

Zapier には IFTTT と違って日時を指定して Buffer に追加できる機能があることに気がついたので、作戦を考えて Zapier でしばらく先の日時を指定して Buffer に入れてみることにしました。

Zapier の「Select Buffer Action」のところで「Add to Buffer」ではなく「Add to Schedule」を選び「Set up Buffer to Schedule」の「Schedule Date & Time」のところでスケジュール日時を指定します。ここで「PubDate +7d」 (PubDate はトリガーによって変わる)を指定するとフィードアイテムの日時の7日後を指定して Buffer に追加できます。

これで Zapir の Zap が15分間隔で実行されたあと、好きなタイミングで Buffer 上で投稿に手を入れて Switch to Buffer Schedule で次の投稿スケジュールにのせることができます。

スポンサード リンク
[ 7月21日全て ]

2016年8月6日 (土)

今日のさえずり: (マンホールのふたを見て)「それ何に使うの?」と聞かれました

2016年08月06日

[ 8月6日全て ]

2016年11月1日 (火)

今日のさえずり: Microsoft Flow の接続サービスにまだ Buffer が無かった

2016年11月01日

[ 11月1日全て ]

2018年1月13日 (土)

今日のさえずり: 数年前に同じことを試した残骸が見つかった

2018年01月13日

  • 09:49 朝食たべてからまた寝て今起きた。
  • 14:14 ああ、久しぶりに IFTTT で遊ぼうと思ってるんだけれど Gmail アクションは From を切り替えられないのね。
  • 14:21 数年前に同じことを試した残骸が見つかった。
  • 14:55 Zapier はきちんと Gmail からメールを送信する際に From を切り替えられた。優秀。
  • 23:04 Naney の日記: Smena 8M を頂いた http://bit.ly/2kAJTth https://t.co/Seoe6LAbcP
  • 23:11 Zapier での連携いろいろテスト中。 Buffer から投稿した Tweet にだけアクションが発動するようにしてみてる。
  • 23:20 ガーナスティック、必ず最初にビニール袋のクッキー側を開いてしまって「あっ」てなる。
  • 23:28 Zapier うまくいったっぽい。
  • 23:32 あー Zapier のフィルターでその下のアクションが実行されなかった場合でもタスク実行としてカウントされるのか……。それだと厳しい。
[ 1月13日全て ]

2018年2月10日 (土)

今日のさえずり: 椅子式ドライヤーとか懐かしい

2018年02月10日

[ 2月10日全て ]

2018年2月11日 (日)

Buffer を Awesome Plan にアップグレードした

image:/nDiki/2018/02/11/buffer-product-screenshot.png

2011年7月に登録して以来 TwitterFacebook予約投稿するのに使っていた Buffer を、フリーの Individual Plan から有料の Awesome Plan にアップグレードしました。月$10、今回は In-App Purchase (IAP) で支払うことにしたので月1,200円です。利用しているサブスクリプションサービスの中ではかなり高めですが、ずっと使っていて使い勝手的に代替できるものがなかったのでアップグレードを決心しました。

Awesome Plan にすると1ソーシャルアカウント当たり予約投稿しておける数が10件から100件に増やせるというのが今回のアップグレードの一番の目的です。多くても翌日分4〜5件程度しか予約していなかったのでフリーのアカウントでも今まで通り使う分には問題なかったのですが、数日先まで予約投稿してみたいと思いアップグレードして上限を増やすことにしました。

それから Awesome Plan にすると Content Inbox という RSS フィードのアイテムを投稿候補としてチェックする機能が使えるようになります。今までZapier で Buffer にいったん予約投稿しておいてから Buffer 上で再編集・投稿日時調整をしていましたが 、この作業が Buffer 上だけで出来るようになりました。この nDiki のフィードを投稿するの以外にも活用するつもりです。

(画像https://buffer.com/press の Press Kit より)

[ 2月11日全て ]

2018年2月12日 (月)

はてなブックマークからではなく Pocket からリンクをシェアするように変えてみる

Buffer を Awesome Plan にアップグレードして  RSS フィードのアイテムを投稿候補としてチェックする Content Inbox という機能が使えるようになりました。

これまで

はてなブックマーク」→「Zapier」→「Buffer (投稿予約)」→「Twitter

という流れで Twitter でリンクをシェアしていましたが、これを

「Pocket」→「Buffer (Content Inbox)」→「Buffer (投稿予約)」→「Twitter」→「はてなブックマーク

という流れに変更してみることにしました。いったん Pocket にガンガン入れておきコメントを付けるのは Buffer でとすることで、「収集」と「読む」「コメントをつける」を分けられていい塩梅な気がします。

[ 2月12日全て ]

2018年2月15日 (木)

Remember The Milkメモった投稿ネタを Buffer で Tweet する

Tweet したいことが思い浮かんだけれど今すぐは投稿したくない時があります。やっていることを中断したくない時だったりとか、今投稿すると「オラのことかーっ!!!!」って思われそうだったりとか。

そのような時は

上にメモったりするのですが見返しそびれて旬を過ぎてしまうことがしばしばでした。

今回 BufferAwesome Plan にして Content Inbox というフィードのアイテムを投稿候補としてチェックする機能が使えるようになったので、これを活用することにしました。Remember The Milk はリスト毎にフィードを出力する機能があるので 「POST」というリストにネタを書いておき(今までもそうしていた)、そのフィードを Buffer で読み出すことにしました。

これで Buffer で Content Inbox をチェックした際にあわせて目に入ることになり、 Buffer 上で編集した上ですぐに投稿するなり予約投稿するなりできるようになりました。

Buffer のドラフト機能が使えればもっとシンプルに済むのですが、Business Plan じゃないと使えないのですよね。

今日のさえずり: ファシリテーターローテーションマーカーに AWS Cloud Ninja フィギュアが起用された

2018年02月15日

[ 2月15日全て ]

2018年3月6日 (火)

Mac アプリケーション PopClip をトライアル

Mac 上でテキストを選択すると AndroidiOS のようにメニューがポップアップしていろいろなアクションを実行させられる PopClip が便利そうなのでトライアルを入れてみました。

Day One・Alfred・UlyssesBuffer 用のエクステンションを追加しました。150回アクション実行まで試用できるので、使い勝手見極めてみます。

[ 3月6日全て ]

2018年3月10日 (土)

PopClip for MacDay OneRemember The Milk にさっと追加できるようにした

image:/nDiki/2018/03/10/PopClip.png

Mac 上でテキストを選択すると AndroidiOS のようにメニューがポップアップしていろいろなアクションを実行させられる PopClip を今週試用してみたところまずまず便利だったので購入しました。

エクステンションを追加して Day OneRemember The Milk・Alfred・Buffer へ送れるように設定。特に Day OneRemember The Milk についてはそのアプリケーションの画面を開くことなく処理が完結できるので超捗ります。

ちなみに Remember The Milk にタスク追加するエクステンションは見当たらなかったので rumember (記事)を呼び出すエクステンションをさくっと作ってみました。

  1. ru.popclipext フォルダを作る。
  2. ru.popclipext/Config.plist を作る。
  3. ru.popclipext/ru.sh を作る。
  4. ru.rtm.png を作る。(省略可)
  5. Finder で ru.popclipext を開き PopClip にインストールする。

シェルスクリプト実行時に環境変数 HOME が設定されていなかったのでとりあえず決め打ちで指定しちゃっています。

Config.plist

 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
 <plist version="1.0">
 <dict>
         <key>Extension Identifier</key>
         <string>org.naney.popclip.extension.ru</string>
         <key>Extension Name</key>
         <string>ru</string>
         <key>Actions</key>
         <array>
                 <dict>
                         <key>Title</key>
                         <string>ru</string>
                         <key>Image File</key> ← 省略可
                         <string>rtm.png</string> ← 省略可
                         <key>Shell Script File</key>
                         <string>ru.sh</string>
                 </dict>
         </array>
 </dict>
 </plist>

ru.sh

 #!/bin/sh

 if [ -x /Users/naney/local/rumember ]; then
     HOME=/Users/naney GEM_HOME=/Users/naney/local/rumember /Users/naney/local/rumember/bin/ru "$POPCLIP_TEXT"
 fi

[ 3月10日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.071875s / load averages: 0.48, 1.00, 0.82
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker