nDiki : 写真

2021年3月16日 (火)

Gouler のアクティブスタイラスPixel 4 との相性

image:/nDiki/2021/03/16/2021-03-17-074645-nDiki-1200x800.jpg

Android スマートフォン Pixel 4 で手書きノートを書くのに導電繊維タッチペン PCTPMCF01RD を使っていて、ペン先が太く小さい字が書けないのとちょっと筆圧が必要なところを何とかしたくなってきた。充電式/電池式のアクティブスタイラスだとどうなんだろう。

そう思って1本買ってみた。相性問題が大きい製品なので高いのは怖い。それほど高くないもので、有名ガジェッターのスタイラス記事の写真に載っていたのと同じっぽいのを試してみることにした。

Gouler の。同梱取扱説明書では「樹脂製ペン先・主動式スタイラスペン」という名前だった。 Amazon.co.jp の商品ページでは「製造元リファレンス: G21」となっているが、パッケージには型番らしき記載が無く正式な型番は不明。

タッチ位置

Pixel 4 では、実際にスタイラスでタッチした位置より左下がポイントされた。気にせず文字を書いていくと自然と右下がりの文になってしまう。 iPhone 8 だとタッチした位置より上の方がポイントされる(左右方向のずれはきちんとチェックしていない)。こちらは自然と右上がりな文になってしまう。

指で操作しやすいようにスマートフォン側でずらしている可能性はありえるのでここはスタイラス側の問題ではないかもしれない。

お絵かきアプリ「アイビスペイントX」は「タッチ位置調整」があるのでアプリレベルで調整できる。自分の Pixel 4 だと上下・左右それぞれ 3 ずらすと丁度よくなった。今使っている Noteshelf にはその機能が無いのでちょっと厳しい。

感度

静電発生が強いのかペン先を画面から浮かせた状態でも書けてしまう。ストロークを書きペンを動かして次のストロークを書くとつながってしまう。ペン先が細いのだがこれだと小さな字は書けない。本製品には感度調整機能が無いのでアウトだ。

液晶保護フィルムを貼っていると違うのかもしれない。自分は何も貼っていないのでタッチスクリーンが敏感なのかも。

タッチ音

導電繊維のペン先に比べてカツカツと音がするのは想定レベル。前述の位置と感度の問題の方がずっと大きい。

ということで自分の使い方では Pixel 4 の相性は良くなかった。 Pixel 4 では引き続き導電繊維タッチペン PCTPMCF01RDを使うことにしよう。

iPad Pro ではいい感じ (2021年4月24日 追記)

iPad Pro のアイビスペイントXで使ってみたところタッチ位置調整無しで使え、感度も問題なかった。

[ 製品レポート ]

スポンサード リンク
[ 3月16日全て ]

2021年3月20日 (土)

初めてマンション屋上に上がる【日記】

今住んでいるマンション屋上に入居後初めて上がった。フェンスが無く端の方は怖いので安全な真ん中あたりで。自分の部屋より高いところからいろいろ見えてテンション上がりまくると思っていたのだけれど、想像できる範囲の景観だったのでそれほどでも無かった。写真はパシャパシャ撮ったけどね。

高校で時間が空いた時にひとり校舎の屋上へ行ってさらにハシゴで上がるところまで上って、校内を見下ろしながら日向ぼっこしてたのを思い出した。管理がゆるくて良かったなー。

たこ焼き

今夜は2月14日から間を空けず自宅たこ焼きパーティー(6回目)。前回の反省を生かして今回は土曜日にした。

  • タコ + ネギ + 紅生姜
  • ツナマヨコーン
  • ウインナー + チーズ
  • チョコレート (普通の・ピンクの)

チョコレートは普通の方が美味しかった。

[ 3月20日全て ]

2021年3月24日 (水)

写真展写真家ドアノー/音楽/パリ」

image:/nDiki/2021/03/24/2021-03-24-100251-nDiki-800x1200.jpg

音楽シーンを題材にした作品で構成された写真展写真家ドアノー/音楽/パリ」にようやく行ってきた。ロベール・ドアノーの写真展2001年5月4日に行った「ロベール・ドアノー写真展」以来かもしれない。

どの写真も主役以外の隅々の人までが生き生きとした表情をしていて、ほんとすごかった。

今回は「撮る」「撮られる」関係の中で撮られた作品が中心。スナップ写真ももっと見たいな。

image:/nDiki/2021/03/24/2021-03-25-074537-nDiki-1200x800.jpg

今日のさえずり: 主役以外の隅々の人までが生き生きとした表情をしていて、ほんとすごかった

  • 07:49 駅前 #photography RICOH GR III #GR #GRIII #GR3 https://t.co/62CmxSLKC3
  • 12:17 音楽シーンを題材にした作品で構成された写真展写真家ドアノー/音楽/パリ」にようやく行ってきた。ドアノーのはもしかして2001年5月4日に行った「ロベール・ドアノー写真展」以来かも。 どの写真も主役以外の隅々の人までが生き生きとした表情をしていて、ほんとすごかった。
  • 16:08 ここまで使わずに済ませてきたパタノール点眼液をついに開封した。いま時期的にはスギ花粉とヒノキ花粉のそれぞれのピークの間ぐらい?
  • 17:30 写真展写真家ドアノー/音楽/パリ」は、来週2021年3月31日(水)まで。Bunkamura ザ・ミュージアム。終わる前に行けてよかった。
  • 23:47 Obsidian でネストした vault 構成にしばらくしてみたけれど、注意を払う必要がある割にそれほどメリットがない気がしてきた。分離した。
[ 3月24日全て ]

2021年3月25日 (木)

今日のさえずり: 国立代々木競技場近くのサクラ駆け出す

[ 3月25日全て ]

2021年4月1日 (木)

背景紙用に四六判のケント紙を東急ハンズで買う

image:/nDiki/2021/04/01/2021-04-02-081707-nDiki-1200x800.jpg

写真撮影の背景用に四六判原紙(788mm x 1091mm)の白いケント紙が欲しくなった。買うのは初めて。

通販で見つけた写真撮影用のものは5枚入り・10枚入り。必要以上の枚数で高いしすぐに使い切れず保管に困るので、東急ハンズ渋谷店に買いにいくことにした。1枚286円(税込)のを2枚購入。丸めて包装してハンドルつけてくれたので電車での持ち帰りに困らなかった。

東急ハンズ素敵。

[ 4月1日全て ]

2021年4月3日 (土)

プロフィール写真を8年ぶりに近影に

image-half:/nDiki/profile/Naney-2021-04-03-nDiki-600x600.jpg image-half:/nDiki/profile/Naney-2013-04-08-nDiki-600x600.png

(順に新・旧)

プロフィール写真を新しく撮って8年ぶりに更新した。

前回はせっかく滅多に着ないスーツを着た機会にと撮影してプロフィール写真にしたのだが、もしかしたら面識のない方には「ビジネスな人」という印象を与えてしまっているかもしれないと思い、今回は普段着の写真にした。

それから前回はトリミングのことを考えないで撮ってしまってパンパンになってしまった反省があったので、余裕をもったフレーミングで撮影。この8年間でネットサービスのプロフィール写真表示のトレンドが正方形から円にずいぶん変わってきた。丸く切り取られた時にも困らないよう今回は余裕のある控えめな写真として切り出した。

リビングでの撮影に使ったもの

背景用にケント紙を用意して良かった。背景処理しないで済ませられたよ。

[ 4月3日全て ]

2021年4月6日 (火)

マイナンバーカード交付申請

マイナンバーカードの交付申請書が少し前に届いた。このタイミングで申請しないとまた先送りしちゃいそう。

オンラインで交付申請ができ、用意するのが手間だと思っていた顔写真もデジタル写真アップロードで済むんだ。

写真屋や機械で撮らなくてもいいとはいえ、10年使うカードなのでちゃんと撮っておくかとネットサービス用の新しいプロフィール画像の撮影も兼ねて自宅で先週土曜日に写真を撮った。

そして今夜オンラインでマイナンバーカードの交付を申請。手順の確認や注意事項のチェックに時間がかかったけれど、思っていたより入力項目が少なく申請自体はスムーズに終わった。

今日のさえずり: 2007年て『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が公開された年か

[ 4月6日全て ]

2021年4月10日 (土)

Google フォト上の全ての写真を必ず1つのプライマリアルバムに属させる

Google フォトは家族との写真共有であったり Google Nest Hub や Chromecast with Google TV での表示であったりのために便利に使っているが、クラウドサービスなのでオリジナルファイル保管場所とは考えていない。今は MacBook Pro 上の Lightroom Classic で写真管理しており、そこからセレクトしたものを Google フォトアップロードしている。

Google フォト上の写真Lightroom Classic 上のどのフォルダにあるのか分かった方が都合がいいので、フォルダに対応したアルバムにきちんと属させるようにしている(そうしていない過去の写真を絶賛整理中)。

Google フォト上でフォルダに対応させたアルバムは「○○アルバム」とし、それ以外のテーマ別で見るためのアルバムは「○○特集」「○○ PF」と名付けることにした。 PF はフォトフレーム用のアルバムだ。

[ 4月10日全て ]

2021年4月11日 (日)

「自分が考えてる以上のものは出てこない」【日記】

絵などの作品を処分する前にまとめて写真撮影。思い出として残せればぐらいで超キレイに撮らねばという訳ではないのだけれど、三脚を立て、作品毎にマスキングテープで床に貼って撮影を繰り返したらあっという間に2時間以上経ってしまった。

プロフェッショナル 仕事の流儀 「庵野秀明スペシャル」』

3月22日に放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀 「庵野秀明スペシャル」』を見た。75分スペシャル。

自分が考えてる以上のものは出てこない

という言葉が刺さった。

1人で思考するだけでなく創発が生まれる環境を作っていくことにも意識を向けたい。

[ 4月11日全て ]

2021年4月15日 (木)

「佐藤可士和展」

image:/nDiki/2021/04/15/2021-04-15-103928-nDiki-1200x800.jpg

image:/nDiki/2021/04/15/2021-04-15-104944-nDiki-1200x800.jpg

国立新美術館で開催されている「佐藤可士和展」に行ってきた。美術展写真展と違って印刷物の展示が多く、ちょっと物足りないかもと最初思ったけれどバラエティに富んだ展示内容で満足できた。

商業デザインとして様々なシーンで利用することを想定し、スケーラブルで印刷・立体化・2次利用しやすい直線や円弧のシンプルな組み合わせのものが中心。スプラッシュ系のデザインがあると逆に強く目がひかれた。

image:/nDiki/2021/04/15/2021-04-15-105453-nDiki-1200x800.jpg

「見た目を考えてデザインする」「与えられたコンセプトをもとにデザインする」「コンセプト作りとともにデザインする」、どこまで踏み込んだ仕事ができるか(能力があるか、任せてもらえるか)がやはり一流とそれ以外の違いなんだろうな。

image:/nDiki/2021/04/15/2021-04-15-104750-nDiki-800x1200.jpg

本展は一部を除き写真撮影 OK となっている。展示されている作品のブランドの企業が各社協賛・協力しており、マーケティング上のメリットも大きいというのもあるだろう。気に入ったものを写真に残して後で見返したい来場者と Win-Win でいいな。

[ 4月15日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

月別インデックス
Process Time: 0.122415s / load averages: 0.27, 0.41, 0.38
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker