nNote

2018年6月6日 (水)

遅延コスト (Cost of Delay, CoD)

遅延コストの計算: アジャイルソフトウェア要求でフィーチャーの優先順位付けをする場合

アジャイルソフトウェア要求」による計算方法では3つの属性の和

[ユーザー価値] + [時間値] + [リスク軽減値]

としています(それぞれ他のフィーチャーとの相対値で10が最高、1が最低)。

  • ユーザー価値: ユーザーの目から見たフィーチャーの潜在的な相対的な価値。
  • 時間値: ユーザー価値が時間とともにどのように減少するかの相対的な見積もり(価値が急速に低下するなら高)。
  • リスク軽減/機会の可能性の値: フィーチャーによってリスク軽減される、あるいは新たな機会を得るという相対的価値(大きなリスク軽減につながる可能性がある、新たな機会が得られ可能性があるなら高)。

遅延コストの計算: アジャイルソフトウェア要求でエピックの優先順位付けをする場合

アジャイルソフトウェア要求」による計算方法では3つの要素の和

[ビジネス価値] + [時間価値] + [リスク低減/チャンス利用]

としています(値はそれぞれ 1, 3, 5, 8, 13, 20, 40, 100、あるいはその他の等級)。

  • ビジネス価値(BV): 収益・シェア・コスト削減・顧客の囲い込み向上についての相対的な価値。
  • 時間価値(TV): 時間が経つとどの程度価値が下がるかの相対的な価値。大きい値は価値が急速に低下することを表し、小さい値は安定していることを表す。
  • リスク低減/チャンス利用(RRV): 将来のエピックのリスクを低減する価値があるか、他のビジネスチャンスを活かす価値があるかの値。

遅延コストの計算: アジャイルエンタープライズの場合

アジャイルエンタープライズ」による計算方法では4つの要因の和

[収益の増加] + [収入の維持] + [コストの削減] + [コストの回避]

としています(それぞれ週当たり/年当たりの金額)。それぞれの要因は下記です。

  • 収益の増加: 新規または既存の顧客の売上が増えるアイデア。
  • 収益の維持: 収益・市場シェアを維持するアイデア。
  • コストの削減: 現在発生しているコストを削減するアイデア。
  • コストの回避: 現在発生していないが発生する可能性のあるコストを削減するアイデア(罰金の回避など)。
[ 6月6日全て ]

About

nNote は永続的に残しておくほどではないちょっとしたノートを Naney が置いておくスペースです。まだ結論に至っていない考えや何かの断片などを書いたりします。頻繁にノートを更新したり削除したりすることがあります。 Web 日記は nDiki で公開しています。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.045904s / load averages: 0.22, 0.25, 0.28
nNote by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker