Last modified: 2003年3月1日

Nikon SB-22s

SB-22s

1999年6月6日購入。

Nikon F100と同時に購入したスピードライト。 その前に使っていた Nikon EMの時にスピードライトを持っていなくて不便な思いをしていたので、今回は同時に買おうと決めていました。 がそれほど予算に余裕がなかったので、安めの SB-22s を選択。

しかし SB-28 に比べて3D-マルチBL調光、FP調光、マルチフラッシュ、(使わないけど)赤目軽減発光等の機能がありません。 また左右に首が振れないので、縦位置でクリップオンにした時にバウンス撮影ができないのも不満の一つです。

マニュアル発光の時にはフル発光しかできません。


TTL

さらにF100でマニュアル露出モード時には、マルチBL調光にはならずにTTL調光になってしまいます。普段マニュアル露出モードで使用しているので、これも不便です(どうせならマルチBL調光を使いたい)。 SB-28ではスピードライト側で3D-マルチBL調光とTTL調光を選択でき、マニュアル露出モードでも3D-マルチBL調光を選択できます。

Nikon F100、Dタイプレンズとの組み合わせでは TTL モードでは

マルチBL調光
TTL調光 スポット測光の場合は常にTTL調光。
またマニュアル露出モード時もマルチBL調光ではなくTTL調光になる。

のような調光を行うことができます。

まぁ、操作が簡単なのでTTL調光のできないカメラで外部自動調光で使うのには手軽でいいかもしれません。

SB-28 を購入した現在は増灯撮影時のスレーブ、そして NewFM2ユーザの友人(現在の妻)への貸し出され役。

(2003年3月1日現在)SB-28 は既にモデルチェンジし販売終了していますが、SB-22s はしっかり現行品です。


関連ページ

Nikon のスピードライトの紹介ページ
http://www.nikon-image.com/jpn/camera/light/index.htm

Sponsored by

IBM

naney

本サイトはソリッドネットワークスホスティングサービスを利用しています。