Last modified: 2002年2月11日

Travel - 2001年ギリシャ旅行 -

2001年9月6日 (1)

スケジュール

ミコノス島自由行動後、飛行機でサントリーニ(ティラ)島(Santorini)へ。

天気

朝雨、のち晴れ


07:30 (EEST) 起床

外は曇がち。風も強い。 テラスの椅子に水滴が残っているのは、雨が降ったということか? それとも、ただの夜露か。

07:45 (EEST) と思っていたら雨

08:00 (EEST) 雨あがる

気がつくと雨もあがり雲もひけてきている。

08:15 (EEST) 妻にマッサージ

連日歩き通しの妻をいたわってやらねば。

09:10 (EEST) 朝食

昨晩の朝食と同じ場所で。 今日は、窓際は埋まっていたので一段内側の席へつく。 バイキング形式だが結局昨日と似たようなものをとる。

昨日学んだのでコーヒーはスタッフまかせだ。

食事をしていると、Palm を使っているアジア人を発見。 私は今回は持ってこなかったけど世界時計とか入れてあるし、あればあったで便利かも。

09:50 ごろ食事 finish(そういえば旅行中、お皿をさげにくると `finish?' って訊ねられたな)。

11:55 (EEST) 部屋を出る

ミコノス島滞在は今日まで。 今晩は、サントリーニ島のホテルに泊まる。

ホテルのチェックアウトは12:00までなので、荷物をまとめる。 500Dr. をチップとして枕の下におき部屋を出る。

12:05 (EEST) チェックアウト

フロントで、妻が自分への絵葉書の郵便を頼んで(300Dr.)チェックアウト。 部屋においてきたスーツケースは、集合時間の18:00まで預かってもらう(ホテルロビーが集合場所)。


ミコノス・タウンへ

さてチェックアウトもしてしまったし、18:00までは外にいなくてはならない。 今回1番長い外出時間。 不安は、食事とトイレ。 ミコノス・タウンには公衆トイレが見あたらないので食事/喫茶にあわせてお店で借りないといけないのだ。

12:20 (EEST) フェリー乗り場前

例によって、フェリー乗り場前。 海側から道路を挟んだ反対側のマーケットでミネラル・ウォーターを買う。 0.5L で 150Dr.

ミコノス・タウンでは大きいボトル(1.5L)を掴んで歩いている人も多い。 飲む量を考えるとリーズナブルであるが、いかんせん重いしカメラも持っているので小さいボトルにしておく。

旅行中ウェストバッグに縛りつけて歩いていたのだが、やはり専用のポケットのあるバッグの方が楽だと思う。

途中ホテル・デロスとタクシー・スクエアの間の通りの、空港にあったものと同じ自動両替機を使ってみるが壊れていた。

13:45 (EEST) おみやげ屋

おみやげに、ガラスカップを4つ購入。 前に、見かけたキャンドルになっていたものの、蝋の入っていないものだ。 キャンドルにしてしまうと、なかなか使わないと思うのでカップだけで十分だ。

4つで、2,400Dr.

14:10 (EEST) 宝石屋 STATUS

やはり、トイレが不便。 ガイドと寄った時にも、気楽にトイレをかしてくれるといっていたので、お言葉に甘えて寄らせてもらう。 トイレをかりた後、冷たい麦茶も(無料で)ご馳走していただき大変感謝。 今日は、一昨日のように売り込みもなかった。

ガイドは不在。 トシコさん(アニータ)も不在。シエスタかな(後で聞いたところによるとトシコさんの家にガイドも御邪魔してゆっくりしていららしい)。

両替のできる場所を聞いたらここでも手数料なしでしてくれるとの事で、1万円ほど両替してもらった。 一昨日も対応してくれた店長が、その日のレート表を見て1万円を31,400Dr.に両替してくれた。 他では手数料を取られる事を考えるととっても良心的。 両替金を渡してくれる時もお札を1枚づつ数えながら手渡ししてくれた。

その後5月からこのお店で働いているという日本人の神田さんに昼食場所のお勧めをうかがう。 まだ、ギロスピタを食べていないと言うとアレクシスを勧めてくれた(帰国後ガイドブック「地球の歩き方」を見たらそこにも載っていた)。

14:30 (EEST) アレクシスでギロ・ピタ

紹介してもらった、アレクシス(Alexi's)へ。 1970年から営業しているお店。 タクシー・スクエアから、Hard Rock Cafe の横の坂を上がったすぐの所にある。 ギロ・ピタを店内のカウンターで注文。 店内の冷蔵庫から、ジュースを2本とっていっしょに買う。

ギロ(γμρο)は、肉の塊を炭火などであぶり、それを端から薄くそぎ落としたもの。 お店入口わきの窓から、回転している吊るされた肉塊が見える。 それを、スタッフが電気カッターでそぎ落としていく。 ギロ・ピタはそれを他の食材と共にピタでくるんだもの。

お値段は

ととってもリーズナブル。入口脇の大きなメニューリストに品名と値段が書かれている。 値段の部分は黒板になっていて、チョークでその時の値段が書かれるようだ。 この手の、価格の部分だけ黒板になっているメニユー看板はよく見かけた。 両替商なども、国別にレートを黒板に書いてあるところもある。

お店の前と、左手の登り坂のところにテーブルと椅子がおいてあり、ここでパクつくことができる。 日本人の女の子3人組がいてシャッターをきるのを頼まれた。(non digital の)IXY。 「ギロ・ピタがおいしいですよ」と勧めてくれた。 まさに、注文するつもりだったもの。 このグループもこの夕方の空港で見かけた。

で、できるだけ日陰のテーブルについてお食事。 お味の方は Good. 食感、味ともにいける。 安いしお勧めだ。

また、しばらくプラプラ

15:30 (EEST) ジェラート

一休みで、冷いものでもということでジェラート屋に入り、お店の中のテーブルでペロり。 ジェラート2つで、1000Dr. この値段を見ても ギロ・ピタは安かったねぇ。

しばらくすると、他のお客がはいってきた。 店員となにやら話をしていると、店員がアイスクリームのスプーンでショーケースのアイスをひとすくいして、さしだす。 おぉ、味見してますね。 いくつか、味見した後気にいったのを注文していた。

日本ではあまり、見かけない光景だ(というか見たことがない)。

16:00 (EEST) おみやげ屋で来年のカレンダーを買う

2000Dr.

同じものが、数件先のおみやげ屋で、2500Dr. で売ってた。ラッキー。

トイレにいきたい

さき程食べたジェラートのせいか、おおきい方がしたくなってしまった。 とはいえ公衆トイレもないし、まだどっか飲食店に入るという気にもなれないし。 しばらくは我慢してたけど、やっぱり駄目。 STATUS はさっきもトイレ借りたし、また行くのもなんだか。

やっぱり切羽つまってきて、近くの表にテーブルが出ていて軽食を売っていそうなお店に入り「トイレあるか?」と聞いたが無いといわれた。 そこは、ほんとに小さな売るだけのお店だったようだ。

結局、ちょっと早いけれどもホテルに戻ることにした。


17:00 (EEST) ホテルロビー

頑張ってホテルに戻り、用を足して一安心。 後1時間ほどあるが、まぁ一休みしてよう。 ロビーにある本を眺めたりしながら、ゆっくりする。

17:15 (EEST) ガイドも戻ってくる

17:40 (EEST) Pick up 到着

旅行代理店、Meridian のピックアップが早く到着。 今すぐ乗るか、それとも後でかの問いに、もう少ししてからと答えたら、車に乗ってまたとっとと行ってしまった。 他の人を先に Pick up してくるのか?

Pick up 再来

他のツアー客か誰かを乗せてくるのかと思ったら、別にそういう訳でもなかったようだ。 フロントにスーツケースの受け取りを申し出たら、フロント横のドアをさされた。 自分でそのドアを開けると荷物置場になっている。 自分のスーツケースを(といっても、それとガイドの鞄しか目につかなかったけど)出す。 17:58 車に乗り空港へ。


18:05 (EEST) ミコノス空港

10分弱で、ミコノス空港(Mykonos Airport)に到着。 結構近くだ。 途中、信号機は一つもみあたらなかった(サントリーニ島でも見かけなかった)。

それほど広くない空港ロビーに入ると、日本人も観光客も目につく。 昨日、6つの風車で会った夫婦やアレクシスで会った仲良し3人組等もいた。

カウンターの列に並び 18:15 にはチェックインを済ませる。

19:00 (EEST) 飛行機遅れる

19:20 (EEST) 発 OA-526 でサントリーニ島へ向かうのであるが、入場がなかなかはじまらない。 他のツアーの日本人ガイドの声に耳をそばだてると、飛行機が遅れているらしい(うちのガイドは他のガイドとお喋りをしたりしていて、そういう通知にはこない)。

空港ロビー脇に Weather Office が会って、そこから可愛いい女の子がちょろちょろしていた。Weather Office で勤務している職員の子供らしい。 あれ、どこかにトコトコ行ってしまったよ、と思ったらお菓子かなにかを持って戻ってきた。 空港の売店かどっかで貰ってきたのか。 案外、職員のアイドルなのかもしれない。

19:20 (EEST) 手荷物チェック開始

予定より 20分遅れ。 手荷物チェックに入る前に、見送りにきていたトシコさん(貴金属屋 STATUS で働いている日本人の方)に、ここで初めてお会いする。 軽く挨拶をし、手荷物チェックへ。

19:55 (EEST) 離陸

手荷物検査後、しばらく待ち。 搭乗の放送が流れて、ようやく機内へ。

OA-526 はプロペラ機で空港建物から歩いて飛行機まで。

19:20 発予定だったので 35分程の遅れだ。 夕日の中を飛行機は一路サントリーニ島へ。


20:25 (EEST) サントリーニ島着陸

飛行機が高度を下げると機体がときおり大きく揺れる。 強風らしい。 19:50着予定が 20:25着なので離陸と同じく 35分程の遅れ。 他の日本人団体ツアーのガイドが「空港では施設に入るまで撮影禁止との放送があったので、撮影はしないで」との説明をしていた。

飛行機を降りてバスに乗り空港建物へ。 建物に入る入口に撮影禁止のアイコン表示があった。

20:40 (EEST) 荷物を受け取りタクシーでホテルへ

うちのガイドはお喋りが好きだ。 運転手ともいろいろしゃべっていた。

ホテル到着真近の小さい道で、前を行くバスが対向車とのすれ違い等で中々進まない。 もしやと思ったら...。

やはり、同じホテルへ向かっているバスだった。 ホテルの前で、ぞろぞろ降りてきたのはアウチ、日本人。


21:00 (EEST) サントリーニ パレスホテル 到着

ガイドがチェックインを済ませてくれる。 階段をあがり、404号室へ。Not Found だと思うのはもう共通概念? 坂の上にあるので、玄関/フロントが3階にあたるようだ。

部屋は明るく綺麗だ。 ホテルの部屋でこれだけ明るい照明の場所もめずらしい。 スーツケースのおけるチェストもあり、なかなかゆったりとしている。

21:10 部屋を出る

とりあえず、食事ということで。


夕食

窓際のテーブルにつく。 エアコンの風がきつい。 「止めてもらえるのかなぁ」と妻と話していたら「止めないわよ、他の人もいるんだから」とガイド。 まぁ、そうかもしれないけどそんな言い方もないんじゃないかねぇ。 それほど、暑いわけでもないし他にそんなに客もいないんだけどねぇ。 ほんとに、ツーリストをたてないガイドだ。

夜で真っ暗だし、窓際にこだわりもないので席を移動することにする。

メニューは、トマトスープ、カルボナーラのフィットチーネ、お肉、デザート(アイスクリーム or フルーツ)。 比較的普通の感じだ。

ガイドが、食事後フィラ(Fira、サントリーニの中心の町)を案内に出かけたがっていたがとんでもない。 こんな時間から、また長々と出歩きたくない。 妻と眠いというアピールをして(実際眠気もあるし)却下した。

結局、日本人団体客はレストランにはこなかった。 別の場所に食事に出かけたのかな。


22:30 (EEST) 食事から部屋へ戻る

結局そのまま一寝してしまう。

25:20 (EEST) 一度目が覚める

妻は、きちんと歯磨き。 キーホルダにルームキーと一緒についている、小さなキーでミニバー(冷蔵庫)を開け、ミネラルウォーターを1本あける。

就寝


使ったお金

8,150Dr.